ナイツ・オブ・メサイア【真実の答え】が販売開始されました。

ナイツ・オブ・メサイア【真実の答え】

何卒よろしくお願い致します。

(1)「Ci-en」で無料フォローすると、サンプルCGが見れます。
https://ci-en.jp/creator/1145/article/42850
【Ci-en】サンプルCG はこちら。


(2)シーン回想部屋にある扉を開く鍵、「秘密の鍵」を無料フォローでダウンロードできます。
https://ci-en.jp/creator/1145/article/42849
【Ci-en】「秘密の鍵」はこちら。


(3)無料フォローで、攻略ページが見れます。
https://ci-en.jp/creator/1145/article/44915
【Ci-en】攻略ページはこちら。





(1)過去作の攻略ページは、こちらから。
http://b.dlsite.net/RG08225/archives/cat_50053760.html
過去作の攻略ページはこちら。



お世話になっております。gyuです。

ここ最近は、親友に誘われて故郷巡りというものをやっています。
昨日も行って来ましたね。

AR081_L

過去を振り返る人は今が充実していないから。と言う人もいますが
今を見つつ少し過去を振り返る程度なら良いかな、と私は思います。
創作のヒントになる事もあるので、必ずしも無駄ではないのですよね。

昨日は生まれ育った街のプールに行って来ました。
少し変わっていましたが、おおまかには変わっていません。

そこで無邪気に遊んでいる小学生達を見て、
あ~・・あの頃はこの場で、こうやって感情の赴くままに大声出して遊んでいたんだなぁ。
と、今との違いを感じてしまいました。

陵辱や寝取られなど作っていると、ドロドロした気持ちになる時もありますからね。
子供の時は何も知らないし、真っ白な白紙なので。

子供の頃にタイムスリップしたような感覚になるのが面白いです。
時間が経つと、施設やお店が潰れている事が多々あるので期間限定かもしれません。

AR072_L

で、いつの間にか親友の悩み相談になっていました。
会社の上司らの風当たりが日に日に酷くなっているとの事で・・

無視に殺すに、とにかくエグイ内容ですね;とにかく罵声が酷いようで。
私ならすぐに辞めそうですが・・親友は仕事できそうなタイプなんですけどね。

とりあえず結論としては、気にしたら負け。
というより、何事も気にしたら損なんですよね。
たいてい相手側に問題があるので、放っておけば良いのです。私はそうしてますね

話がそれましたが、故郷巡り、たまにはいいものですよ。
街並みが変わらないうちに行った方が良いと思います。

以上です。

お世話になっております。gyuです。
エロRPGにおける燃え・感動について語ります。

これはRPG作者内で、真っ二つに意見が割れるテーマだと思うのです。
「いれたい」と「いらない」で分かれます。どっちも正解だと思います。
実際、私もメサイアを作る時に、かなり頭を悩ませたものでした。

CW016_L

基本的にエロRPGと一般RPG要素は相性が悪いと言われています。
それでも入れたい・・私もそうでした。様々な意見を頂戴しました。
「そんなのいらんからエロ作れ!」「入れて欲しい。」という感じですね。
アンケートをとれば、50% :50% くらいかもしれません。

結論から言うと、あっても良いと思うし無くても良いと思います。
ただ入れても、やはりエロがメイン料理なので、そこまで重要視されないかもしれませんね。
やはりエロゲーなので、お客さんは抜き目的で買っている方が多数かと・・

ただですね、私個人の体験でいうと、他作品のRPGで燃え要素を見た時、
へ~格好いい!面白い!と思って、気分が良かった事があります。
作者目線だからかもしれませんが、好感が湧きましたね。作者さんの魂を見た感じです。

しかし、エロRPGに一般RPG要素をくっつけるという事は単純に納期が延びます。
そうまでして入れたいのか・・?そこのジレンマですよね。
入れないなら入れないで、ユーザーとしては抜ければいいので、そこで文句は無いと思うのです。

本当に奥の深いテーマで永遠の課題なのですが、私は入れても許してやって欲しいなぁと思います。
RPGというのは、作者も何年もかかって作っています。3年くらいは平均してかけてますかね。
一生のうちの3年というと凄いもので、人生を賭けている!という人も中にはいると思います。

k

<※画像はリニ VS 竜楼 戦より>

作者にとっても感慨深い思い出の作品になるのですよね。
私はですが、そういった燃えや感動を少し入れましたが、
結果的に入れて良かったな、と思うのです。

DL数や評価、お金の問題ではないのです。
ずっとその燃えや感動が、後の自分を支えくれるというか・・自分得で自分幸せ、自己満足です。
やってやった。って感じですね。自分の中でズシンとメサイアは脈々と私の中で活きているのです。
笑われるかもしれませんが、それが今のモチベーションに繋がっているなら、入れる価値はあったと思います。

とはいえ・・燃えとのギャップがあるのでエロシチュが抜けた。
というコメントを何件か頂きましたので、全く悪いという事は無いかもしれません。

以上です。


お世話になっております。gyuです。
ネットは疑心暗鬼になりやすいなぁ・・が今回の内容です。

私も記事を投稿した後、よく修正をします。
あ~しまった・・あんな事を書いて誰かを傷つけてしまっただろうか。
これは嫌われてしまったなぁ・・など。しょっちゅうあります。

GC076_L

私に関してはですが、誰かを嫌ってるという事はありません。
(私が誰かに嫌われている事はよくあるかもしれませんが・・;)

要するに、疑心暗鬼になってしまうのですね。
会った事も無い相手だと余計に。

しかし意外と、相手が嫌っているとは限らないと思います。
最近そういう事も結構あったもので。私が勝手に疑心暗鬼になっていただけです。

ツイッターもSNSも誤解を与えてしまうツールだと自分も読むほうも
自覚しておいた方が良いのかもしれません。
疑わしきは罰せずです。直接嫌いだ。と聞くまでは判断しない方が
心が楽かもしれませんね。

ネットは難しい。言葉は難しいものですね。不特定多数の色んな方が見ていますので
私も今後、出来るだけ読んでいる方を傷つけないよう、細心の注意を払いたいと思います。
それでも傷ついてしまった方、傷つけてしまった方がおられたなら、ごめんなさいです・・。

とはいえ、あまり堅苦しすぎても記事はつまらなくなります。
言葉に気をつけながら、面白おかしくいきたいなぁと思います。

以上です。







お世話になっております。gyuです。

お盆ですね。今日は墓参りに行ってきました。

終わった後、いつも寺でぼーとしてますが、こういう時間は結構いいです。線香の匂いがいい。
我々はいつも情報社会にいます。特に私なんかはデジタル人間な感じなので
ああいう場所は落ち着きます。変ですが子供の頃に戻ったようなタイムスリップな感覚になりますね。

FB072_L

そういえば最近のデジ同人会社は、サークル交流会というものがあります。
各地で一年に一回ですが、もうすぐ始まりますね。私は興味本位で一度だけ行った事があります。

どんな感じなのかと言いますと・・私が初っ端感じたのは、
皆さん、服装がお洒落です。

スーツで来ている方もいましたし綺麗でした。
社長、デザイナーみたいな感じかもしれません。

そして名刺。もしサークル様が此処を見ておられるのなら
これは絶対に持っていった方が良いですね。えーっと・・・?となります。
サークル名を書いた札を首から下げますので、安心ではありますが。
gyu?あ~・・と私を知っている方もおりましたね。

私が行ったのはDLサイト様開催のサークル交流会でしたが、
その時に初めてお会いしたので、感激でしたね。

皆、DLサイト様に、どんなのが人気あるの?steamはどうなの?
みたいな話を囲って聞いている感じです。
なかなか直接話す機会はありませんので。

そして人気のあるサークル様達は、皆ワイワイしている
雰囲気がありましたね。



上記は私が個人的に感じた事です。
交流が好きな方は、行って損は無いものだと思います。

以上です。
(※問題発言や失礼な文章があった場合、御連絡頂けましたら消去します・・お気軽に。)

お世話になっております。gyuです。
以下は私が勝手に思っている事です。

ここ最近といいますか、2016年くらいからかな。
RPGの新規参入が、爆発的に増えた気がします。
それによって引き上げられるクオリティ・・
クオリティを高くしようとすると、長期制作になりがちです。

2015年くらいまでは、一部の人しか知らなかった、
知っている人は知っているRPG業界だったのが
一般の人の目にも触れ、サークルもお客さんも増えた気がするのです。

AR003_L

私の同人に全く興味のない大工関係の友達もですね、
メサイアの広告画像を見た事がある。あんた、これを作ってる人だったのか・・!
なんて言われましたからね。
それだけ市場規模が大きくなったのでしょう。

で・・・?だからなに・・・?どういう事かと申しますと、
レッドオーシャンになったけど、チャンスは広がった。
みたいな感じかもしれません。

SEOみたいな感じかもしれませんね。
ビッグワードを狙うより、スモールワード。
ちょっと変わった作風の、皆がやってない作品がウケル時代かもしれませんね。

以上です。

↑このページのトップヘ