七大天使紹介2

・ウリエラ

1
天界の最高戦力である七大天使の一人にして、万物の破壊者。
七大天使の中でも群を抜く肉体能力を備え、攻撃力も防御力も極めて高い。
全身に搭載した無数の神器は全てイリアスが独自開発した破壊兵器であり、
その一つ一つが伝説級の武器を上回る力を備えている。
戦闘能力のみならば、七大天使最強のミカエラにも並ぶとされる。
その反面魔力は極めて低く、直情型で知謀や深慮にも欠ける。
正面からの単純戦闘ならば六祖をも圧倒する力を秘めているが、
その短慮さにつけ込まれれば不覚を喫する可能性も大いにある。

かって女神と邪神はそれぞれ究極の生物兵器(ウェポン)の開発を試み、
両者とも一体ずつ試作型を完成させたものの、共に暴走し計画は破棄された。
ウリエラは、女神が過去に着手したウェポン計画の産物であり、
あらためて設計を練り直され、完成に至った機体という噂も囁かれている。
また「智の同盟」という謎の組織から技術供与を受け、ネクストドールという
自律戦闘兵器をベースにしたとも言われるが、詳細は不明である。

ウリエラは力の信望者であると同時に、戦闘を心より愛する戦士である。
弱者や無能な者を軽蔑する一方、強者であれば敵や魔物であっても尊敬する。
また彼女はある種の騎士道精神を備え、口にした約束は断じて違えない。
戦いこそが生きがいであり、己の存在価値と感じているにもかかわらず、
聖魔大戦終結以後は満足する戦いを一度も体験していない。
心のどこかでは己の強すぎる力に憂いを抱き、好敵手を熱望しているという。

なお天界では、女神イリアスよりノア地域の統治を任されている。
ノア地域は神民として不適格とされた人間が世界中より集められ、
事実上の劣等市民隔離地域となっている。
また、女神に尽くす事で生存を許された魔物達もノア地方に送られる。
そのような地ゆえ、ウリエラを頂点とする戦闘型天使達が目を光らせ、
反乱の芽を未然に摘み取っているのである。

ノア地域の首都グランドノアには、天界全土でも名高いコロシアムが存在する。
そこでは年に一度武道大会が行われ、優勝者はウリエラに挑む資格が与えられる。
ウリエラに打ち勝つ事ができれば、どんな望みも叶えられるという事だが、
彼女に勝った者はいないどころか、優勝者が挑戦権を放棄するケースが大半である。
ごく稀にウリエラに挑む剛の者が現れるも、5秒以上リングに立っていた者はいない。


2
戦いの次に、ウリエラは男を嫐る事を悦びとしている。
特に強者を性的に打ちのめすのが最大の愉悦であり、
捕らわれた罪人は死ぬまで嫐り抜かれる。
その女性器さえ兵器に比されるほど強力で、内部を熱するも締めるも思いのまま。
ウリエラの膣にペニスを包まれてしまえば、苛烈な蹂躙が与えられるという。

六祖紹介3

・禍撫
01
全ての粘魔の祖であり、究極の群体生物と称される粘体妖魔。
その体には数億の生命を擁し、無数の人格を持つとされる。
他の六祖と比べ魔力で劣るものの、変幻自在の粘体による能力は多彩。
膨張や収縮も自在であり攻撃能力は高く、また物理攻撃はほぼ無効化する。
禍撫を倒すには、その身に秘めた数億の生命を一瞬で消滅させる必要があり、
一片でも残ればたちまち元の姿に再生してしまう。
ゆえに生命力は極めて高く、六祖の中で最も滅ぼすのが困難とされる。
炎や聖エネルギーが弱点であるものの、それでさえ一気に滅ぼす事は極めて難しい。
神かそれに近い力がなければ、禍撫を消滅させる事は不可能とさえ言われている。

邪神の支配する「魔界」と呼ばれる異世界において、禍撫はグランドノアの統治を任されている。
グランドノアには清き水が満ち、スライム系の魔物や水棲モンスターの聖地となっている。
ただ禍撫は統治に興味を示さず、配下の妖魔に丸投げにしているようだ。
また現在、女神イリアスの支配する並行世界「天界」との最終戦争に備え、
生命ある妖星兵器「デミウルゴス」の開発が佳境に入っている。
その稼働において、禍撫は大きな役割を果たしているらしい。

02
禍撫の体には無数の生命が存在し、その維持に膨大なエネルギー供給が必要となる。
ゆえに禍撫は非常に貪欲であり、絶えず人間の精液や血肉を求めている。
とはいえ領民を貪り尽くす訳にもいかず、精液の摂取は奴隷階層の男達からの搾精にとどめ、
肉の摂取(すなわち捕食)も犯罪者のみを対象に行っている。
よってグランドノアでは犯罪者の摘発が極めて厳格に行われ、微罪でも摘発される。
逮捕者は禍撫の元に引き立てられ、捕食されてしまうという事態が横行しているという。
禍撫の粘液で包まれてしまえば、どんな男でも理性が吹き飛ぶほどの快楽を味わう。
ペニスが粘体に飲み込まれれば、ありったけの精液を禍撫に捧げる事になるだろう。
そして幸福感さえ抱きながら禍撫に包み溶かされ、骨さえ残さず消化されてしまうのである。



・魔界における反乱軍
かつての聖魔大戦により、邪神の軍勢は女神イリアス率いる天界軍を壊滅させている。
しかし天使の残党は現在まで生き残り、反乱軍を率いて徹底抗戦を繰り広げているという。
大戦後に奴隷となったり、実験施設に収容された天使達を解放すべく、
幾度も妖魔が支配する都市に攻撃を仕掛けているが、目に見えた成果は上がっていない。
もっとも邪神と六祖が完全統治する世界、圧倒的不利な状況下でなおも抗戦を続けている事自体が、
反乱軍の精強さと、指導者のリーダーシップの証明であるとも言えるだろう。

03
反乱軍のリーダーは、かつては最上位に属する天使であったという。
女神イリアスが滅びる直前に残したという、「とある堕天使が光を導く」という予言を信じ、
生き残った天使達を率いて絶望的な抗戦に身を投じ続けている。
その正体は、いったい何者なのだろうか……?

[新作]サキュバスに犯される合同誌 HELL編

サキュバスに犯される合同誌 HELL編
1620円/ポイント10%
サキュバスに犯され、精液を搾り取られる合同誌を2冊同時発売! こちらは、力尽きるまで精を搾り尽くされるHELL編です。
18禁マンガ画像(JPEG)

[新作]サキュバスに犯される合同誌 HEAVEN編

サキュバスに犯される合同誌 HEAVEN編
1620円/ポイント10%
サキュバスに犯され、精液を搾り取られる合同誌を2冊同時発売! こちらは、比較的穏便な末路を辿るHEAVEN編です。
18禁マンガ画像(JPEG)

サキュバスに犯される合同誌、発売日決定

x1x2
 「サキュバスに犯される合同誌 HEAVEN編」と「サキュバスに犯される合同誌 HELL編」の
発売日が8月30日に決定しました。お値段はどちらも1500円+税となります。
なおHEAVEN編は175ページ、HELL編は182ページと雑誌並の大ボリューム。
HEAVEN編も相当にハードとなっておりますので、甘々エンドがお好みの方はご注意下さい。
モブは容赦なく搾死しますし、主人公も割と悲惨な末路が多いです。
なおHELL編の主人公は全員死亡します。

さて今後のブログ更新ですが、9月には平常通り六祖&七大天使紹介に戻ります。
また次回は、エデンもびっくりの新キャラ公開もありますのでお楽しみに。
なお下の画像は当方の愛聴しているクラシックCDであり、特に他意はございません。
3
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog