おケツに火をつけろ☆

生命の大粉塵、ください。

日々徒然

サークル『Honey Rider69』の中の人
蛍汰の原稿中の独り言とか日々徒然を赴くままに綴っております。
面白い事は期待しないでね!

近況報告。

遅ればせながら、5月3日のふたけっと12、蛍汰のスペースまでお越しくださいましてありがとうございました。
当日は新刊無しで無配本の配布という形でしたが、ありがたいことに持ち込んだ分の無配本は無くなりまして…、重ねて御礼申し上げます!

どうも、僕です。

先日のエントリでも書かせていただきましたが、落ちてしまったふたよめ!!えもの執筆をしつつ、来てしまいました。
HEROのビッグウェーブがっ…!!
天 -天和通りの快男児-のスピンオフ、『HERO -赤木の遺志を継ぐ男-』にスーパーのめり込み中です…。
作画を前田治郎先生が担当されている麻雀漫画なのですが、井川ひろゆきが赤木しげるの言葉を胸に、漕ぎ出した3年後のお話が描かれております。
天でも盛り上がりを見せた東西戦だったわけですが、色々ありまして、2002年にも第二次東西戦が開催される運びに。
東陣営に参戦する雀士の中に天と並んでNo.2と言われた(第二次東西戦時点では現役を引退してます)
東北の昇り龍の異名を持つ男、狩野龍二が、めっちゃエロいんですよ…掘りたい…そのケツを…♂
マグロ漁が本業ですよ、まじかよ、最高かよ…マグロ漁とねぶた祭りが男の華とか言っちゃうの…構わん、そういうメンズ大好ちだよ…;///;
どこかにいい女子は…最悪、元東のツートップのよしみで天嫁ちゃんを…!っと思ったら最高にちんちんの生やし甲斐のある女の子が、居たんですよ…すぐ近くに……!!


子供がいるーっ!!!!!!


きっちり名言こそされていないけれど、この出で立ちは女の子に違いない…!
しかもあくまで狩野龍二が東軍に着くまでの経緯の回想シーンで数コマしか出ていないちょい役も良いところの彼女ですが
しっかりはっきり彼が彼女の名前を呼んでいる『広海』っと……!!
狩野広海っていうんだ……(キュン)
もう一度言っときますね。


娘がいるーっ!!!!!!!


きっとボーイッシュな子なんだ…しかも結構タッパがあるぞ…高身長か……でも所作が子供っぽい…やばい…かわいい…かぱいい……!!
しかも、訛ってる…東北弁(正確にはこのキャラクターの住む地域では下北弁が話されているそうです)…方言女子好きにはたまらん…!;///;
初めて描いた時から、当然のようにちんちん生やしてましたよね…すいません…フヘヘッ…†


53

最初しょぉがくせいくらいかにゃー^^
とか思っていたんですが、ロリがうまく描けない僕は
公式設定ではっきりいくつかわからないのを良い事に、自分が得意なフィールドに持ってきちゃいましたよね。

どーん✧\\ ٩( 'ω' )و //✧

20160504

JKくらいから上が描きやすいから量産しやすいよ…… ٩( ˘ω˘ )و
(後から北のほうに住む友人に聞いたところ”わぁ”だと津軽の方の方言が強くなるらしく、下北弁にするなら”わい”がいいよと教えていただきました、ありがとうございます!)

ちょっとばかし話が前に戻りますが広海ちゃんの性別を一瞬迷う理由に、ハイパー胸が絶壁描写がございまして。
ダボっとしたフード付きトレーナーにデニムにスニーカーという出で立ち…さてはお嬢ちゃん脱いだらすごいタイプだね!!?!?(さっきから危ない発言の連続)
っと鼻息荒く、女子と思い込む事にしたのです…†

さて、本題(?)
天嫁ちゃんたちはなまじ男を知っていますので、与え与えられる、コミュニケーションとしてのセックスを知っているわけでございますが。
こと広海ちゃんに関してはどうにも垢抜けない印象を受けるわけです、身近な男つったら父ちゃんしかいねぇべはー!?
セックスなんて知ってるけどやったことないでしょ!!ぼっけぇ可愛いじゃん!?
それでも生えちゃったちんちんは夜な夜なボッキするんだよな…しょうがねぇよ…若いんだもの…。
そこで龍二さんの出番ですよ!!

