やっぱりオスカたんのこと書いておかなきゃ。


今回は自分であらすじを。


ルパン担当からはずされた銭形。
あざ笑うかのように峰不二子から盗みの予告状が連日届く。
盗み自体を楽しむルパンと違い、不二子は盗品そのものを目的とするのに、なぜ予告状を?

予告の当日、狙われたティアラはすでにすり替えられていたものだった。
銭形は犯行が警察内部のものの仕業と考える。

実はオスカーが不二子に変装して盗んでいた。
しかし銭形はその犯罪に対して動かない。
いらだったオスカーはとうとう殺人まで犯してしまう。

ルパンを追う銭形ならば、ルパンに変装すればいい、なのに不二子に変装して犯罪を犯すのは、あなたがかつて峰不二子が銭形警部から受けた、あの取り調べを受けたいのだ。執拗に甘く濡れ、絶え間なく規則的なあの……とフクロウに図星をさされ彼らの手に堕ちるオスカー。

一方不二子は五右衛門に匿われ、やっていない自分の犯行に混乱していた。

やがて宝石で飾られた革命の花嫁のドレスを奪うという偽不二子からの犯行予告。
その夜銭形はオスカーに初めて出会った日の思い出を語る。

孤児であったオスカーは手に入れた1フランを守るため命を賭ける。
その姿に誇りを感じた銭形は、意に染まぬ汚職の片棒を担がず上司を告発し、出世の道から外れた。

「その小僧から教えられたんだよ。どんなに汚れた手でも決して手放してはいけないものがある。たとえどんなにちっぽけでも、そいつを手放した瞬間、ほかの何を手に入れたって、見る間に味気ない砂になる。……俺は誇りを守りきるものを信じる」

その言葉にオスカーは駆け出し、橋に取り付けられていた爆弾を抱えて川に身を投げる。

「こんな俺でもあなたは信じてくれるというなら、あなたのその想いを俺は守りたい」

死の淵でオスカーは夢を見る。守りたかった黒い宝石──強い意志を宿す、─まっすぐな銭形警部の黒い瞳。

宝石で飾った花嫁衣装を着てオスカーは幻の銭形に手を伸ばす……




いや、でも。
最後にフクロウが画面よぎってオスカたんびっくりしてたわよね? え? 来週復活?
改造されて銭形のことなんか覚えてなくて銭形を殺しにきたらすごい展開になるんだけど。

ただこの回は銭オス好きなアタシはおもしろいBLとして見たけど、ルパンの話としてはどうなの。
ゲウトキャラであるオスカーの恋愛話になっててルパンの話じゃないわよね? 橋の下で爆弾解除してオスカーを見送ったルパンはかっこよかったけど。

オスカーが峰不二子の過去にかかわっているなら「峰不二子という女」というタイトルに遜色はないけど、まるきり関わらないただのBLアニメっていうなら、この回はむしろ必要なかったわ。オスカーをギャグキャラにしてきゃっきゃうふふで銭形のおっかけさせておくだけでよかったのに。

(その方が死なせちゃうより腐女子的に妄想萌えあがらせれたのに~(笑))

【数量限定】DXルパン三世 峰不二子フィギュア 2001年製【ルパン三世/フィギュア】

価格:7,980円
(2014/2/8 19:52時点)



※ 画像は全て 日本テレビ LUPIN the Third ~峰不二子という女 より