小説

小説「LOST MEMORY」冒頭

前から書いてて、冒頭部分載せる載せるっていってたアレです

何度目かの推敲が終わったのでそろそろ載せようかと




(一体何故こんなことに……)
 僕は今自分の部屋にあるベッドの上で仰向けに倒れていた。
 そんな僕の上に、覆い被さるように赤いドレスを着た少女が突然飛び込んできた。
 まあ、ここまではいい。
 ……いや、全然よくないんだけど、とりあえず今はよしとしておく。
 普段ならそれも十分問題に値するだろうけど、今はそれよりももっと大きな問題がある。
 繰り返すけど、僕は今ベッドに倒れている。現れた少女は僕の体にちょうど覆い被さるように倒れている。
 つまりこれがどういう事なのかというと、ベッドの上で僕とその少女の距離は、非常に近い者……というか、隙間がないぐらいぴったり密着しているということだ。
 堅く無骨な男の体とは違う、柔らかい女の体が上から押しつけられているわけだ。特に胸の辺りはその感覚が顕著で、一般的な男子から見れば嬉しいハプニングという奴なのではないだろうか。
 ……うん、でも、問題にすべき点は実はここでもなかったりする。
 常識的に考えれば、自分の部屋にいて突然女の子が降ってきただけでも驚きだろうし、そんな女の子に押し倒されるような形でベッドに倒れていれば、一般的な男子にとってはいろんな意味で心臓が破裂しそうになるんじゃないだろうか。
 僕みたいに思春期の男子にすればこの事態は他の年代の人と比べてより顕著だと考えられる。
 でもやっぱり、問題点はここじゃない。
 今僕の置かれた状況を考えれば、その思春期の男子の胸躍る状態ですら、些末なことにしか思えないだろう。
 さて、やっぱり繰り返すことになるけど、僕と少女の彼我の距離はほぼ零と言って差し支えない。
 体と体がくっついている。なら、顔と顔はどうなっているのか?
 その少女が、首の異様に長い新種の人類でなければ、僕と少女の顔と顔は、体と体との距離と同じようにかなり近い位置にあるはずだ。というか、今僕の目の前に少女の顔がある。あまりにも近すぎて少女がどんな顔をしているのかよくわからないぐらいだ。
 今の僕にかろうじて見えるのは、せいぜい少女の頬が真っ赤になっているということぐらい。
 どうして少女の頬が赤くなっているのか。これはもう、性別が男に分類され、女性の心理、いわゆる乙女心や女心といったものに、これっぽっちも興味も関心も知識もない僕であっても、気づけていた。

 何故ならその原因はどう考えても、僕と少女の唇がまるで計ったかのようにくっついているからだ。

いくら僕でも、少女の紅潮の原因がそれであることぐらいは察する事ができる。
 ……さてと、ここまで並べてしまえば、僕は今自分の状況を明確に把握できていると思うのだけど、念のためにもう一度簡潔に確認してみよう。
 学校が終わったので帰宅して部屋に入って鞄を投げ捨ててベッドに寝ころんだら、突然空中から女の子が現われて、僕の上に落下してきたと思ったら、僕と彼女の唇が重なり合っていたんだ。
 ……よし、やっぱり意味がわからない。
 いやもちろん現状はさっきまで延々と確認していたから把握はしているのだけど、一体何をどうしたからこんな状態に着地したのかさっぱりわからない。少なくとも僕は、今日一日のどこかで、自分の部屋のベッドの上に少女が落ちてくるようなスイッチを押した覚えはない。
 なので、改めて言わせてもらおう。
(一体何故こんな事に……)
 無駄だとは思うけど、とりあえず今日一日を振り返ってみようか……

願いの魔法最新作執筆完了

ブログタイトル通り、願いの魔法最新刊の執筆が完了しました

早速登録を!

……と行きたい所ですが、これから推敲の作業に入ります

誤字脱字とか直したり、表現を変えたり色々と

後はPDF化作業があるのですが、そっちはまあお家芸のRUBYを使ってワンクリックでおおよそ済むので割とすぐに終わります

ページ数はワードで40*36のサイズで98ページ分

六章+プロローグ&エピローグの構成なのに、五章と六章だけで50ページぐらいあるって言うね

何かもう章の分量配分おかしい気もしますが、場面場面で章区切ってたらそんな風になっちゃったのでまあ仕方ないと言う事で

発売は多分一週間か二週間後ぐらいになるかと

もっとも、推敲の段階でありえないぐらい大幅改編しなければの話ですが

小説・願いの魔法途中経過

前に書いた通り、現在小説願いの魔法の第六巻の執筆中です

現在全体の三分の一ぐらいまで執筆完了しました

大体いつも新人賞の規定と同じぐらいか少し少ないぐらいなので、量としては薄いラノベ一冊分ぐらいだと思います

このペースで行くと年末ぐらいには書き上がるんじゃないかと思います

内容的には1~5巻までは魔法学園物……というか、学園物に魔法が出てくる感じでしょうか

六巻からはちょっと展開が変わって、学園の話が出てこなくなる予定です

魔法もの書いてるわりにはバトルシーン書くよりもキャラクターの心情とか書いてる方が楽しいっていうね

ちなみに、もう一つの小説のこの広い世界でっていうのは、学園ものでこっちは人間ドラマ(?)みたいな作品になってます

どっちももうラストの展開は考えてるので、早くそこに辿り着きたいとと思いつつ、まずは今書いている話を完成させます


追記
友人が冬コミに参加します
サークル名「夢見亭」(三日目,東ポ53b)
「Artificial Life」と「アルカディア旅行記」のディスク版を依託予定です

小説のプロット完成~

アルカディア旅行記のデバッグが終わってからネタがなくなってたのですっかり放置してしまったブログを更新してみたり

ともかくも小説のプロットが完成したので、夜にでも友人に見てもらってから書き始めようかと思います

実際に書き始める段階になれば、執筆の休憩がてらアルカディア旅行記の追加パッチの準備でもしようかと

そうすればブログのネタも出来て一石二鳥になるという

ちなみそのアルカディア旅行記なんですが、製品版実はもう販売してたりします

詳しくはHPの方で

メロンブックスとDLsiteはもうちょっと後になるかと
作品一覧
サークルプロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
  • RSS
  • Dlsite blog