32

42



東北の昇り龍・狩野龍二
  (ケツ)満を持して、登場っっ ━━━━ !!



↓↓我慢できずに描いちゃった奴がこちらです。↓↓
[R-18] ふたむす!!とらいある (pixivのページが開きます)


原作ではここまできつく訛ってはいなかったんですが、我慢できずにどんどこ鈍らせてしまいました…
反省はしているけど後悔はしていない、プライベートはこれくらい訛ってて良いよ龍二パパ……!!
(下北弁監修に協力してくれた友人にはしこたま感謝、お礼に埼玉銘菓の饅頭贈ります…)

僕が、熱く、熱く、語りたいのがですね。


広海ちゃん、父ちゃんをケツイキさせてあげられない説


ですよ!!!!
見ていただければなんとなく察していただけると思うのですが、完全に父ちゃんリードなんですね。
あくまでシモのお世話で、親子間の愛情であって、それ以上でもそれ以下でもない。
屁理屈と言われればそれまでですが、禁断の関係と言い切れない感じ。
そういう曖昧な感じ(が僕は好き)なわけです。
広海ちゃんだけがヒィヒィ言わされてイカされているだけで、父ちゃんはイッてないわけですよ。
これ、広海ちゃんがピストンしても同じ結果であって欲しいと願っているわけです。
未熟な感じが良いじゃないですか…自分が気持ちよくなるだけで精一杯。
逆に言ってしまえば、「自分はイカない」っていうのが、龍二さんの最後の砦というか、ボーダーラインな訳ですよ。
娘に性愛を抱いていないぞっという、父の思いな訳ですよ。
で、個人的にすっごい萌えポイントを突っ込んだつもりなのです。
それがですね。

36

24


ケツを体に叩きつけてないんです!!

パンパンぶつかる音が無いんですよ…気づいてもらえましたか…
そうじゃ無いようでしたら精進します…すいません…表現力育てます…=๑๑( ੭ ε:)੭

理由があるんです、娘の竿がデカイのもあるとは思いますけども、入らなそうなものが割と入ってしまうのがエロ漫画じゃないですか…
なぜ根元までズッポシいかないのか…

単純明快、娘が潰れるからですよ…!!

ガタイの良い(しかも結構身長ありそうで、大間のマグロ一本釣りとか日頃してる人ですよ、インナーマッスルとかギッチギチだよ、海に落ちたらきっと沈むよ…!)成人男子が体重乗っけてパンパン勢いよくケツ叩きつけたら、娘の骨盤砕けるわ!!!
って、描きながら一人燃え滾り散らかしていたわけなんですけども…、ちょっとでも伝わってくださっていれば幸いでございます…。

あと単純に、親バカ龍二さんだと、個人的に凄くテンション上がります♂

20160523-02


そんなカッコイイ東北の雀士狩野龍二の勇姿をどうぞ原作でもよろしくお願い致します!!(ダイレクトマーケティング)



ふたよめ!!へれしぃ 〜優しいヤクザ編〜 あとがき

ギャンハイ7から早いものでもう一週間経ちまして…。
ちょっと長野へ日帰りで特攻かましたり、恩師と友人と新年会に洒落込んだり、NINJA GAIDEN2(今更)買ったり、やりたかったこともそこそここなし、だいぶ落ち着いてきたので、ふたけっと12へ向けてネームを切り始めました。
どうも、僕です。


この度は ふたよめ!!へれしぃ 〜優しいヤクザ編〜 を手に取って頂き、本当にありがとうございました!
2015年夏以降色々と嬉しくないタイミングが重なり、ふたけ11.5に出れなくなる、冬コミ落ちる、追い打ちを掛けるように絵が描けない週間に陥る等、振り返りたくもない半年でございました。
今でこそ笑い話になりますが、もう二度とあんな辛いだけの毎日は送りたくないと、切に願う日々でございます。
何が楽しいのか、何が描きたかったのか、それすらもよくわからなくなり、自分のMAXの状態を読み間違えていたのではないか。
自問自答を繰り返す毎日、そんな中で絞り出すように描いた一冊となりました。
何度友人に「こんなクソみたいなデータはゴミ箱にさっさと捨てて新しく描きなおした方が良いに決まっている!」と毎夜喚いた事か、その度に諌められ、骨組みはそのままに少しずつ下書きを全部直してあのような形となった次第でございます。
最終的に現状での限界まで昇華出来たと思っております。
捨てずに完成させてよかったと、今ではそう思えます。
捨てるのを全力で止めてくれた友人の皆々様には頭が上がりません。
ありがとうございます。

さてさて、そんな湿っぽくなりながらも、仕上げるとなれば後ろ向きな気持ちは捨て去らなければなりませんでした、出来ない事を受け入れ、その中で自分の精一杯の出来る事を詰め込む、これが出来てこそ、この壁は越えられる。そんな執念の一冊。如何でしたでしょうか?
前半部分は既にあとがき的な事は書いておりますので、ここでは書き下ろした分に関しまして、ツラツラと綴ってみようと思います。


沢田さんについて。

とにかく公式で奇跡のように優しい認定されているヤクザ沢田さんを描きたくなり、自分なりに古き良き義理人情にあつい男。というのを突き詰めたのですが、思いの外、ヒロインヒロインしてくれたようで、しめしめと言ったところでしょうかw
沢田さんというキャラクターが、男らしさ全開のままアナルセックスの快楽で堕ちる、という表現をするにあたり、
優しすぎるが故に相手の気持ちに寄り過ぎてしまう、と言った展開にしてみました。これでは堕ちるとは言えなかったでしょうか…w

ふた×男をやってるからといって、僕自身に女尊男卑の思想があるわけではなく、沢田さんだったら、自分の事そっちのけで、女の人ってすごいんだなあっていうところまで思考が飛びそうではないか?と思ったのです。
男の方が優れている、女の方が優れている、そういった事を言いたい訳ではございませんので、ご理解いただければなっと思います。
沢田さんだからああ思ったんですよ!本当に!
優しい男だねっ!!


嫁ちゃんズについて

そろそろ公式の名前がないのがキツくなってきた感じです…w
名前で呼び合うような事が漫画として描けない為、いかに自然に「あんた」と差し込んで嫌味がないように読んでもらえるかというのに非常に気を使います…w
fkmt先生今からで良いので名前付けてあげてつかぁさい…w
サブキャラの嫁じゃなくて主人公の嫁なんですから!w
天ちゃんが一番好きだけど、ふたなりちんぽが誘う快楽に勝てないアマゾネス、そんな感じで今後も描けたらと思っております。(。-人-。)
今回から茶嫁ちゃんは低身長プニプニ気味、黒嫁ちゃんはスレンダー爆乳巨乳輪、という感じで固定していこうかなっと思っておる次第です。
茶嫁ちゃんのホットパンツ、どう考えても金玉をイジメ抜いているスタイルなぴっちり具合ですが、次回もぴっちりホットパンツです…。
むっちむちの足とホットパンツ最高でしょ……。
黒嫁ちゃんのおっぱい描くのすごい楽しいよ…フヘヘッ…!
大は小を兼ねるとは良く言ったものです、ちっぱいも勿論好きだけどね!


次回作へ向けて

次回はコンピューター雀士井川ひろゆきと殺す気でくる雀士原田克美(またヤクザかよ)が嫁ちゃんズの相手になるわけですが
今からいい意味で嫌な予感しかしませんw
ふたけっと12へ向けて粛々と頑張ろうと思います。
まだまだ未熟な描き手ではございますが、これからも手に取っていただけた方がクスッとなれるようなゴキゲンなお話を描けたら、と思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


2016.01.21 HiOCAY(氷魚蛍汰)

ギャンブラーズ・ハイ7 ありがとうございました!

