「反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみた」第3話をお送りします……



反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDLsiteで買う 反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDMMで買う
「反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみた」ついに発売しました。全話読みたい方は是非製品版をご入手ください。
「お、おふぅっ……」
クネクネクネッ、ビュルビュルビュルッ。

 射精の勢いが収まった後も、桜雅は少しも起き上がれそうになかった。
 幾度となく身を捩らせながら、ひたすら息を切らしてしまうのだ。
 オチンチンが段々と柔らかくなっていく中、残っていた精液が続々と垂れ落ちてくる……射精を繰り返すたびに、つい喘がずにいられない。
 言い表しようのない感情に任せて、自分から下半身を預けてしまうのだ。

ジュポッ、ジュッポ、グリュグリュッ。
(さっきまで、あんなに痛かったはずなのに……お尻の穴を弄られるのが、こんなに気持ち良くてたまんなくなっちゃってるなんて……!?)

 尻穴から押し寄せてくる刺激に、桜雅はすっかり翻弄させられる。
 涼楓の手によって肛門をかき回されるうちに、あっと言う間に絶頂へ達してしまった……自分でオチンチンを慰めるのとは段違いの刺激を、ありありと思い知らされていたのだ。
 腸内を捻じ曲げられるたびに、幾度となくオチンチンが揺れ動いてくる。
 快感の余韻に浸りながら、ひとりでに胸を弾ませてしまうのだ……

「や、やだっ! またオチンチンがおかしくなってきちゃってるかも……はうぅっ!?」
ムクムクムクッ、ブルルンッ!

 尻穴を弄繰り回されるうちに、桜雅はすっかり落ち着きを失ってしまう。
 ひとりでにオチンチンが跳ね上がってきて、またしても勃起させてしまったのだ……しっかりと張り詰めた部分の形状が、あまりに恥ずかしくてたまらない。
 とっさに下半身を押さえ込もうとした矢先、すぐに身悶えを引き起こす。
 はしたない本心を、思わぬ形でさらけ出してしまったのだ。

「ふふっ。桜雅ってば、本当にいやらしい子なんだから……!」

 桜雅の下半身をじっくりと観察しながら、涼楓はすぐに言葉を切り出す。
 ほんの少し尻穴をかき回してあげただけなのに、ここまで感じてくれるなどさすがに予想外だった……みるみるうちに起き上がっていくオチンチンに、つい視線を吸い寄せられずにいられない。
 尻穴に指を突っ込んだまま、腸壁を丹念に撫で回す。
 射精したばかりにもかかわらず、もういやらしい気分を掻き立てられてしまったようなのだ。

「か、母ちゃんってば……く、くひぃっ!?」
ギチギチギチィッ、チュルンッ。

 慌てて言い訳しようとした矢先、桜雅はすぐに言葉を詰まらせてしまう。
 腰をしっかり取り押さえられたまま、肛門から指を引っこ抜いてきたのだ……敏感な部分を刺激させられて、つい腰をくねらせずにいられない。
 やっと下半身から異物が飛び出した後も、勃起が少しも収まりそうになかった。
 自分でもよく分からないうちに、切ない感情に駆られていたのだ。

「も、もうお願いだから。恥ずかしい格好なんてあんまり見ないでよ……ひんっ!?」
ギュムッ。

 丸出しになった部分を誤魔化そうとした矢先、桜雅はすぐに悲鳴を洩らす。
 強引に押し倒されるうちに、気づいたらまんぐり返しの格好にさせられてしまったのだ。
 あっけなく身動きを封じられて、つい慌てずにいられない……あれほど肛門を弄繰り回されたばかりなのに、またしてもいやらしい行為などを迫られてしまった。
 どんなに身を捩らせても、起き上がったオチンチンや尻穴を少しも引っ込められそうにないのだ。

「や、やだっ! 母ちゃんってば、今度は何をしてきちゃうつもりなのさ……!?」
モゾモゾモゾッ、ヒクヒクヒクッ……

 間近から浴びせられる視線に、桜雅はますます弱り果ててしまう。
 はしたない本心を、勃起したオチンチンによって見抜かれてしまったのだ……慌てて顔を逸らした後も、つい縮み上がらずにいられない。
 あまりに気まずくてたまらない反面、どうしても身動きが取れそうになかった。
 これからどんな目に遭わされてしまうのか、考えるだけで胸の奥底を揺さぶられてしまうのだ。

プルンッ……
「そんなの、決まってるじゃない……そろそろ指だけじゃ物足りなくなっちゃったはずでしょう? 今度はもっと太いのを、桜雅のお尻に突っ込んであげるつもりなんだから……?」

 驚いてばかりいる桜雅も構わず、涼楓は着々と準備を整える。
 勃起した逸物を掴みながら、とんでもない宣言を始める……だいぶ肛門も解れてきたはずなので、このまま尻穴を使って性交したいとせがんでいたのだ。
 どんなに口では嫌がっていても、桜雅の本心は何もかも丸分かりだった。
 まるで物欲しそうにオチンチンを揺らしている様子など、どうしても見逃せそうにないのだ。

「そ、そんな! いくら何でもそんなに大きいのを入れられたら、ホントにお尻が壊れちゃうかもしれないって言うのに……んくぅっ!?」
グニュグニュグニュッ!

 涼楓が口走ってきた言葉の内容に、桜雅は思わず耳を疑ってしまう。
 指を押し込められるだけで精一杯だったのに、まさか巨大な逸物まで受け入れる羽目になるなど考えられない事態だった……慌てて文句をこぼしている間も、つい呻かずにいられない。
 腰を強引に引き寄せられた拍子に、逸物の先端を押しつけられていたのだ。
 未だにためらわずにいられない中、堅い感触を否応なく思い知らされる。

「あんな可愛らしい顔まで見せつけてきちゃって、今さら止めちゃうなんて絶対に考えられないんだから……それじゃ風雅、いくわよ?」
グイッ。

 桜雅の反応をじっと見据えながら、涼楓はさらに言葉を続ける。
 今さら止めるなど絶対に考えられなかったので、無理にでも桜雅の尻穴を弄ぶつもりでいたのだ。
 根元を掴んだまま、逸物を桜雅の肛門に押し当てる……徐々に広がっていく肛門の様子に、思わず視線を吸い寄せられていく。
 これからどんな喘ぎ声を聞かせてくれるのか、つい期待せずにいられない。

「ちょ、ちょっと待ってってばぁ……あ、あがぁあっ!?」
ギチギチギチィッ、ズブブッ!

 涼楓の元から少しも離れられないまま、桜雅はすぐに悲鳴を撒き散らす。
 腰を引き寄せられた拍子に、堅い何かが体内へ侵入してくる……巨大な逸物を突き立てられるうちに、いきなり尻穴へ潜り込んできたのだ。
 肛門をおかしな方向へ押し広げられるたびに、つい呻かずにいられない。
 まともな身動きすら取れそうにない中、幾度となく身を捩らせてしまうのだ。

メリメリメリィッ、グリュグリュグリュッ!
(どうしよう……こんなに太いのがどんどん入ってきちゃってる! このままじゃホントに、お尻の穴が裂けちゃいそうだよぉ……!?)

 身体の内側から押し寄せてくる刺激に、桜雅は言葉を失ってしまう。
 涼楓の股間にぶら下がっていた、あまりに巨大な逸物などを尻穴に押し込められてしまった……指とは比べ物にならない圧迫感に、つい困惑せずにいられない。
 堪え難い痛みに襲われるあまり、肛門が今にも引き千切れてしまいそうな錯覚に苛まれてしまう。
 すぐにでも異物を追い出さなければいけないはずなのに、どうしても自分から腰を引っ込められそうになかったのだ……

ミシミシミシィッ、ギュムッ。
「んんっ……! さすがに初めてだから窮屈かもしれないわね。でも、あと少しで全部入れられそうなんだからもう少しだけ我慢してもらうわよ……!」

 身悶えを引き起こす桜雅も構わず、涼楓は容赦なく腰を引き寄せる。
 堅く張り詰めた逸物を尻穴に押し込むたびに、窮屈な部分がしっかりと吸いついてくる……どうやら口では嫌がっていても、本心では尻穴を弄られるのを嬉しがっているらしい。
 桜雅の太股をしっかり掴んだまま、少しずつ腰を掴んでいく。
 ずっと待ち望んでいた行為を、今さら止めるわけにはいかなかった。

「ひぃっ、ひぃっ、ひぃっ……もうそれ以上突っ込んでこないでぇ、おごぉっ!?」
グリュグリュグリュッ、ジュププッ!

 必死の思いで泣き言を洩らしていた矢先、桜雅は身悶えを引き起こしてしまう。
 巨大な逸物によって尻穴をこじ開けられるうちに、あっと言う間に下半身を密着させてしまったのだ。
 身体の奥深くを突き上げられた途端、つい身を捩らせずにいられない……太い代物によって、今にも尻穴がはち切れてしまいそうな勢いだった。
 敏感な器官が今にも引き千切れてしまいそうな中、どんなに頑張っても身動きが取れそうにないのだ。

ジュポッ、ジュッポ、ゴリュゴリュッ!
「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ……桜雅のお尻がさっきからこんなに食いついてきちゃって。もうたまんないかも……!」

 身悶えを繰り返す桜雅の様子も構わず、涼楓はさらに逸物を押し込んでいく。
 やっと根元まで受け入れてくれたみたいなので、さらに桜雅の尻穴を弄繰り回すつもりでいたのだ。
 何度も腰を振りながら、つい吐息を洩らさずにいられない……先端から根元まで、肛門がしっかりと吸いついてくる。
 どれだけ桜雅が興奮しているのか、ありありと思い知らされる。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……も、もうそれ以上は駄目だってばぁ……!?」
ビクビクビュクンッ、ビチビチビチィッ!

 涼楓に抱かれるうちに、桜雅はすぐに喘いでしまう。
 身体の内側を何度も突き上げられた挙げ句、あっと言う間に絶頂へ達してしまったのだ。
 背筋を思いっ切り仰け反らせながら、ひとりでにオチンチンが揺れ動く……全身の火照りに合わせて、先端から熱い液体が飛び出してくる。
 下半身へ一気に刺激が押し寄せてきて、少しも堪えられそうになかった。

「もう、一人だけ先に気持ち良くなっちゃうなんてズルいじゃない。私だって、もうさすがに我慢出来そうにないかも……んくぅっ!」
ゾクゾクゾクッ、ドピュドピュドピュッ!

 射精を引き起こす桜雅の様子に気づいて、涼楓はさらに逸物を押し込む。
 どうやら桜雅も満足してくれたみたいなので、尻穴を使った性交をこのままやり遂げるつもりでいたのだ。
 巨大な逸物を腸内の奥深くまで捻じ込んだまま、しきりに身震いを引き起こす……全身が一気に火照ってきて、逸物の先端から精液が飛び出してくる。
 射精している間も肛門がしっかり食いついてきて、つい興奮せずにいられない。

ゴポゴポゴポォッ、ヌロヌロヌロォッ……
「あ、あふぅんっ……!?」

 身体の内側に押し寄せてくる感触を、桜雅は否応なく痛感させられる。
 腸内の奥深くまで潜り込んだ逸物が何度も脈打ってきて、先端から熱い液体が噴き出してくる……どうやら涼楓も射精してしまったらしく、続々と精液を注ぎ込んできたのだ。
 粘ついた液体が次々と波打ってきて、つい吐息を洩らさずにいられない。
 今まで感じたこともないような感情が、胸の奥底から一気に溢れ出してくる……

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……きゃんっ!?」
ギュムッ。

 涼楓に下半身を預けたまま、桜雅はひたすら息を切らしてしまう。
 幾度となく尻穴をかき回されるうちに、あまりに考えられない勢いで絶頂を迎えてしまったのだ……肛門を弄繰り回されるのがここまで心地良かったなど、さすがに思いもしなかった。
 快感の余韻に浸っていた矢先、すぐに悲鳴を洩らしてしまう。
 まだ射精を続けている途中なのに、またしても涼楓が抱き締めてきたのだ。

「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ……まだ当分止まんないみたいだから、風雅の中にいやらしいものをたっぷり注ぎ込んであげなくっちゃ?」
ビクビクビュクンッ、ブビュルビュルッ。

 桜雅の腰を抱き寄せながら、涼楓はさりげなく言葉を切り出す。
 尻穴を使った性交を最後までやり遂げた後、いやらしい感情を思いっ切りぶつけるつもりでいたのだ……尻穴がしっかり逸物に食いついてきて、とにかく気持ち良くてたまらない。
 いやらしい感情に任せて、続々と精液を放り込んでいく。
 蕩けた表情を浮かべている桜雅の表情を見つめるうちに、ひとりでに胸の中が弾んでくるのだ……




反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDLsiteで買う 反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみたDMMで買う
「反抗期の息子をフタナリチンポで雌堕ち再教育してみた」ついに発売しました。全話読みたい方は是非製品版をご入手ください。