ドラゴンクエスト10のオンライン以外は
すべてプレイしているが11は楽しみすぎる!!

JRPGの代表作呼べるDQとFFシリーズは
それぞれ独自の進化を遂げている

FFはビジュアルに拘り映画に近いクオリティへと進化し
DQは2Dから3Dを取り入れ
ビジュアルやクオリティはFFには劣るものの
DQ感というブランドとバランスを大事にしている様に思う

FFはその後腐女子層を意識してかキャラがホスト化し
ある一種のジャンルを築いた様にも思える

しかし、注目すべきはDQ11の進化である
2Dから3Dそして今作はユーザーに
趣向プレイスタイルを選ばせるという自由度にある

これはゲーム制作において凄い事だと思う
それはなぜか?
同じゲームを媒体と趣向を変えそれぞれ同じバランスで調整するという事

例えば3DSの上下画面
上画面は3D、下画面は2Dが共有しているのだ!

歩数と歩幅の位置調整と十字キー操作の連動
この2Dと3D空間を制御する制作過程というのは
どれだけ大変な作業と企画趣旨なのかは私では想像出来ない偉業である

2Dでもなく3Dだけでもなくプレイやーの好みに
プレイスタイルを選ばせて遊ばせるという
ユーザーの事を第一に考えた気遣いというのが
DQブランドではなかろうか?

これまで散々ユーザーからオンラインや
2Dから3Dへの変更経由など
2Dが良かった!
戦闘で操作キャラが見えるのは嫌だ!
といった古参の意見とそして
最新のグラフィックでないと最新のゲームとはいえない!
といった新参
どちらの意見もバランス良く応えた形の今作には大いに期待できよう!

ワイは発売日にまとめて有給とって遊びます!
もう決定事項です!!
あ、3DSの2Dモード派ですよ!!!