新宿のバルト9で一週間だけ上映されるというので相方ちゃんと観に行った。
1時間ちょいで1300円。
結構広い席はほとんど埋まっている。

以前深夜でやってた「峰不二子という女」の作画監督が作った次元のスピンオフ。
スピンオフっていってもルパンも不二子も銭形も出る。出ないのは五右衛門だけ。

思うに次元はロマンで生きているのね。

そして男はロマンが大好きで、次元は男のロマンという形をした男なのね。




ネタバレ・感想はこちらで→次元大介の墓標・ネタバレ&感想