クリスマスなので更新を。
本日は、邪神アリスフィーズの支配する世界での四大精霊を紹介します。
魔界の四大精霊は、知られているものとはちょっと違うようです。

・アンブロシア
1
魔界における風の精霊。
吹きすさぶ風の支配者で、エルフの形で具現化している。
常に嘲笑するような笑みを浮かべているが、言葉を放つことはない。
突風の音のみが、彼女の声なのだという。


・ロア
2
魔界における土の精霊。
押し寄せる土の支配者で、泥人形の形で具現化している。
大地を埋めるほどの泥を自在に操り、分裂や巨大化も可能。
無邪気で人懐っこく、イタズラとおしゃべりが大好き。


・ガタノソア
3
魔界における水の精霊。
荒ぶる水の支配者で、水竜の形で具現化している。
激流のような性格であり、その言動は常に荒々しい。
闘争心も非常に高く、武芸百般に通じているという。


・グリモワール
4
魔界における炎の精霊。
静かなる炎の支配者で、ゴーストの形で具現化している。
冷徹な性格ながら、無慈悲な炎で全てを焼き尽くす。
静けさと孤独を好み、ガタノソアとは特に仲が悪い。


なお、誠に申し訳ありませんが1月の更新はお休みさせて頂きます。
2月にまたお会いしましょう。