ギャンハイ7ありがとうございました


遅ればせながら。
2016年1月11日、東京流通センターにて行われましたギャンブラーズ・ハイ7
ありがとうございました!
体調不良で遅刻してしまった為にお待たせしてしまった皆様方にお詫び申し上げます。
差し入れや、お声がけ頂いた事誠に感謝でございます。(帰りの方が荷物多かったよw)
さてさて、今回の新刊の通販がシレッととらのあなさんで開始していただけました!

とらのあなさん 通販ページ

今回の本は色々と紆余曲折ありまして半年も執筆に掛かってしまいましたが、満足いく形で終われた事今はホッとしております…。
次の本はもっとサクっといきたいですけどねww
次のエントリでふたよめ!!へれしぃ 〜優しいヤクザ編〜のあとがきでも書こうと思いますw(今回の本も相変わらず前書きもあとがきもないギチギチ仕様)

次回のイベント参加はふたけっと12です!✧\\ ٩( 'ω' )و //✧

気付けば霜月でございます。

早いもので。とか言ってると自分も焦るので割愛させて頂きますが…w
もうそんな時分でございます。
今年は結局個人誌はふたなりちんぽが生えちゃった天さんの嫁さんたちが(以下略)の一冊しか出せませんでした。
残念。(この5月の本、こっそりDL販売開始しました、今更ですねアイタタタ)

執筆中ではあるのですが、冬コミも落ちてしまいましたので、来年の1月11日にあるギャンブラーズ・ハイでふた嫁!!へれしぃお披露目かなぁとか考えております。自分では男性向けのつもりで描いていますので、女性ばかり来るオンリーで何やってんのかなあという感じですが。 冬コミ委託を頼める様な間柄の方も居りませんので、そうなると来年5月のふたけかぁとだいぶ先になってしまいますのでね…フヘヘッ…_(:3」∠)_
こんな事は描いてるこっちの勝手な都合なので横に置いておきまして、ギャンハイの締切りもいつも頼んでいるところで印刷頼もうとすると冬コミ合わせと同日だと思います(去年がそうだった)ので、このまま頑張りますね。
色々と描きたい事を端折っていたので、それを元に戻して気付いたら64ページの本と相成りました、相変わらずの厚さです。
一応二話収録(前半部分はpixivにて既に公開済み、印刷にあたり加筆、増ページ)というSTYLEになりますので、胃もたれはしないと思います、多分。どうぞ宜しくお願い致します。

加筆してる部分はこんな感じになってるデスダヨ。=๑๑( ੭ ε:)੭ु⁾⁾
39

まだ下書きかよ(絶望)

シアン抜き忘れた!!レイヤー結合して保存しちゃったよ!!と嘆いていた表紙ですが。
時間も出来ましたので塗り直しました、最初から(アホ)
ドドン☆

26




で、どうでもいい話でもついでに。
此処から先は読み飛ばして頂いても結構でございます。
秋の夜長、籠ってお絵描きばかりして、原稿にまみれて幸せは幸せではあれど頭がくっついてるものでどうでも良い事に物思いに耽り、ああでもなければこうでもない。っと相変わらずのぐねぐねエブリデイを過ごし、いくつか真面目に悩んでる事や近況を吐き出してスッキリ。



ひとつ。自分のコミュ力の低さについて

痛感しております。(今更)
コミュ力=喋れないという事ではなく。
わたくしの中では「適切な会話を展開出来ない事」だと思っているのですが。
元々気付いてはいたのですが、やはり染み付いてしまっているものはついポロッと前面に出て来てしまうといいますか。
後から「またやっちまった!」とこう描いとき既に遅しですしおすし。

わたくしはどちらかと言うと『緊張してしまうと余計に喋ってしまう』タイプでございまして。
無言になるのが耐えられずに初見の方にでも「そんな事聴いてねぇし興味ねぇよww」ってことまで言ってしまうんですよね、これが悪癖だと思っておりまして。
フラットでありたいと願う一方で、緊張して畏まり、自分は害のない人間である事を分かってもらいたい!と自分の話をボロボロと………これって逆効果じゃ…CLEVERに、なれないっ……!
なんかもう、ペテンになって笑われている人生がお似合いなのかもしれませんガハハ。
距離感の図り方と言っても過言ではないかもしれませんね。
誰もがみんな心の一線をひょい。と超えられるわけではないし、きっとそれは僕もなのでしょう。
だから緊張して口が止まらなくなるのでしょうね。っというどうでも良い話(さっそく自分の事をペラペラと喋るコミュ力の低さを発揮)




ひとつ。気分屋すぎる自分の絵のクォリティについて。

自画自賛からで大変恐縮ではございますが。
次回新刊に収録予定のふたなりちんぽが生えちゃった天さんの嫁さんたちが天さんと仲直りせっくしゅするだけの話(以下、仲直りせっくしゅの奴)なのですが。
こちら、3年振りのふたけっと参加、4年振りの同人誌という事でめっちゃ勇んでいったふたけっとの癒しオーラに心のちんぽをバッキバキにボッキさせられ「漫画っ……描かずにはいられない!!」と鼻の穴膨らませながら描いちゃった、ある意味事故に近い描く予定の無かった話だったのですが、わたくしの中では過去最高の一本になったと、感動を覚えたのです。
描いた時は、天嫁ちゃんカワイイ!!ふたなりサイコー!カワイイヤッター!!だけが衝動だった訳ですが、今考えると本当に僕にとってふたけっとって会場の空気頒布される素敵な作品何もかもがカンフル剤なのです、今までの死に体みたいな1〜2年は何だったのかと思える程の癒し空間だったわけです。
その結果あのような形で一本を描き上げられたわけなのですが。
今回、本を一冊こさえるにあたって後半部分を描くにあたって、仲直りせっくしゅの奴みたいに描けない!?アイエエエエ、ナンデ!? っとフタナリアリティ・ショック(イミフ)を起こし死にかけました。今は若干生き返って来た気もしますが。半分フタナリアリティ・ショックの後遺症が残っていますヒィヒィ。

ノッてる時は描けず、ノッてないときは描けないって、それはアカンやろっと。
気分が上向きの時は描けて、落ち込んでる時は筆が止まる、と言い換えるべきかも。
メンタルが弱すぎとも言えますが、其処まで行くと話が変わってくる気もしますので、ノッてるノッてないという事にしましょう。
豆腐メンタル。_(:3」∠)_

とにかく仲直りせっくしゅの奴を自分で描いたとは思えない程だったので9月一ヶ月マルッと死んでました、フタナリアリティ・ショックで仮死状態でした。8月中旬からネームを描き始めて36ページに落ち着いた頃には10月になってましたからね、何それ死ねば良いのに……。
今はもう天嫁ちゃんたちと沢田さんとの癒し系痴態に癒されて上向きになって来たよ。色々と。特に股間の辺りがね…。
股間聴牌っ……!!(ドドンッ☆
こればっかりは僕の努力次第ですし、というかわたくしが悩んでる事全て、自分の責任ですからね。
頑張るしかねぇ訳です。
頑張ります。シコシコと、一歩ずつ、確実に。




ひとつ。VENUS、つーか、やっぱDJ Yoshitaka最高。

湿っぽい話が続きましたので軽く音ゲーの話を。
今更ですが、SEED→FLOWERの流れが最高だなと、再確認しております。
花が、綺麗な花が咲いたね。(ギュイーーーーーーーーーーーン)
それとそれの影響でコロちゃんことKors K氏のマキナ系のサウンドにもどっぷり浸かっております。
SIg Sigやsmooooch・∀・等さることながら、Flip Flap楽しすぎますリフレクビート…!
最近fkmt好きの方々がおそ松さんに流れ、OPのはなまるぴっぴはよいこだけをプレイ出来るからなのか
リフレクビートの名前をチラチラ見るようになったので、是非これはリフレクというかBEMANIにおいでよっ…!
という気持ちを込めて(あと酷い腹痛のあまり錯乱した結果)ワケの分からないラクガキする程には、リフレクビート熱いです。
みんなでBEMANI!!
02

