「ヴィランズ・バトルアリーナ~悪女達の決闘場~」デイジー編 一回戦-21をお送りします。
「「バーゲンセール」を繰り出す」の続きです。
ブログで公開する分はこれで最後です……


ヴィランズ・バトルアリーナ~悪女達の決闘場~
「ヴィランズ・バトルアリーナ~悪女達の決闘場~」ついに発売しました。全エピソード読みたい方は是非製品版をご入手ください。

 「よくも、やってくれたわね。たっぷり仕返ししてやるんだから……『バーゲンセール』を発動!」

 丸出しになった裸体を取り繕いながら、デイジーはそそくさとカードを選ぶ。
 人前で裸体にさせられた分、何としても報復してやることにしたのだ……エキドナのボンデージ衣装をじっと睨みつけながら『バーゲンセール』を繰り出す。
 好き勝手させられるような状況など、あまりに納得出来そうになかった。
 巨大な手が出現すると、すぐにエキドナの方へ向かわせる。

「そ、そんな乱暴に引っ張ってきて、一体どう言うつもりなのよ……くうぅっ!」
メリメリメリィッ、ブチブチブチィッ!

 デイジーの反撃に、エキドナは思わずひるんでしまう。
 巨大な手がボンデージ衣装を掴んできて、乱暴に引っ張ってきたのだ……少しも振り払えないうちに、まんまと衣装を台無しにさせられてしまった。
 露わになった裸体を取り繕いながら、つい文句をこぼさずにいられない。
 おかしな悪戯によって、自分まで丸裸にさせられるなど考えもしなかった。

「本当に生意気な小娘ね、いい加減おとなしくなさい……『磔刑の性隷』を発動!」

 無防備な格好を覆い隠しながら、エキドナは次の一手を繰り出す。
 無駄なあがきを続けた分、みっちり拷問しなければ気が済まなかった。
 手札をじっと見比べながら『磔刑の性隷』を選ぶ……悪戯が過ぎる小娘を痛めつけるのに、好都合な手札だった。
 本気を出させたことを、嫌と言うほど後悔させてやる魂胆でいたのだ。

キュルキュルキュルッ、ギチギチィッ!
「うっ、くうぅっ……! 何なのよこれ、全然動けないじゃない……!?」

 エキドナが仕向けてきた悪戯に、デイジーはあっけなく追い詰められる。
 手足に鎖が巻きついてきて、まんまと磔にさせられてしまったのだ。
 ひたすらもがき続けている間も、呻き声を洩らしてしまう……どんなに頑張っても、頑丈な鎖を少しも外せそうになかった。
 手首に鎖が食い込んできて、とにかく痛くてたまらない。

「少しは身の程を思い知ってくれたみたいね。そんなに裸が嫌だって言うなら、これからいいものをプレゼントしてあげる……『血飛沫の装飾』を発動!」

 デイジーの身動きを封じているうちに、エキドナは次の手を繰り出す。
 だいぶ弱り果てているようなので、さらにデイジーを痛めつけることにしたのだ……控えめな乳房に注目しながら『血飛沫の装飾』を選ぶ。
 行動不能のうちに、小娘を好き放題に出来るはずなのだ。
 これからデイジーがどんな悲鳴を聞かせてくれるのか、あらぬ期待が一気に膨らんでくる。

ズブズブズブッ、ブシュッ!
「あ、あがぁっ……ひぐぅっ!?」

 エキドナが仕向けてきた攻撃に、デイジーはますます弱り果ててしまう。
 猛烈な痛みが胸元に押し寄せてきたかと思えば、乳首に鋭い針を突き刺されていたのだ。
 おかしな拷問器具を少しも撥ね除けられないうちに、あっけなく貫かれてしまった……背筋を仰け反らせながら、つい悲鳴を撒き散らさずにいられない。
 堪え難い苦痛とともに、大事な器官を台無しにさせられた事実を否応なく思い知らされる。

「よ、よくも私の身体を台無しにしてくれちゃったわね! もう絶対に許さないんだから! ……『エネマシリンジ』を発動!」

 胸元を庇いながら、デイジーはすぐに反撃を繰り出す。
 自分の身体を傷ものにさせられて、とにかく悔しくてたまらなかった……窮地に追いやられているのは確かだったので、何とかして形勢を逆転しなければいけなかった。
 途切れ途切れの言葉で『エネマシリンジ』を繰り出す。
 巨大な手を呼び寄せると、すぐエキドナの元へ向かわせる。

ズププッ、ゴポゴポゴポッ……
「あ、あぐぅっ……! いくら何でも、こんなに沢山入るわけないじゃない……!?」

 デイジーが繰り出してきた攻撃を、エキドナはまんまと喰らってしまう。
 いきなり肛門に何かが突き刺さってきて、直後に冷たい液体を注ぎ込んできたのだ……背後を振り返ると、巨大な浣腸器を尻穴に押し込められていたのだ。
 薬液が腸内で波打ってきて、さすがに苦しくてたまらない。
 おかしな異物をすぐにでも追い出さなければいけないはずなのに、少しも腰を引っ込められそうになかった。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……う、うぐぅっ!?」
ブルブルブルッ、ゾクゾクゾクッ……

