大島るしまるのるしまる堂のBlog

大島るしまるの同人誌DL販売情報ブログ

今回の同人ゲームにエロは必要なのか?
という記事内容は
エロじゃないと売れないから
仕方なくエロを入れて
同人ゲーム制作をしている人(本人)の疑問記事です
※dlsiteやDMMがDL販売の2強となっている国内での話を主にしてます

ですので
エロ要素をシステムに組み込んだら面白くなる
又は、エロ主体のゲームを除く意見記事です

※エロゲー批判ではないので勘違いしないで下さい
この記事を書いた人はエロゲーを作るのは嫌いですが
エロゲーで遊ぶのは大好きです

ここ最近殺人的な忙しさを乗り越え
やっと久々にブログ記事の更新が出来るのですが
会議の中にやたら「エロじゃないと同人ゲームは売れない」
発言が飛び交った月日でした

私以外の複数の人からもこの発言が出る事もしばしばあり
やはり同人制作で一般のゲームを作りたい人が多いんだな
と、思いました

理由しては
①エロを入れると制作時間が長くなる
②ゲームの面白さを前面に出した制作がしたい
③エロのギャラリーモードはそもそも必要なのか?
※③は私個人的な意見が大きいです
ギャラリーを作る時間があれば、イベントが2~3個追加できます
それに本来、エロギャラリーはノベルゲームの回想に当たるシステムなので
RPGとACTにはいらない要素である様に思います

上記が挙げられますが
ここ最近の忙しいさなか、ふとに思ったのです

いつからエロ要素が無いと
同人ゲームは売れないと思ってしまったのだろうか…と
本当に「エロじゃないと同人ゲームは売れない」のか?

そこで思い返すと
これまでの一般の同人ゲームの中で
売上を上げているゲームはあるのだろうか?
と思い返してみても
思い当たる同人ゲームがない事
これがまず一つ
そして、私自身そもそも一般同人ゲームを買った事がない事

そこで思う事は
「エロじゃないと同人ゲームは売れない」
というのは一種の刷り込みの様なものでそんな事はないんじゃないか?
と、最近考えています

昨今の同人ゲーム技術であれば10年~20年前程度の
レトロゲーム分野で時間さえあればFCやSFCの
コンシュマーゲーム並みのゲームも作れるのではないか?
という事

そこで思い当たるレトロゲーム群は
ドラゴンクエスト1~6
ファイナルファンタジー1~6
ロマンシングサガ1~3
その他サガシリーズ
ゼルダの伝説FC、SFC
聖剣伝説1・2
WIZシリーズFC・SFC

上記の中でエロゲーであれば
ゼルダの伝説系と聖剣伝説系とWIZ系の制作を開始
又は完成させている同人サークルは既にあります
現在制作のダンエロなんかはWIZ系に当てはまりますね

これに続く制作として
ロマンシングサガ1~3
に似通ったシステム、ストーリーというのは
同人ゲームにまだお目にかかった事がないので
今後るしまる堂ではロマンシングサガ系のゲームを
一般のエロではないレトロ分野での
コンシューマと戦える同人ゲーム制作を目指したいなと思っております

このページのトップヘ