音ゲーマーは乳首ネタが好きって友達が言ってた(ひとのせい)




ひとつ。デレマスはじめました。

木村夏樹ちゃんが好きです。
気になっているのは仙崎ちゃんです。
仙崎ちゃん早よ来い……。
クラリスさんの天使にラブソングを感が好きです。
くじ運とプレイスキルは…お察しです……(かわいそう)


そんなかんじで。
お後がよろしいようで……今後ともどうぞ一つ宜しくお願い致します……。

ふたなりちんぽが生えちゃった天さんの嫁さんたちが天さんと仲直りせっくしゅする話(仮)

01


pixivに投稿したよ!!

ふたなり天嫁と天さんがせっくしゅしてるだけの話

どうも、撲です。
夏コミも当落でましたね、夏の声が聞こえて参りました。
前回のエントリから一ヶ月近く経とうとしていますが、件の漫画は一通り完成しまして、投稿と相成りました。
あとがき的なものをpixivに投稿するのもっと思いましたのでこちらにて。

ネームの段階から「ああーこれはかなりレディコミなノリだわ…」っというのは重々承知していたのですが、性器描写を控えるというのがトコトン苦手なので、とりあえず男性向けという事でご勘弁頂きたく。
描いた本人がエロシーンの描写がどうも大人しいなあっとムズムズしてます…w
スゴい楽しかったんですけど、それとこれとは話が別といいますか…w

ふたけっと11.5合わせに奇跡の様に優しい人と称された沢田さんを掘るぜ!!っとなったのですが、作中で明確に天貴史に重傷を負わせている描写がある沢田さんと天の嫁が何のわだかまりも無くセックス出来るのかよ…っと思い悩み、細かい事は気にすんなとも行かず(実際今夜が峠だろう的な空気もあったので全然細かくない)どうしても目を瞑れず沢田さんを掘る前に天家で家族会議してやんなきゃだろ…!っとなり描いたお話でございます。

個人的な見解ではありますが、一話目では面倒事に首を突っ込んで行く天を”バカみたい!利用されてるだけなのに!”的な事を言っている彼女たちですが、通夜編で天が「うちは普通の家と違って嫁さんが二人いるからね!」と言っているのも考えて東西戦後も同居しているのだろうっと考えると、そういう「何時どんな事があって死んじゃうかもしれない様な危ない橋を渡るような生き方」をする天に愛想つかして出て行っちゃったとかが無いんだろうっと取れるので、何処かでそんな天を受け入れ、信じて、送り出す、そんなポジションに収まったんだろうなっと考えました。
共有癖の強い天の嫁を普通に続けられる彼女らは、ソレだけでもうなんだかおおらかというか豪傑というか、乱暴に言ってしまえばネジ飛んでる女性というか、天を取り合う独占欲的な描写も無いので、彼女たち自身天と同じ感動的に分かち合う人たちなんだろうと思い至り、天の友人は私たちの友人という感覚もあり、天に瀕死の重傷を負わせた人物であろうと、天の友人ならば私たちも歓迎したいと思う一方でモヤモヤ。みたいな複雑なオトメゴコロ♂を解消したかったという
今度の新刊で心置きなくドスケベ漫画を描く為の布石です(どーん)
そこまでして沢田さんを掘りたいのかって話なんですが、

掘りたいんです…!!;///;


これでようやく沢田さんのアナリーポートマンをズッコニバッコニパァニパァニ出来るよぉおおおお(いつもの着地点)
天嫁のふたなりちんぽは今日も元気です。


それでは、どうぞよろしくお願い致します。
作品一覧
サークルプロフィール
最新コメント
記事検索
タグクラウド
  • RSS
  • Dlsite blog