The Blue Sky GenerationのBlog

The Blue Sky Generetionのkawajanzのブログです。 発売中の作品に『世界史B ALL下ネタゴロ合わせ年表』と『Fate/for the permanent peace (成人向け版)』があります。

SS

冬木市麻雀戦争(序章/試作)

最近は、おとボク2体験版をやってハイテンションになっておりますkawajanzです。あの懐かしい世界観と、新鮮なキャラクターが堪らない!!やばいっす。面白すぎます。そろそろおとボクSSも更新しないとまずいなぁ。

閑話休題
えー、ブログでひっそり公開します。「冬木市聖杯戦争(序章)」でございます。はっきり言って、序章すぎて淡泊ですが、まぁ書いてしまったので残しておきます。本編は、俺がプロット書いて絵師様に漫画化してもらえたらいいなぁと思ってます。たぶん、相当先の話になるかなぁ……。ウェブ拍手のコメントとか、アンケート次第で、我々の意気込みも変わるかも……。でもまぁ、麻雀は文章化不可能と悟りましたし、絵でないとダメとなると、やっぱり絵師さん次第になってきます。

ではでは、スタート

「冬木市麻雀戦争(序章/試作)」

「藤村先生がこの前持ってきたモノがあるでしょ?」
藤ねぇはどこからか普通では手に入らないような物を貰ってきては、家へ持ってくる。しかし、結局は使うことなく土蔵に封印される。おかげで土蔵はガラクタだらけだ。
「この前って、和太鼓とか、たこ焼き用の鉄板とか、一輪車とか、卓球台とか、バーベルとかの話?」
「……何それ?正気?」
「土蔵行くと置いてあるぞ。正直、笑うしかない」
藤ねぇが持ってくるモノには、規則性もへったくれもない。
「……そんなのはどうでもいいわ」
藤ねぇが持ってくるモノは本当に奇想天外なのだ。遠坂が欲しがるモノがあるとは思えないのだが……。
「それより、自動麻雀卓があったでしょ?」
「……ああ、あれか」
確か二週間程前に藤村組の人たちが運び入れてくれていた気がする。あの時は何事かと思ったが、箱の中身が自動麻雀卓なのを見て腰を抜かした。覚醒剤とかだったら雷河爺さんをどう説得しようかとひたすら考えていたのに……。
「あんなに立派な麻雀卓、使わなきゃもったいないでしょ?」
そういえばアレは新品だった気がする。藤ねえの家には自動麻雀卓が何台もあったから、雷河爺さんが好意で家に運んでくれたんだと思うが……。
「……でもなぁ、家に麻雀できる人なんていないだろ?」
まぁ、藤ねぇならバリバリできるだろうが、今日は期末試験の採点で来れないと言っていた。
「覚えて来たわ」
さすが遠坂。やることが早い。
「でもなぁ、二人じゃできないし……」
俺がそう言うと、居間の襖が開き、桜が中に入って来た。
「先輩、そろそろ昼食を作りませんか?」
「おっ、もうそんな時間か」
俺は立ち上がって台所に向かおうとした。
「ねぇ桜、麻雀できる?」
無謀にも遠坂は桜に質問していた。
「できますよ」
「そうだよな。桜が麻雀をできるわけな……って、えっ?」
今桜、できるって言わなかったか?
「桜、麻雀できるの?」
「ええ、できますよ」
さも当たり前のように桜はそう答えた。
「これで三人目ね」
勝ち誇った顔で遠坂は言った。
「まぁ三人いれば確かに麻雀はできるけど……三人麻雀は高い役が簡単に出るから面白くないぞ」
まぁ、遠坂はそっちの方が面白いかも知れないが……。
「なら、もう一人集めればいいじゃない」
簡単に言うが、麻雀ができる人なんて俺たちの周りにいるとは思えない。
「……あっシロウ、ご飯はできましたでしょうか?」
セイバーも居間に入ってきた。遠坂と話しているうちに、どうやら昼食の時間になってしまったようだ。
「…悪い。今作るからもう少し待ってくれ」
「……はい」
悲しそうな表情を浮かべこちらを見つめてくるセイバー。これほどまでに切なげな顔をされると居たたまれなくなってくる。昼食を作ろうと慌てて台所に向かって歩き始めた。
「セイバー、良いところに来たわ。貴女って、麻雀できる?」
今度こそ無謀な質問だろう。セイバーが麻雀をやっている姿なんて、想像もできない。
「ええ。できますよ」
セイバー、今なんて言った?
「セイバー、麻雀できるの?」
「はい。麻雀のルールや点数計算の仕方は、英霊の座から与えられる現代の知識の一つですから」
なんだそれ。麻雀の知識が与えられるって、一体英霊の座って何なんだ?
「はい。これで四人ね。もうできないなんて言わせないわよ」
俺は唖然として立ち尽くしていた。

二人を繋ぐモノ【後編】 -あとがき-

皆様、本当に、いや本当に長らくお待たせいたしました。二繋後編書き上げました。いやはや、時間かかった。まぁ、この場でそのあとがきを書こうかと思います。話を弾ませるために、若干ネタばれが入ってくるかもしれませんので、そういうのが嫌な方はスルーするか、SSを読んでからまた来てください。実際、私もあとがきにネタばれはよくないとラノベで思ったりもする人間ですが、コレはブログですので許してください。


※じゃあ、遠慮なくネタばれ含みます。


-あとがき-

いやー、前編の方はものの何週間かで書き上げたって言うのに、後編には二か月もかかってしまいました。いやー、ちょっと大変だった。最初のリクエストだった欲求不満SSは、割とすんなり構想が決まりました。前編で、士郎が凛の浮気フェイクをして思い悩むセイバーに士郎がラブへと持ち込んでいく展開は、けっこう楽に思いついたのです。しかしながら、そのあと後編を書くとなると筆が止まってしまって・・・。たぶん、前からこのブログを読んでくれている方は、私がどんな深みに嵌って行ったかは既に知っていると思います。とんでもない方向に話がそれて、短編どころか長編の様相を呈してきちゃったのです。それはまずいと、慌てて軌道修正して、今回のように奇麗に纏める事ができました。まぁ、『俺にしちゃあ頑張った・・・』と思っています。

さて、話はどうでした?私が思うかっこいいプロポーズその①なんですけど、だめですかね?書いてて、いい感じだってなってました私は。

士剣もなかなかいいですねぇ。ただ、私が書くセイバーはどんどんエロくなっていっちゃいました。これは、今まで男として生きてきた反動なんです。仕方ないんです。というか、エロいセイバーが可愛くなっちゃって軌道修正できませんでした。凛もそうですが、普段きりっとした人物が、エッチの時にはあどけなくエロい一面を見せちゃうと俺はダメです。やられます。

って、そんなことはどうでもいい。ともかく書いてて楽しかったです。ハム子様には感謝ですね!

私の属性は士凛ですが、今回みたいにリクエストがあれば何でも挑戦するかもですよ。BLは厳しいですが、士郎×言峰とか士ギルとか・・・www やばい、ギャグとしてなら面白そう。

干莫氏も加わったことですし、私もこれからどんどんSSを書いていけたらいいなぁと思います。頑張ります!!

二人を繋ぐモノ【前編】-あとがき-

The Blue Sky Generation R-18の方で「二人を繋ぐモノ【前編】」をうpしました!!リクエストSSということもあって気合い入れて書いたのですが、果たしてどうでしょうか?若干文章が荒くなってる気もしますが……。

※以下はネタバレを含みます。



さて、前編はリクエストであった欲求不満爆発編を書きました。ちょっと、物語の流れのせいでハム子様のリクエストにあった「セイバーさんが攻め」にはできませんでした。ただ、次の後編ではセイバーさんに攻めさせるので期待してください。後編はロンドン旅行編です。これから書き始めるので、何かリクエストがありましたら掲示板にカキコしてください!ではでは、今日はこの辺で…Bye!

二人を繋ぐモノ

 先日、掲示板の方でリクエストをいただきました!ハム子様、ありがとうございます。

 士剣SSで旅行モノもしくは欲求不満爆発モノを書いてくれ!!とのことですので、とろけるような士剣恋愛SSを執筆中です。うーんと、完成にはそれなりに時間がかかりそうです。たぶん18禁サイトに短編小説として掲載します。というわけで、ちょいと触りだけ公開します!

(『Fate/stay night』セイバールート後にセイバーが現界しているという設定で、聖杯戦争から丁度一年後ぐらいの時期です。士剣は恋人同士です。)



『二人を繋ぐモノ』

風呂上がり、私は居間の前にいた。シロウが中にいることはわかっている。それでも、中に入れずにいた。
《なぁ、遠坂。どこがいいと思う?》
《そんなの自分で決めなさいよ。私が決めたって意味がないでしょう?》
《そうだけどさ……》
 居間の中からは、仲睦まじそうに話すシロウと凛の声が聞こえてくる。
《なぁ遠坂、セイバーにはくれぐれもこの話は内緒だぞ》
《わかってるわよ》
 どうやらシロウは私に隠し事をしているらしい。
《セイバーもそろそろ風呂から上がってくるだろうし、今日はこのくらいにしとくか》
《士郎、紅茶》
《はいはい。ちょっと待ってろ……》
 シロウはどうやら台所の方へ入っていったらしい。しばらくの間、私は廊下で立っていた。そして、居間の中に入っていった。
「今、お風呂を上がりました。いいお湯でした」
「おっ、セイバー上がったな。じゃあ、先に入っていいか、遠坂?」
「いいわよ。もう少しここでゆっくりしてたいから」
「そうか。じゃあ、お先に失礼」
 そう言って、シロウは居間から出て行った。いつもと変わらぬ様子で………。

 

桜、風邪をひく 2

「桜、風邪をひく2」

先輩が用意してくれた朝食を食べ終え、先輩のバイト先へ持っていく差し入れを手早く作る。
「これで、よし」
料理をタッパーに詰め風呂敷で包む。これで買い物に行く準備は整った。
「サクラ、おはようございます」
居間の方に戻るとライダーが用意された朝食を食べていた。
「おはよう、ライダー。ごめんね、朝ごはん先に食べちゃった」
「起きるのが遅い私が悪いのでそれは構いませんよ。それよりサクラ、少し顔が赤くはありませんか?」
そういえば、先輩からほっぺにチューされてからずっとぼぅとしている。
「大丈夫。それよりライダー、先輩のバイト先に差し入れを持っていくから留守番をお願いできる?」
すると、突然ライダーがわたしのおでこを触って来た。
「サクラ、やはり熱があるみたいですよ。差し入れは私が持っていきますからサクラはゆっくり休んでいてください」
ライダーが心配してくれていることはわかる。ただ今日だけは、わたしが行かなければ意味がない。
「わたしが行くから。ライダーは留守番してて」
「そうですか。しかし、やはり休んだ方が……」
「じゃあ、留守番よろしくね」
 有無を言わさず即座に行動に出る。居間を出て一旦部屋に戻り、買い物に必要なメモと上着を取って、玄関へと向かった。そこに、ライダーと姉さんが立っていた。
「桜、ライダーから聞いたけどあんた熱があるんだって?」
「ありません。姉さん、そこをどいてくれますか?」
 靴を履いて、無理矢理姉さんとライダーの間を通ろうとした。しかし、姉さんに捕まり、姉さんはわたしのおでこを触った。
「部屋で休んでいなさい。かなり熱があるわ」
「嫌です。先輩の所に行くんです」
「おとなしくわたしの言うことを聞きなさい。桜は聖杯と繋がっていたのだから普通の人とは違うのよ。少し体調を崩しただけで魔力が暴発して死に至る可能性だってあるわ。桜が思っているより深刻な状態なのよ」
 確かに姉さんの言うとおりだ。だけど、それでも今日だけは……。
「サクラ、お願いです。自室でゆっくり休んでください」
「嫌っ。今日は先輩の所に行かなくちゃならないのよ」
 なんとか姉さんとライダーを振り払って外に出た。しかし、足下はおぼつかず視界もぼやけて見える。頭は沸騰するようにガンガンと痛みはじめている。非常にまずい、このままではこの場に倒れかねない。
《なんで、こんな大事なときに風邪をひくの》
 この日をずっと楽しみにしていた。今日は先輩に喜んでもらうために、最高のチョコレートを作ろうと張り切っていたのに、なんで……。
《これじゃあ、バレンタインに間に合わないよ》
 準備に残された日数は今日を含めて三日しかない。今日を逃せばもう……。
《行かなくちゃ》
 気持ちとは裏腹に、体は前に進まない。わたしは塀に寄りかかり、そのまま倒れ込んだ。
《うぅっ……先輩……》
 意識が朦朧とし、わたしの視界は真っ暗になった。
訪問者数
サークルプロフィール
現在発売中の作品





最新コメント