女喜悲鳴Blog

こちらはhttp://www.uresi-himei.com/ 内のブログです。

気になるモノ

ZBrush3覚えなきゃ!

100220昨日に続いて3Dソフトの話ですが、次回制作のために覚えないといけないソフトがもう一つありまして、それがZBrushです。

ZBrush

ZBrushはまあ、おおまかにいえばシワを描くための3Dソフトでして、今回の「逆★姦禁凌辱クラブ」では服のシワや、男のナニの血管とかを作り込むのに使ってます。
まあ、男のナニの方はモザイクかけるので、作り込む必要は全くなかったのですが、遊びでZBrushを使って浮き出た血管を作りこんで、かなりリアルに作っています、モザイクをといてお見せ出来ないのが残念です...。

これを作った時にすでにZBrushは3が出ていたのですが、どうも使い勝手が良く分からず、ずっと使ってた手馴れた2で仕上げました。
で、その後、全くZBrushを使う機会がなかったので、すでにバージョンが3.5になってる今でもまだ3を使うことができないままです;
ZBrushは、1から一度もバージョンアップ代というものを取られていないようでして、2→3.5も無料なので、さっさとバージョンアップして勉強しておきたいところです。

LightWave COREが正式名?

100219今回の「逆★姦禁凌辱クラブ」は、主にLightWaveという3Dのソフトを使って制作したのですが、そのLightWaveが今度大きなバージョンアップするということで、かなり期待してます。

LightWave CORE

いままでは出来なかったことが出来るようになれば、いろんな面白い表現がもっと簡単に出来るかな〜と。
個人的にレンダリングまわりが強化されてたら嬉しいのですが、どんな感じになるのかな?

ただ、そろそろ発売するハズなのですが、あまり情報が出てこないのがちょっと心配です。
まあ、とりあえずはmodoで、女の子のモデリングが終わってからの話になるのですが、次回の制作のために使えるようになっておきたいので、なるべく早く出て欲しいところです。

セーラー服の購入はひとまず保留

100213昨日の話の続きですが、あれからいろいろ調べていたら、制服のシワの資料用の本というものがあるようでして。

写真と図解でわかる 衣服のシワ上達ガイド (マンガ作画資料) (単行本)

この本を探しに今日、本屋に行ってみたのですが、うちの近所の本屋には置いてなくて、中身が見れなかったのは残念ですが、どうやら、この本は学生服メインのようですので、買ってみようかと思います。
この本を参考に、次回、制服のモデリングをしていこうと思います。

...でも、セーラー服をたくし上げて、ブラは下にずらして、おっぱいがプルンと出た時の、制服のシワがどうなるのか?とかは載ってないのでしょうねえ;
あと、セーラー服の脱ぎ方、脱がし方くらい載ってれば最適なのですが、それもきっと載ってないでしょうねえ。
まあ、ともかく、家に置いといたら後々にでも役に立つかなあ〜とは思うので購入してみようとは思っていますが...。

資料用です!(キリッ

100212女の子の制服、特にセーラー服とか欲しいのです。
...が、ちょっと躊躇してます。

セーラ服の脱がし方だったり、半脱ぎの状態のシワの入り方だったり、細かい部分を3Dで作るために見たいだけなのです。
次回の3Dアニメ制作のための、あくまでも資料用です。
けっして何か別の用途で使おうとか考えてませんヨ?いや、ほんとに。

調べてみると制服関連は、いまならコスプレショップとかアダルトショップとか、他にも普通に学校関係のお店でも買えるようです。
ただ、セーラー服を買うというのは、かなりハードル高いな〜っと...。
ふつうにエロい雑誌や漫画やDVDならまだ家にあったとしても、まあまあいいとしても、セーラー服を家に持ってるってのは、かなり別格です、ヤバイです;
資料用といってもねえ...やっぱりねえ...;ウ〜ン、どうしようかなあ。

あっ!着せ替え人形とかで、セーラー服バージョンとか買えば良いのか!
最近のドール関連の服ってよく出来てるって聞くし。

...あ、いや、でも、それはそれで、人形のセーラー服を半脱ぎにさせて、スケッチしたり写真とったりなんかしてたら、さらに変態レベル的に高いかんじになってヤバそうだ;

iPad、気になってます

100128アップルのiPad、出ましたね。
http://www.apple.com/jp/ipad/
私個人としては、いますぐ欲しい!と思わせるものではないのですが、日本でマンガが電子書籍で販売されるようになったら、すぐにでも欲しいところです。

単行本だけでなく、今週のジャンプのワンピースだけとか、雑誌の気になる記事の部分だけとか、買えたり出来るようにならないかな〜?
サイズ的には単行本の倍のサイズくらいなんだろうか?
見開きである程度の大きさで見れないと、マンガは2Pにわたるコマとかあるから困るし...。

なんにせよ、本...というよりもマンガの電子化は、本棚から押し入れまでギッシリとマンガで埋まって困ってる自分としては、かなり有り難いんですけどねえ。
あとは同人誌とかも販売されるようになったりするのかな?

これからどうなるのだろう、興味深いですが、今のところ、あまり買う気はないかも?
ただ、アップルの商品は画面で見てると、まあ、面白そうかな?と思う程度ですが、実際店頭で見て触るとその場で欲しくなってしまう、妙な感覚になってしまうようです。
アップル嫌いで、iPhoneも出たての頃はむちゃくちゃ否定してた知り合いが、少し前にiPhoneを購入してたりして、なんだかなあ〜;と思ったり...。
まあそんなわけで気にはなりますが、少しの間は発売されても本物は見に行かずに、ネットで情報を集めるようにしたいと思います。

ScanSnapとな!?c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

100120私はメモ魔なので、何でもかんでもメモ帳に記入しては、部屋いっぱいに貼りつけています。
特に制作メモに関しては、デスク周りに分からないこと、解決したこと、試してみたい技術のメモなんかがびっしりで、メモの上にメモが何重にも貼ってあるというカオスっぷりです。
次回のアイデアとか技術のメモも書いて貼ってあるはずなのですが、このままでは探すのも大変で、いつか何とかしないといけないなあと思ってました。

で、そんな中、最近ちょっと気になってるのがScanSnapです。
http://scansnap.fujitsu.com/jp/
今日のスタパブログでも取り上げられてますが、どうなんでしょうねえ、コレ。
うまく使えば、全てのメモをデジタル化して、整理整頓できるようですが。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/stapablog/
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/45018.html
サークルプロフィール
作品一覧
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog