「反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみた」第5話をお送りします……



反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDLsiteで買う 反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDMMで買う
「反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみた」ついに発売しました。全話読みたい方は是非製品版をご入手ください。
「はぁっ、はぁっ、はぁっ……お、おふぅっ」
ヨロヨロヨロッ……

 射精し終わった後、桜雅はひたすら息を切らしてしまう。
 おかしな緊張に苛まれる中、まさか屋外でいやらしい行為などを迫られてしまうなど思いもしなかった。
 涼楓に抱きついたまま、つい身を捩らせずにいられない……興奮が弾けた途端、下半身にとんでもない状態が出来上がっていたのだ。
 快感の余韻に浸っている間も、ひとりでに身震いを引き起こしてしまう。

ドクッ、ドクッ、ドクッ……ヌロヌロヌロォッ。
(どうしよう、オチンチンが言うことを聞かなくなっちゃって……いやらしいもの、こんなに沢山漏らしちゃってるんだ!?)

 ワンピースの内側に出来上がった格好を、桜雅は嫌と言うほど思い知らされる。
 ただでさえ女の子の格好をさせられて大変なのに、涼楓にいやらしい行為を迫られてしまった……オチンチンを何度も刺激させられて、まんまと射精してしまったのだ。
 縮み上がった部分に精液がしつこく絡みついてきて、さすがに気持ち悪くてたまらない。
 はしたない行為を屋外でやり遂げてしまった事実に、すっかり圧倒させられていたのだ……

「もう、桜雅ってば。自分だけ先に気持ち良くなっちゃうなんてズルいじゃない、一体どう言うつもりなのよ……!」
「か、母ちゃん……ひんっ!?」
ギュムッ。

 恥ずかしがってばかりいる桜雅をよそに、涼楓はすぐに言葉を切り出す。
 勃起した逸物を突きつけながら、とんでもない欲求を突きつける……まだ満足出来てないので、いやらしい行為に付き合うよう迫っていたのだ。
 思い掛けない涼楓の言いつけに、桜雅も思わずひるんでしまう。
 文句を言う間もなく、いきなり抱きつかれてしまったのだ。

「風雅、私のお股をちょっと見てもらえないかしら……こんな格好のままじゃお外なんて歩けそうにないはずだし、もうちょっとだけ付き合ってもらえないかな?」

 桜雅を強引に抱き寄せながら、涼楓はさらに言葉を続ける。
 兜合わせだけでは満足出来そうになかったので、すぐにでも自分の逸物を慰めるよう詰め寄っていく。
 本人の意見も聞かず、しっかりと勃起した部分を見せつける……一人だけ先に絶頂へ達してしまったのを、どうしても見過ごせそうになかった。
 これからどんな風に弄んでしまおうか、つい興味をそそられずにいられない。

「そ、そんな……今度は何をしてきちゃうつもりなのさ……きゃんっ!?」
ヒクヒクヒクッ。

 涼楓の言い分に耳を傾けながら、桜雅は慌てて文句をぶつける。
 いくら物陰に隠れていても、いやらしい行為などを屋外で繰り広げられそうになかった。
 恐る恐る涼楓の様子を窺っていた矢先、すぐに言葉を詰まらせてしまう……下半身を探り出してきたかと思えば、とんでもない代物を見せつけられていたのだ。
 とっさに視線を逸らした後も、あまりに気まずくてたまらない。

カチャカチャカチャッ、プルンッ。
「そんなの、決まってるじゃない……私の大きくなったオチンチン、これから風雅にしゃぶってもらうつもりなんだから?」

 俯いてばかりいる桜雅も構わず、涼楓はすぐに準備を始める。
 ズボンを下ろすと、勃起した逸物を平然と取り出す……興奮を静めるため、すぐにでも口淫してもらうつもりでいたのだ。
 堅く張り詰めた部分を突き出しながら、先端を咥えるよう言い放つ。
 桜雅の柔らかそうな唇から、どうしても目を離せそうになかった。

「や、やだっ! 一体どうしてオレが、母ちゃんのオチンチンなんか咥えなくちゃいけないのさ……んんっ!?」
フルフルフルッ……

 あまりに考えられない涼楓の欲求に、桜雅はますます困り果ててしまう。
 目の前に逸物を突き出すだけでも考えられないのに、またしてもいやらしい行為などをせがんできたのだ。
 慌てて文句をぶつけている間も、ついひるまずにいられない……誰かの逸物を咥えるなど、どんなに考えてもこなせそうになかった。
 何とかして逃げ出したくてたまらない中、どうしても涼楓の元から離れられそうにないのだ。

ギュムッ。
「さすがに風雅も知らないみたいだけど、これもいやらしい遊びの一つなの。ちゃんと咥えてくれるまで、絶対にここから逃がしてあげないんだから……!」

 嫌がってばかりいる桜雅を強引に取り押さえたまま、涼楓はおかしな言いつけを始める。
 いやらしい行為の一種だと、わざわざ耳元で言い聞かせていく……どんなに本人が嫌がっても、無理にでも口淫させる魂胆でいたのだ。
 桜雅の返事を待たないうちに、しっかり張り詰めた部分を顔の前に突き出す。
 おかしな興奮をすぐにでも発散しなければ、もう気分が収まりそうになかった。

ドクッ、ドクッ、ドクッ……
(母ちゃんのオチンチン、さっきからこんなに揺れてきちゃってて……ホントに、いやらしい気持ちになっちゃってるんだ!)

 涼楓の逸物を目の当たりにさせられた途端、桜雅は複雑な感情に苛まれていく。
 自分のものとは比べ物にならないほど、あまりに立派な形状を見せつけられていたのだ……表面が脈打つ様子に、つい見惚れずにいられない。
 未だに気まずくてたまらない中、しっかり張り詰めた先端からどうしても目を離せそうになかった。
 少しも理由が掴めそうにないまま、ひとりでに胸が高鳴ってくるのだ……

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……んむぅっ」
クチュプッ。

 おかしな衝動に任せて、桜雅はとんでもない行為を引き起こす。
 恐る恐る唇を近づけると、自分から逸物を咥え始めたのだ。
 ほんの少し唇で挟んだだけで、しっかりとした堅さや熱気が一気に伝わってくる……どれだけ淫らな感情を募らせているのか、ありありと痛感させられる。
 自分でもよく分からないうちに、少しずつ口の中へ含んでしまうのだ。

チュパッ、ピッチュ、ヌチュヌチュッ。
「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ……その調子よ、桜雅。もっと根元の方まで、舌を押しつけてもらえるかしら?」

 桜雅の顔を少しずつ引き寄せながら、涼楓はそっと語りかける。
 やっと逸物を頬張ってくれたので、口淫のやり方を助言することにしたのだ。
 たっぷり舌先を押し当てるようせがみながら、口内へ逸物を押し込んでいく……柔らかい唇や舌先がぶつかるたびに、あまりに心地良くてたまらない。
 大事な部分を桜雅に咥えさせるうちに、言い表しようのない優越感が一気に湧き上がってくる。

「お、おふぅっ……」
ピチャピチャピチャッ、チュプッ。

 涼楓に言われるまま、桜雅はひたむきに逸物を舐め回す。
 舌を何度も押し当てるたびに、逸物が根元から揺れ動いてくる……喉の奥底まで突き刺さりそうな、あまりに立派な形状に圧倒させられていたのだ。
 未だに気恥ずかしくてたまらない中、いやらしい行為へ耽っていく。
 気づいたら先端だけでなく、胴体の方まで丹念に舌先を押し当てていたのだ。

「ん、んふぅっ……桜雅も、だいぶオチンチンをしゃぶるのに慣れてきたみたいね。折角だから、いいものをたっぷり飲ませてあげるわね?」
ギュムッ!

