「露出系Uチューバー・Uチューバー・ミサチャンネル」第3話『ノーパンで一輪車に乗ってみた』をお送りします……



露出系Uチューバー・ミサチャンネルDLsiteで買う 露出系Uチューバー・ミサチャンネルDMMで買う
「露出系Uチューバー・ミサチャンネル」発売しました。全話読みたい方は是非製品版をご入手ください。

 「あ、あと少しで脱げそうなんだから……えいっ!」
シュルシュルッ。

 公園に到着した後、光紗はそそくさと準備に取り掛かる。
 物陰に身を潜めると、ショーツを脱ぎ始めていたのだ。
 露わになったお尻に、冷たい風が一気に吹きつけてくる……片脚を引き抜いている間も、つい腰をくねらせずにいられない。
 何とかして体勢を保ちながら、ショーツを両脚から引きずり下ろしていく。

「脱ぎたてのパンツ、これからここに置いちゃいますね。もし欲しくなっちゃったら、ここまで取りに来てみてくださいね……?」

 ショーツを脱ぎ去ると、光紗はすぐに携帯を取り出す。
 脱いだばかりのショーツをベンチの上へ置き去りにする様子を、じっくりと撮影していく。
 丸まったショーツへ携帯を向けている間も、さすがに照れくさくてたまらない……まだぬくもりが残っていて、裏地も丸見えだった。
 しばらくここを離れるので、脱ぎたてのショーツを取りに来て欲しいと画面越しに頼み込む。

「ただ待ってるのもさすがに退屈なので、これからノーパンのまま一輪車に乗ってみたいと思います……よい、しょっと」
ギュムッ。

 ベンチから遠ざかると、光紗は次の準備に取り掛かる。
 下半身を丸出しにしたまま、あらかじめ持ち込んでいた一輪車を跨いでいく……誰かが取りに行くのを待っている間に、無防備な格好のまま公園を一周するつもりでいたのだ。
 丸出しになった部分にサドルが食い込んできて、ついうろたえずにいられない。
 ただでさえショーツを置き去りにするだけでも大変なのに、はしたない格好のまま一輪車を乗り回さなければいけないのだ。

ヨロヨロヨロッ……
(撮影しながらだと、さすがにバランスを取るのも大変かも……お尻もスースーしちゃってるし、このままじゃお尻を誰かに見られちゃいそう?)

 自撮り棒を握り締めると、光紗はそそくさと出発し始める。
 一輪車に乗っている様子を、きっちり撮影することにしたのだ。
 ペダルを踏み込んでいる間も、つい腰をくねらせずにいられない……片手が塞がっているせいか、なかなか思うように体勢を保てそうになかった。
 冷たい風が下半身に忍び寄ってきて、ひとりでに身震いを引き起こしてしまう。

フワッ……
「きゃ、きゃんっ……! まだ手が離せないのに、そんな急に持ち上がっちゃ駄目だってば!?」

 一輪車を乗り回すうちに、光紗はすぐに悲鳴を響かせる。
 不意に風が吹きつけてきて、あっと言う間にスカートを捲り上げられてしまったのだ。
 あっと言う間に下半身が丸出しになっていく様子に、つい圧倒せずにいられない……慌てて周囲を振り返りながら、泣き言まで洩らしてしまう。
 どんなに取り繕いたくても、片手だけではお尻を押さえられそうにないのだ。

「どうしよう、このままじゃお尻が丸見えになっちゃってるかも……はうぅっ!?」
クネクネクネッ。

 背後を振り返りながら、光紗はすっかり怖じ気づいてしまう。
 まだ出発して間もないのに、はしたない格好を屋外でさらけ出す羽目になってしまった……スカートが浮かび上がる様子を、つい意識せずにいられない。
 丸出しになった部分が気になって、ひとりでに身震いを引き起こしてしまう。
 すぐにでも下半身を取り繕わなければいけないはずなのに、いたずらにスカートが持ち上がっていく始末だった。

「どうしよう、一旦下りないとさすがにスカートを下ろすのは無理かな……あ、あうぅっ!?」
ギチギチギチィッ!

