遅ればせながら、5月3日のふたけっと12、蛍汰のスペースまでお越しくださいましてありがとうございました。
当日は新刊無しで無配本の配布という形でしたが、ありがたいことに持ち込んだ分の無配本は無くなりまして…、重ねて御礼申し上げます!

どうも、僕です。

先日のエントリでも書かせていただきましたが、落ちてしまったふたよめ!!えもの執筆をしつつ、来てしまいました。
HEROのビッグウェーブがっ…!!
天 -天和通りの快男児-のスピンオフ、『HERO -赤木の遺志を継ぐ男-』にスーパーのめり込み中です…。
作画を前田治郎先生が担当されている麻雀漫画なのですが、井川ひろゆきが赤木しげるの言葉を胸に、漕ぎ出した3年後のお話が描かれております。
天でも盛り上がりを見せた東西戦だったわけですが、色々ありまして、2002年にも第二次東西戦が開催される運びに。
東陣営に参戦する雀士の中に天と並んでNo.2と言われた(第二次東西戦時点では現役を引退してます)
東北の昇り龍の異名を持つ男、狩野龍二が、めっちゃエロいんですよ…掘りたい…そのケツを…♂
マグロ漁が本業ですよ、まじかよ、最高かよ…マグロ漁とねぶた祭りが男の華とか言っちゃうの…構わん、そういうメンズ大好ちだよ…;///;
どこかにいい女子は…最悪、元東のツートップのよしみで天嫁ちゃんを…!っと思ったら最高にちんちんの生やし甲斐のある女の子が、居たんですよ…すぐ近くに……!!


子供がいるーっ!!!!!!


きっちり名言こそされていないけれど、この出で立ちは女の子に違いない…!
しかもあくまで狩野龍二が東軍に着くまでの経緯の回想シーンで数コマしか出ていないちょい役も良いところの彼女ですが
しっかりはっきり彼が彼女の名前を呼んでいる『広海』っと……!!
狩野広海っていうんだ……(キュン)
もう一度言っときますね。


娘がいるーっ!!!!!!!


きっとボーイッシュな子なんだ…しかも結構タッパがあるぞ…高身長か……でも所作が子供っぽい…やばい…かわいい…かぱいい……!!
しかも、訛ってる…東北弁(正確にはこのキャラクターの住む地域では下北弁が話されているそうです)…方言女子好きにはたまらん…!;///;
初めて描いた時から、当然のようにちんちん生やしてましたよね…すいません…フヘヘッ…†


53

最初しょぉがくせいくらいかにゃー^^
とか思っていたんですが、ロリがうまく描けない僕は
公式設定ではっきりいくつかわからないのを良い事に、自分が得意なフィールドに持ってきちゃいましたよね。

どーん✧\\ ٩( 'ω' )و //✧

20160504

JKくらいから上が描きやすいから量産しやすいよ…… ٩( ˘ω˘ )و
(後から北のほうに住む友人に聞いたところ”わぁ”だと津軽の方の方言が強くなるらしく、下北弁にするなら”わい”がいいよと教えていただきました、ありがとうございます!)

ちょっとばかし話が前に戻りますが広海ちゃんの性別を一瞬迷う理由に、ハイパー胸が絶壁描写がございまして。
ダボっとしたフード付きトレーナーにデニムにスニーカーという出で立ち…さてはお嬢ちゃん脱いだらすごいタイプだね!!?!?(さっきから危ない発言の連続)
っと鼻息荒く、女子と思い込む事にしたのです…†

さて、本題(?)
天嫁ちゃんたちはなまじ男を知っていますので、与え与えられる、コミュニケーションとしてのセックスを知っているわけでございますが。
こと広海ちゃんに関してはどうにも垢抜けない印象を受けるわけです、身近な男つったら父ちゃんしかいねぇべはー!?
セックスなんて知ってるけどやったことないでしょ!!ぼっけぇ可愛いじゃん!?
それでも生えちゃったちんちんは夜な夜なボッキするんだよな…しょうがねぇよ…若いんだもの…。
そこで龍二さんの出番ですよ!!

32

42



東北の昇り龍・狩野龍二
  (ケツ)満を持して、登場っっ ━━━━ !!



↓↓我慢できずに描いちゃった奴がこちらです。↓↓
[R-18] ふたむす!!とらいある (pixivのページが開きます)


原作ではここまできつく訛ってはいなかったんですが、我慢できずにどんどこ鈍らせてしまいました…
反省はしているけど後悔はしていない、プライベートはこれくらい訛ってて良いよ龍二パパ……!!
(下北弁監修に協力してくれた友人にはしこたま感謝、お礼に埼玉銘菓の饅頭贈ります…)

僕が、熱く、熱く、語りたいのがですね。


広海ちゃん、父ちゃんをケツイキさせてあげられない説


ですよ!!!!
見ていただければなんとなく察していただけると思うのですが、完全に父ちゃんリードなんですね。
あくまでシモのお世話で、親子間の愛情であって、それ以上でもそれ以下でもない。
屁理屈と言われればそれまでですが、禁断の関係と言い切れない感じ。
そういう曖昧な感じ(が僕は好き)なわけです。
広海ちゃんだけがヒィヒィ言わされてイカされているだけで、父ちゃんはイッてないわけですよ。
これ、広海ちゃんがピストンしても同じ結果であって欲しいと願っているわけです。
未熟な感じが良いじゃないですか…自分が気持ちよくなるだけで精一杯。
逆に言ってしまえば、「自分はイカない」っていうのが、龍二さんの最後の砦というか、ボーダーラインな訳ですよ。
娘に性愛を抱いていないぞっという、父の思いな訳ですよ。
で、個人的にすっごい萌えポイントを突っ込んだつもりなのです。
それがですね。

36

24


ケツを体に叩きつけてないんです!!

パンパンぶつかる音が無いんですよ…気づいてもらえましたか…
そうじゃ無いようでしたら精進します…すいません…表現力育てます…=๑๑( ੭ ε:)੭

理由があるんです、娘の竿がデカイのもあるとは思いますけども、入らなそうなものが割と入ってしまうのがエロ漫画じゃないですか…
なぜ根元までズッポシいかないのか…

単純明快、娘が潰れるからですよ…!!

ガタイの良い(しかも結構身長ありそうで、大間のマグロ一本釣りとか日頃してる人ですよ、インナーマッスルとかギッチギチだよ、海に落ちたらきっと沈むよ…!)成人男子が体重乗っけてパンパン勢いよくケツ叩きつけたら、娘の骨盤砕けるわ!!!
って、描きながら一人燃え滾り散らかしていたわけなんですけども…、ちょっとでも伝わってくださっていれば幸いでございます…。

あと単純に、親バカ龍二さんだと、個人的に凄くテンション上がります♂

20160523-02


そんなカッコイイ東北の雀士狩野龍二の勇姿をどうぞ原作でもよろしくお願い致します!!(ダイレクトマーケティング)