大島るしまるのるしまる堂のBlog

大島るしまるの同人誌DL販売情報ブログ

トップページ

■るしまる堂ブログ2017年1月5日更新情報
「エロイーターVer2.00」販売中!!

●dlsite販売はこちらから↓
エロイーター
※以前のVerを買って頂いた方も、これを機会にエロイーターをもう一度遊んで下さい
※既に購入済みでdlsite会員登録をしているユーザーは「購入済み作品」ページから
Ver2.00を再DLして遊んで下さい


●DMM販売はこちらから⇒http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_086285/

★↓PVもボイス用に更新しましたので是非再生して下さい


●パッケージ版を購入されたユーザー様へ
パッケージ版でもVer2.00を遊んで頂けるように
「るしまる堂HP」から「エロイーターVer2.00パッチ」をDL配布しています

こちらから⇒http://rusimarudou.com/
※更新情報内部の「パッチ公開(2015/10/29)」をクリックして下さい

★ここからは相互リンクの販売紹介です
画像クリックで販売サイトに飛びます

えびせんワークスさんのエロ同人ゲーム
「ミナーヴァの冒険 ~従属するモノ~」販売中です!
体験版あります。
ミナーヴァの冒険 ~従属するモノ~
詳しくはこちらの記事⇒http://b.dlsite.net/RG11854/archives/5204742.html

■「めがね屋」さんのエロドットゲームです。
●おてがるドット ミニ2 リコ姉のフェラざんまい
体験版あります。
おてがるドット ミニ2 リコ姉のフェラざんまい

●パワフルシスター
発売予定時期 :2014年12月下旬
f91aea83 現在は「パワフルシスター」を製作中です。
体験版が完成したそうなので、これはレイ…プレイするしかないですね!
画像クリックで体験版の置いてある予告ページに飛びます。

■「ねこのめめっ」さんのエロドットゲームです。
●「LAB-Still Alive-」
体験版あります
LAB-Still Alive-
アクションゲームツクールのエロゲーが販売開始されました。
ドット絵のアクションで爽快かつバランスのいいゲームです。
●修正情報、アップデート情報
2014/05/15にver.1.22UPされてます

■「ヒロインハンティング」販売中!
体験版あります。
ヒロハン





私は同人市場こんなに完成されたSLG(シミュレーションゲーム)を
見たことがないしエロい

その物語と終りとその後、また始まりについて

ブブキ・ブランキの最終回を見てから軽い鬱というか
それ以降物語の終りや、漫画の最終回を見ると虚無感というか哀愁というか
寂しさのような感情が沸き常に新しい物に向き合えなくなっている事が多くなった

ブブキの最終回は世界を諸悪?から救った主人公は
普通の日常に戻るのだが、力を失い
それまでに旅してきた出来事と
失ったものの多さに落胆してしまう

共に戦った仲間達は元の日常に慣れ
日々を過ごしていたが
主人公の動機が気になり時々皆で会って
励ますというか遊ぶというか共にする時間を
これからも大事にするという
感じのラストだった…

ここ最近唯一の救いだったのがダンジョン飯の4巻である
この漫画は今一番好きな漫画なのだが15日に最新刊の4巻が発刊され
今まさに読み終わりこの記事を書いている

4巻で話の内容的に終りだと勝手に思い込んでいたのだが
なんと続きがある様で、今巻はレッドドラゴン編というべきか
次の巻からはダンジョンの真相に挑む内容であるようで非常に楽しみだ

RPGで王道の流れである
魔王を倒した勇者一向はどうしているのだろうか?
など世界を救ったその後に
もうその力は必要なくなってしまい
勇者達一行の居場所が無くなってしまう
ゲームを元にしたその後の話を外伝漫画とした作品も多々あるが
概ね鬱内容である

ゲーム制作で最近よく考える事があり悩んでいる
ゲームはそのストーリーをクリアしたら終りなのか
それともその後にあるクリア後の要素である
裏ボス的なのを倒すと終りなのか?

