今回も「男の子のための触手図鑑」の参加絵師様を紹介します。

01
・サックスライム
非常に一般的な搾精スライム。
飛び跳ねるように移動し、股間に飛びついて雄生体を襲う。
そのままゼリー状の体内に沈み込ませるように陰茎を包み込んでくる。
粘液は細かに流動しているため内部は温かく、男性器は温もりに浸される。
そのまま粘体を蠕動させて快楽刺激を与える事により、数分で獲物は精液を放出してしまう。
その後も体全体を収縮させる搾精動作はどんどん早くなっていき、何度となく射精に追い込む。
しかし獲物が衰弱死するまで搾る例は少なく、搾精は3~5回程度で終了し解放される。

※作品内図鑑解説より抜粋

02
03
正義のヒーロー少年、ガイアレッドは悪の組織に捕らわれてしまった。
女幹部の魔娼軍ランゾネスは、ガイアレッドを性的に拷問。
サックスライムを用い、力の源であるエナジーを搾り尽くそうとする。
まだ未熟なペニスをサックスライムに包み込まれたガイアレッドの運命は?
エナジーを搾取され、悪の女幹部に敗れ去ってしまうのか……?

イラスト:ほんのしろみ



04
・触手風呂
特殊なバスタブに複数の触手を寄生させた快楽器具。
触手先端には肉粒が密集、ブラシ状となっている。
そこから粘液の泡を分泌、獲物の体を洗うように摩擦し刺激するという性質を持つ。
浴槽の中には大量の触手と泡粘液が満たされており、入ってきた者を快楽責めにする。
特に性器が徹底的に洗い尽くされ、男ならば男性器が、
女ならば女性器がブラシ状触手で摩擦される。
奉仕にも似た快楽刺激の中で、悶えながら何度も絶頂を繰り返す事になるだろう。
さらに男性の場合、吸引型の触手で陰茎を咥え込まれ、精液を搾り出される事もある。
浴槽の中にいる限り快楽刺激は延々と行われ、10時間を超える使用は衰弱死を招くとされる。

※作品内図鑑解説より抜粋

05
若くして、巨額の財産を相続してしまった少年。
屋敷のメイドは触手風呂を用意し、少年を快楽で籠絡しようとする。
その目的は、少年の後見人となり膨大な遺産を自分のものにする事にあった。
少年は触手の快楽に溺れ、メイドの手玉に取られてしまうのか……?

イラスト:ワラビモチー