 下半身を投げだしたまま、涼楓はすぐに言葉を切り出す。
 初めてのはずなのに、桜雅が夢中になって逸物へ食いついてくる……ここまで素質があったなど、さすがに予想外だった。
 桜雅の顔を引き寄せたまま、さらに奥底まで逸物を突き立てていく。
 舌が絡みつくたびに、すぐにでも絶頂へ達してしまいそうな勢いだった。

「お、おごぉっ……!?」
グリュグリュグリュッ!

 不意に涼楓が仕向けてきた行為に、桜雅はさらに弱り果ててしまう。
 まだ慣れてないはずなのに、いきなり逸物を口の中へ押し込んできたのだ。
 張り詰めた部分が喉の奥底まで潜り込んできて、さすがに苦しくてたまらない……どんなに身を捩らせても、下半身から少しも離れられそうになかった。
 舌を押し当てるたびに、口の中で何度も逸物が跳ね上がってくる。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……あと少しでオチンチンが気持ち良くなっちゃいそうなんだから、きゃふぅんっ!?」
ガクガクガクッ、ビクビクビュクンッ!

 慌てている桜雅も構わず、涼楓はとんでもない宣言を始める。
 あと少しで絶頂に達してしまいそうだったので、すぐにでも射精してしまうつもりでいたのだ。
 逸物を根元まで押し込んだまま、しきりに身震いを引き起こす……いやらしい興奮を、少しも抑えられそうになかった。
 全身が一気に火照ってきて、逸物がひとりでに揺れ動いてくる。

「ふ、ふぐぅうっ……!?」
ブビュルビュルッ、ビチビチビチィッ!

 口の中に繰り広げられる状況に、桜雅は呆気に取られてしまう。
 逸物が根元から跳ね上がってきて、先端から熱い液体が一気に飛び出してくる……ついに絶頂に達してしまったらしく、何の前触れもなく射精を引き起こしてきたのだ。
 とっさに唇を窄めたまま、つい呻かずにいられない。
 粘ついた液体が大量に雪崩れ込んできて、口の中を続々と満たしてくるのだ。

「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ……ん、んくぅっ!」
ドロドロドロォッ……ゴクンッ。

 立て続けに脈打ってくる逸物から少しも唇を離せないまま、桜雅はおかしな行為を引き起こす。
 呼吸を取り戻したいあまり、口内に溜まった精液を少しずつ飲み下していたのだ……精液が口の中で纏わりついてきて、ついうろたえずにいられない。
 何とか喉の奥まで押し流した後も、今まで口にしたこともない味わいや異臭が一気に押し寄せてくる。
 いやらしい行為をやり遂げてしまった事実を、とんでもない形で思い知らされていたのだ。

ギュムッ……
「はぁっ、はぁっ、はぁっ……桜雅の口、とっても気持ち良くってたまんなかったわよ。ちゃんとオチンチンを咥えてくれたご褒美、これからたっぷりプレゼントしてあげなくっちゃ……?」

 桜雅の口に逸物を押し込んだまま、涼楓は思わず息を切らしてしまう。
 逸物を頬張りながら、精液を飲み込む様子をじっくり眺めていたのだ……唇から白く濁った液体を垂らす様子に、つい注目せずにいられない。
 だいぶ病みつきになってしまったらしく、段々と柔らかくなっていく部分にずっと食いついてくる。
 快感の余韻に浸りながら、夢中になって精液を放り込んでいたのだ。

「ん、んふぅっ……」
ゴポゴポゴポォッ……ヌチョヌチョヌチョッ、コクンッ。

 少しずつ精液を飲み干すうちに、桜雅は吐息を洩らしてしまう。
 息をするたびに、濃厚な精液の風味が続々と立ち昇ってくる……今まで感じたこともない味わいに、すっかり酔いしれていたのだ。
 口の中で柔らかくなっていく逸物を咥えたまま、残りの精液を吸い出していく。
 涼楓のいやらしい本心を唇で受け止めているうちに、ひとりでに胸が弾んでくるのだ……




反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDLsiteで買う 反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDMMで買う
「反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみた」ついに発売しました。全話読みたい方は是非製品版をご入手ください。