あああ~、ルパン終わっちゃったわね~。


峰不二子 峰不二子コレクションTMSシリーズ LUPIN the Third -峰不二子という女-より 完成品フィギュア DIVE ver. トムス・エンタテインメント 3月発売予定

価格:7,140円
(2014/2/8 20:01時点)


峰不二子という女(前篇)

巷を騒がす少女誘拐事件。

身代金目的の誘拐であるとみて捜査が進む中、不二子だけは気づいていた。

世界各地で多発している少女誘拐事件は、場所も状況も違うが、一連の事件をつなげるある法則性がある、と。

そして、その事件に関わる人物の名前が浮き彫りになる…。

その人物とは、峰不二子の過去を知る者。

不二子は自分の過去に決着をつけるため、ある場所へと向かうのだった…。


峰不二子という女(後篇)

峰不二子という女とは何者なのか…。その真実が今、明らかになる。

そして、数奇な運命に導かれるかのように、ルパン三世、次元大介、石川五ェ門、銭形警部が集結する。

やがて、全てを操っていた黒幕がついに姿を現す……。

どの物語にも始まりがあり、必ず終わりがある。

そして、例外なく峰不二子という女の物語も終焉を迎える時がやってきた…。


LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX【Blu-ray】 [ 栗田貫一 ]

価格:16,678円
(2014/2/8 20:02時点)
感想(2件)



まあ不二子ちゃんの過去を捏造しちゃう話じゃなくてよかったわ。

結局なに?  人体実験されて自由を奪われた子が「峰不二子ファン」になって彼女の人生をおっかけてたってこと?

それにしちゃ、12話でルパンが「峰不二子の過去が消えてる」とか(うろおぼえ)言ってたのはなんだったのかしら。

そしてあの無駄な階段は必要だったの?
まあ無駄っていえば遊園地全体が無駄なんだけど。
そしてあそこでオスカたん出すのも無駄だったような。

蛇足というか。


でもオスカたんが生きてて行方不明、ということで
銭形+オスカの続きは同人誌でってことなのね。

わかったわ。
夏コミが楽しみだわ。

kokr
jane

このあと
「次元大介という男」とか
「石川五右衛門という侍」とか
「銭形幸一という刑事」とか
「オスカーというホモ」とか
続けてやってくれればいいのに。

なにせこのアニメは「キャラクターデザイン」はかっこよかったわ。
キャラクターがかっこいいかは別として。

キャラクターのかっこよさって、絵だけじゃなくてセリフや演技や
つまりそのキャラクターの生き方だから、
キャラクターがかっこいい、とはこのアニメでは言えないのよね。

ルパンのキャラクターがかっこいいと言えるのは

「マモー編」だと思うの。

ルパン三世 ルパンVS複製人間【Blu-ray】 [ 山田康雄 ]

価格:4,178円
(2014/2/8 20:00時点)
感想(6件)



※ 画像は全て 日本テレビ LUPIN the Third ~峰不二子という女 より