否、それはプレイヤーが決める事であり
制作サイドが決める事ではない
あくまでも飽きさせない要素としての続は有りきだが
プレイヤーがゲームに飽きて辞めてしまう時が
そのゲームの終りであると私は思っている

しかし、あまりにも長いプレイ時間やバランス
クリア後の隠し要素など
あまりに作りすぎてしまうと
逆にプレイヤーのストレスになってしまう恐れがあるので

あくまでもきっかけの一つとして
物語の終りや隠し要素、周回要素など
ある一定の終る節目を用意しなくてはならない

ましてや同人のゲームなどは長くプレイして貰いたい
という思いをプレイやーにかけ過ぎな兆候がある

新しい作品へのバトンを良いタイミングで引き継げるような
計画性のあるゲーム制作を目指して行きたい


最近のスマホゲームレビュー記事:後編

今回はファイアーエムブレムヒーローズよりも
一日早い2月1日に配信された
ディシディアファイナルファンタジーペラオムニア
について書きます

FFシリーズはタイトルが長い
もうちょっと短くならないものかと…
個人的なゲーム評価は5段階中4点

これまでFFタイトルの
スマホ課金ゲームは沢山配信し
数々の失敗と反省を繰り返して
課金ゲームのノウハウを
十分に得ていると思われるFFスタッフが
今回配信したペラオムニアはよくある
シリーズの主人公を集めたスペシャルな
ゲームストーリーで自分の好きな
パーティーで育成や戦闘を楽しむのが売り

しかして今作のシステムはというと…
なんと体力消費タイプのゲームではなく
制限無く遊べてしまう所に好感度を持ってしまう

現に公式ツイッターでの反応も良いイメージで
メンテナンスを急にした批判は一部あるものの
概ね応援メッセージである

星ドラでもユーザーに好感を持ってもらう
努力をしてもらいたいものだよ…

戦闘システムはというと
私はFF10をプレイしていないが
これに近いUIイメージではないかな?

コマンド入力のウエイトシステムでアクティブでは無い
敵味方の行動順が判り易く
更には誰をターゲットにしているかが
敵のHPゲージの横キャラの顔マークが付く
しかし、今作では防御コマンドが無いので易しい仕様ではなく
キャラの個性である補助を活かさないとボス戦では辛い
といったガッツリRPGしている珍しい
課金スマホゲームである

と、一件ここまでは褒めることしかないゲームなのだが
個人的によろしくないポイントも紹介していく

まず、戦闘システムをなぜこのような
変わった仕様にしたのか疑問に思う
もしかしたらこれまでのディシディアシリーズで
似たような戦闘システムがあったのかもしれない

攻撃が2種類あり
ブレイブ攻撃
HP攻撃
と分かれており
ブレイブで攻撃力を溜めた数値を
HP攻撃で敵のHPを減らしHP0にすると倒せる

しかし、HP攻撃をするとブレイブが0になり
また一定数溜めないといけない

ブレイブ攻撃には相手のブレイブを減少する効果もあり
相手のブレイブを0にするとブレイクしてダウン状態に出来る

というカウンター戦闘方式で
一撃では敵を倒すことが出来ない仕様
ここがポイントで慣れない内はなんだこのゲーム?
と、首を傾げてしまう

戦闘システムは王道で良かったのになぁ
と少し残念には思うが全体を通して
バランスの良い良ゲームである事は間違いない!

またガチャシステムはアイテム課金制度で
ダイヤを購入する訳だが
メインストーリークリアで比較的楽に
ダイヤを獲得できる良システム

現在は5章までしか進めないが
約50~60連以上のガチャが回せるダイヤが手に入る

1回500ダイヤで10連ガチャは11個アイテムが出て
最後の一つが★4以上と★5確定ではないのが少し残念

プレイした感じでは
5章まで進めガチャを回し★5武器が5つ出ているので
排出はまあまあといった所ではなかろうか?

今のところ★5は武器しかなく
4つ同じ武器を強化し最高LVまで強化出来る
ゲームを気に入った人は
課金しても良いんじゃないかと思える良仕様!


現行はマルチでの協力やランキングなどが無いので
サービスが充実するまで一人用のゲームとして楽しむのが吉であろう

コンシューマーと課金ゲームの
真ん中をとった感じのゲームで
かなり長く時間を気にせずに遊べる仕様は
評価に値し、好感度はかなり高く
他業者の課金ゲーム開発者も見習ってほしいものだ

3回に渡ってスマホ課金ゲームの
レビュー的な記事を書いたが
やはり思う事は
体力消費の課金ゲームはナンセンスだと言う事
コレさえなければ
どんな仕様でもある程度は寛容でいられる
気に入れば課金すればよいだけの事で
魅力が無くストレスとなれば
見切られ、サービスは終了する

体力消費がそのサービスを終了に
追い込む要因である事に
いい加減に気付くべきである
作品一覧
サークルプロフィール
Twitter プロフィール
エロイーター好評発売中!! 18歳未満は見ちゃだめ!相互フォローしてますので、気軽にフォロー宜しくお願いしますでも事情で相互しない時もあります 18歳未満又は学生 パチンコ関連 詐欺ツイート はフォローしませぬ!
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog