The Blue Sky GenerationのBlog

The Blue Sky Generetionのkawajanzのブログです。 発売中の作品に『世界史B ALL下ネタゴロ合わせ年表』と『Fate/for the permanent peace (成人向け版)』があります。

2011年02月

ぱっと思いつくさーてぃーん!!マンガ編

マンガ編です。最近お金がなくて買ってないんですけど、まぁ発表していきましょう!!


1,MONSTER(浦沢直樹)
2,咲 -saki-(小林立)
3,アカギ(福本伸行)
4,医龍(永井明)
5,Dr.コトー診療所(山田貴敏)
6,最終兵器彼女(高橋しん)
7,MASTERキートン(勝鹿北星,浦沢直樹)
8,真月譚月姫(佐々木少年)
9,鋼の錬金術師(荒川弘)
10,MOON LIGHT MILE(太田垣康男)
11,二十世紀少年(浦沢直樹)
12,HUNTER×HUNTER(冨樫義博)
13,Fate/stay night(西脇だっと)

大体は有名なんで説明は然程必要ないかと思います。

浦沢直樹は外せないですね。浦沢作品では、ヤワラやHappy系統より、僕はシリアス系が好きです。

咲は非常に好きです。咲ラジの頃からファンで、アニメ化決定した時は狂喜乱舞しました。咲の中の人が大好きなんでねwww

麻雀漫画ではアカギも外せない。特に鷲巣編は面白い。鷲巣麻雀やってみたいですねぇ。賭けとかなしでww

医龍は最近とんでもない展開になって激アツな漫画ですよね。ドラマもやってましたが、断然漫画の方が好きです。ドラマでやってたと言えばDr.コトー診療所もそうですが、漫画がやたら面白いですよ。やっぱりドラマ化すると質は下がってしまうと僕は思うのです。是非とも原作を読んでもらいたいです。

そして、MOON LIGHT MILE。宇宙を開拓する話なのですが、設定がリアルで、本当に起こるんじゃないかと思ったりします。アメリカ軍とか、月の裏側に基地をもってるって事実なんじゃないかな?www

読んでないものがあったら読んでみてください。Amazonリンク貼っておきます↓

パッと思いつくさーてぃーん!!ラノベ編

今日は、ラノベ編です。今回は型月作品など、当たり前のものは省きます。(※
一部例外)

1,Fate/Zero(虚淵玄、星海社文庫)
2,マリア様がみてる(今野緒雪、コバルト文庫)
3,俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ、電撃文庫)
4,処女はお姉さまに恋してる~櫻の園のエトワール~(嵩夜あや、ファミ通文庫)
5,バッカーノ(成田良悟、電撃文庫)
6,イリヤの空、UFOの夏(秋山瑞人、電撃文庫)
7,Kaguya 月のウサギの銀の箱舟(鴨志田一、電撃文庫)
8,キノの旅(時雨沢恵一、電撃文庫)
9,狼と香辛料(支倉凍砂、電撃文庫)
10,とらドラ(竹宮ゆゆこ、電撃文庫)
11,ゼロの使い魔(ヤマグチノボル、MF文庫J)
12,おと×まほ(白瀬修、GA文庫)
13,ムシウタ(岩井恭平、角川スニーカー文庫)


挙げるまでもなかったので、言っておきます。空の境界は絶対読んでください。
そういや、最前線ってサイトで空の境界の漫画が連載してますよ。今、割と話題の最前線。虚淵さんの小説もあるんで、是非チェックですね!!

さて、マリみてはおとボクをやらなきゃ絶対読むことはなかったと思います。百合でお嬢様って、真人間の男性なら避けるであろう匂いがぷんぷんする小説ですが、これが面白い。ストーリーとしては確かに単純ではあるんです。しかし、そこにこそこの小説の神髄があると思います。日常的な出来事の中に純化された乙女たちの想いが詰まっている。少し倒錯した世界観だからこそ人間を垣間見ることができるのかもしれません。

バッカーノを書いた成田良悟さんは、『Fake/state night』でファンになりました。あの視点の切り替えは絶妙ですよね。登場人物たちの運命が交錯する姿、成田作品どれを取っても迫力があります。デュラララも非常に面白いです。

なんだかんだファンタジーと恋愛っていう二大ジャンルが好きなわけですね。僕は……。その割りには、現実に埋没しながら二次元に生きている。まぁ、無い物
ねだりってことで……www

訪問者数
サークルプロフィール
現在発売中の作品





最新コメント