 ひたすら身を捩らせるうちに、光紗はさらなる状況に苛まれてしまう。
 捲れ上がったスカートをなかなか戻せないうちに、あっけなく体勢を崩してしまった……大事な部分に、サドルがしっかりと食い込んできたのだ。
 とっさに腰を引っ込めている間も、ついうろたえずにいられない。
 下半身を取り繕うだけでも精一杯な中、おかしな刺激にも堪えなければいけなかったのだ。

トクンッ、トクンッ、トクンッ……
(そう言えば、まだ撮影中なんだし……折角だから、もっと大胆なことしなくっちゃ!)

 体勢を立て直すうちに、光紗はおかしな物思いに耽ってしまう。
 はしたない格好のまま一輪車を乗り回しながら、自慰行為まで繰り広げてしまおうと考えていたのだ。
 地面の震動が響くたびに、つい腰をくねらせずにいられない……大事な部分を突き上げてくる刺激が、段々と愛おしくなってくる。
 撮影の最中だったので、当分は一輪車から降りるわけにはいかなかった……

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……あ、あうぅんっ!?」
グイッ、グイッ、グイッ……

 一輪車を跨ぎながら、光紗はすぐに息を弾ませる。
 自分から腰を押し込んで、股間をサドルに擦りつけていく……大事な部分を幾度となく刺激させられて、つい身悶えずにいられない。
 みるみるうちに全身が火照ってきて、少しも抑えられそうになかった。
 腰を振りながら、喘ぎ声まで洩らす始末だった。

グリュッ、グリュッ、ゴリュッ……
(ただでさえお股が丸見えになっちゃって大変なのに……私、こんな所でオナニーなんかしちゃってる!)

 夢中になって自慰行為を続けるうちに、光紗はいやらしい気分へと揺り動かされていく。
 サドルが何度もぶつかってきて、とにかく気持ち良くてたまらなかった……丸出しになった下半身を少しも気にせず、自分から腰を振り回す。
 いつ誰かに見つかってしまうかも分からないはずなのに、はしたない行為を少しも止められそうになかった。
 一気に興奮が昂ぶってきて、周囲の状況など少しも振り返れそうにないのだ……

「も、もうこれ以上は我慢できそうにないかも……は、はひぃいんっ!?」
ガクガクビュクンッ、プシャアアアァァァ……!

 自慰行為を続けるうちに、光紗はとんでもない瞬間を迎えてしまう。
 サドルに股間を押し当てた挙げ句、あっと言う間に絶頂へ達してしまったのだ。
 背筋を思いっ切り仰け反らせながら、夢中になって喘ぎ始める……下半身を刺激させられて、もう堪えられそうになかった。
 大事な部分からいやらしい液体が続々と滲み出して、サドルへ溢れ落ちてくる。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……お、おふぅっ」
ヨロヨロヨロッ、ポタポタポタッ……

 一輪車から降りた後、光紗はすぐに息を切らしてしまう。
 何とか公園を一周し終わったので、ベンチに戻ることにしたのだ。
 たどたどしい足取りで歩き続けている間も、つい身を捩らせずにいられない……脚を踏み込むたびに、快感の余韻が下半身を駆け巡ってくる。
 大事な部分が痙攣するたびに、大事な部分からいやらしい滴を撒き散らす始末だった。

「や、やだっ! もうパンツがなくなっちゃってる!? ただでさえ、こんなにアソコが濡れちゃって大変だって言うのに……!」
モジモジモジッ、ヒクヒクヒクッ……

 ベンチまで戻った直後、光紗は度肝を抜かれてしまう。
 数十分しか経ってないはずなのに、ショーツが目の前から消え失せていたのだ。
 しきりに周囲を振り返りながら、つい戸惑わずにいられない……どんなに見渡しても、相手の姿を確かめられそうになかった。
 丸出しになった部分を取り繕っている間も、言い表しようのない不気味さに苛まれてしまうのだ……



露出系Uチューバー・ミサチャンネルDLsiteで買う 露出系Uチューバー・ミサチャンネルDMMで買う
「露出系Uチューバー・ミサチャンネル」発売しました。全話読みたい方は是非製品版をご入手ください。