FICTIVENESS

新しい『表現』

編集の高町ミズハです。こんばんわ。

衣谷より新しい『表現』が送られてきたので、掲載します。


――――――――――――――――――
募金
節電
買いだめしない
祈ること

僕たちにできることは少ないけれど
落ち着いて

僕たちが焦ってしまっては
本当に必要な人に届かないものがあるから

僕たちが気持ちを届けるなら
まず 深呼吸して

そのお米は いま必要?
ガソリン灯油 本当にないの?
ボランティアにでて 何ができるの?
ツイートするその情報 本当に正しいの?

もし 問いかけに自信を持って答えられるなら
きっとそれは本当のこと
でも ちょっとでも迷いがあったら
きっとそれは焦っているあかし

だから 深呼吸
スーってして ハーってして
もう一度 考えよう
被災地にできること
――――――――――――――

衣谷より『表現』

編集の高町ミズハです。こんにちは。

衣谷より『表現』が届きましたので、以下に掲載いたします。

――――――――――――――――
衣谷創です。今回の東北地方太平洋沖地震において被災された皆様に対し、お見舞い申し上げいたします。お亡くりになられた多数の方のご冥福を祈るとともに、現在行方不明となっている方の早期発見および生存、そして一日も早い復興を強く切望する次第であります。
私衣谷創としてなにかできる事はないだろうかと考えたとき、できる事があまりない事にいら立ちともどかしさを覚えました。できる事は発信と提供と表現。できる限りの事をしてまいりました。そして今回、表現によってなにかアクションをおこしたいと考えてもおりまして、今回の作品を発表するに至りました。微々たる力ではありますが、なんらかの力になる事を祈ってやみません。
#Pray for Tohoku, #Do for Tohoku, #Act for Tohoku, #Cheer up Tohoku



『詩版・花もどる』

轟音という誰かの声 おぞましい悪魔の声
悪魔が声を上げて 波は止まること知らず
おぞましいそれに 叫び声をあげてみるも
無力な叫びは しかしかき消されて

どす黒い水 
ひっくり返されるバケツ 
目の前を流れゆく 花が一輪
こだまする誰かの叫び声

みんなのひそひそ声の中 恐ろしいそれらの声
それら 地面を揺らす声 耳に残るバケツをひっくり返す声
この世界を作ったのは人智を超えたものだとはよく言う
だとしたら 声の主はソレ
ソレらはワーワー言いながら
地面を揺らしたり
バケツをひっくり返したり
ソレは無知に遊んでいる
ソレは悪魔

広大なお花畑
たくさんの花が枯れてしまって
私は一本の花を守るので精一杯
私の花に水も満足にあげられなくて
何本か 全ての花びらが落ちた
私の花に視線を落とす
私の花 しおれかけている

誰かがそっとジョウロを置いてくれた
私のお花にかけてあげて
隣の花にも 花びらがいくつか欠けた花にも
でもジョウロの水は少し
すぐになくなって
まだ弱っている花いっぱい

迷彩服の人がやってきた
一人だけじゃなくて 何人も
一人は大きなタンクを背負って
ほかのみんなはジョウロ 私と同じもの
巨大なお花畑に散開して
弱ったそれらに澄んだ色のシャワー
みんなに雨がもたらされて
しおれた花びらに輝くしずく
でも目を移すと 黒ずんで弱った花びら

知らないお兄さんたちがやってきた
日本語をしゃべっていないお兄さん
たぶん英語 中国語 韓国語 フランス語
両手にジョウロを持って
大きな散水機を持って
軽くなったら水を足してくれて
花がしずくにおおわれる

みんなが花を助けてくれて
多くの花がシャワーを浴びる
人々の波 花々を救う波
その声は勇気に満ちていて
ソレの声を追い払う
悪魔の遊びを止めさせる

黒ずんだ花が落ちた
落ちた花のそば 新しい芽が萌える

※当サークルホームページにおいて、『表現』を掲載しております。
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/hyougen.html

新作さん。

編集の高町ミズハです。こんにちわ。

ただいま衣谷の新作個人誌をよんでいる最中です。以前の短編であればさくさく読み終わってしまうものなんですが、今回は中編。従来のものよりも倍以上の長さで、ただいま半分読了です。

今回の作品は、衣谷が各作品の系統からすれば、どちらかといえばオール讀物系統のものですね。要は、ファンタジーじゃないよ、ということです。それもかなり難しいものをテーマにしています。わたしはこの手のテーマの小説は読んだ事がありません。エッセイの類では読んだ事がありますが。

でもまだ爪の甘いところがありますね。もっと取材をすれば、もっと質の良い作品になったでしょうに。

……という半分宣伝半分文句の記事でした。

連載「黒い雨に赤く滴り」第12回

掲載URL
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/kuroakaportal.html


編集の高町ミズハです。こんばんは。

ということで第12回、これをもって「黒い雨に赤く滴り」の連載は終了します。いつの間にか最終回なんです。

本来ならこれより2週間程度をもって掲載終了、そののち3ヶ月後に販売開始、という事ですが、3週間程度を持って掲載を終了するとのことです。衣谷のことです、2週間程度の掲載を10日前後で終わらせるのだから、きっと15日ぐらいで削除されてしまう事でしょう。

読みたい人はお早めに。そして購入して頂くと私たちはありがたいです。

連載「黒い雨に赤く滴り」第8回

「黒い雨に赤く滴り」第8回
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/kuroakaportal.html


編集の高町ミズハです。こんばんわ。

今回の掲載で第二部終了です。次回からは第三部、おたのしみに。

連載「黒い雨に赤く滴り」第7回。

黒い雨に赤く滴り=第7回=
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/kuroakaportal.html


編集の高町ミズハです、こんばんわ。
はやくも第7回です。この調子だと、衣谷が参加する学園祭のあたりに発売時期が重なりそうです。

「黒い雨に赤く滴り」連載第6回

掲載URL
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/kuroakaportal.html


編集の高町ミズハです。こんばんわ。
ついに第二部突入です。第二回以降は2週間で掲載終了ですから、お見逃しなく(といっても、第2,3回目はすでに掲載終了してしまっているのですが)。


ということで。
そろそろ衣谷の個人誌の体裁を任される時期が近づいてきました。ですが、いつもの時期に連絡がないのであれ? と思っています。明日にちょっと様子見の連絡をしようかなと思っています。ただ、この段階で決めているのは、今年の奥付はシンプルな構成にしようという事ですね。誌面の前面に、ではなく、さりげない奥付を。

あと、就職活動も、インターンの応募とかありますからね、それもやりながらの作業です。

連載小説第4回

「黒い雨に赤く滴り」第4回掲載中↓
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/kuroakaportal.html
----------------------------------

編集の高町ミズハです。こんばんわ。
ついに第一部終了です。次回から第二部です。

連載小説第3回

「黒い雨に赤く滴り」はこちらで連載中↓
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/kuroakaportal.html

編集の高町ミズハです。こんばんわ。

第3回の公表です。衣谷はなんだかまた不安定な状態になったようなので、とりあえずほめてあげてください。

連載小説第2回目

「黒い雨に赤く滴り」はこちらで連載中↓
http://ninoninofevor.xxxxxxxx.jp/kuroakaportal.html

編集の高町ミズハです。こんばんわ。
というわけで、第2回目です。あと、掲載期限に変更があったので、注意してください。
Webmoney ぷちカンパ
WebMoney ぷちカンパ
作品一覧
サークルプロフィール
TWITTER
Blogram
blogram投票ボタン

FC2 ブログランキング