 浣腸器を肛門から引き抜かれた直後、エキドナはすぐに呻き声を洩らす。
 薬液が腸内へ回ってきて、まんまと便意を引き起こしてしまったのだ。
 とっさに背筋をこわばらせている間も、つい身震いせずにいられない……腸内がおかしな方向に揺れ動いてきて、容赦なく刺激を叩き込んでくる。
 少しでも油断してしまえば、すぐにでも尻穴が緩んでしまいそうな勢いだった。

「このままじゃ、さすがにお腹も持ちそうにないみたいだし。さっさと止めを刺してやるから覚悟なさい……『奴隷の烙印』を発動!」

 下腹部の欲求を堪えながら、エキドナはすぐに反撃を始める。
 いつまでも我慢出来そうになかったので、一刻も早く決着をつけなければいけなかった……手札を吟味しながら『奴隷の烙印』を繰り出す。
 自慢の焼き鏝を握り締めながら、しっかりと狙いを見据える。
 おかしな悪戯を散々仕向けられた分、みっちり拷問してやるつもりでいたのだ。

「そ、そんな物騒なものなんか向けてきて、一体どう言うつもりなのよ……は、はがぁあっ!?」
ジュウウウウゥゥゥ、ジリジリジリィッ!

 エキドナが仕向けてきた拷問に、デイジーはあっけなく屈してしまう。
 いきなり焼き鏝を突きつけてきたかと思えば、下腹部に押しつけられていたのだ……肌の表面を焼きつけられて、とにかく痛くてたまらない。
 思いっ切り背筋を仰け反らせたまま、ひたすら悲鳴を撒き散らす。
 灼熱の鉄棒をすぐにでも払い除けなければいけないはずなのに、少しも身動きが取れそうになかった。

「も、もうそれ以上は勘弁してぇっ……ひ、ひぎいぃっ!?」
プシャアアアァァァ、シビビビビビッ!

 焼き鏝が下腹部から遠ざかった後も、デイジーは少しも体勢を立て直せそうになかった。
 堪え難い痛みが全身を駆け抜けてきて、あっけなく股間が緩んでしまった……大事な部分からはしたない液体が溢れ出してきて、足元へ一気に溢れ落ちてくる。
 とっさに腰を引っ込めた後も、つい呻かずにいられない。
 壮絶な拷問を仕向けられた挙げ句、まんまと失禁を引き起こしてしまったのだ。

「おやおや、もう決着がついてしまったようですね……勝者、エキドナ選手! 不様に敗北してしまったデイジー選手のために、皆様の手でみっちり罰ゲームを執行してあげてください!」
「そ、そんな! 只でさえこんな酷い目に遭っちゃって大変なのに……あうぅっ!?」
ピチャピチャピチャッ、グシュグシュグシュッ……

 デイジーが粗相をしでかしたのに気づいて、司会は平然と言葉を切り出す。
 どうやら勝負がついたようなので、デイジーへの罰ゲームを繰り広げることにしたのだ…司会の声に気づいて、観客達が一斉に集まってくる。
 オシッコを垂れ流しながら、デイジーは弱音を洩らしてしまう。
 まともに弁解出来ないうちに、気づいたらステージから引きずり下ろされていたのだ。

「肉便器になっちゃったデイジーたん、とっても魅力的だよ……これから大事な部分を、みっちり可愛がってあげるからね?」
「や、やだっ! そんなキモいものなんか見せてきて、一体どう言うつもりなのよ……は、はぐうぅっ!?」
グニュグニュグニュッ、ジュププッ!

 デイジーの周囲を取り囲みながら、観客達はおかしな行為を迫ってくる。
 肉便器に成り果てたデイジーを相手に、たっぷりといやらしい行為を楽しむつもりでいたのだ……数人掛かりで押し倒すと、勃起した逸物を膣内へ押し込む。
 慌てて文句をぶつけていた矢先、デイジーはひとりでに悲鳴を撒き散らす。
 必死に拒んでいるはずなのに、思わぬ形で処女を散らされてしまったのだ。

「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ。あと少しで出てきそうだから、しっかり受け取ってね……えいっ!」
「こんなにキモいって言ってるのに、どうして止めてくれないのよ……きゃ、きゃはぁんっ!?」
グリュッ、グリュッ、ゴリュッ……ドピュピュッ、ビチビチビチィッ!

 身悶えを続けるデイジーを相手に、観客は夢中になって腰を振り回す。
 初めてのはずなのに、デイジーの膣が逸物にしっかりと食いついてくるのだ……窮屈な部分が締めつけてくる様子に、つい興奮せずにいられない。
 観客の元から少しも離れられないうちに、デイジーはあっけなく喘いでしまう。
 身体の奥深くまで突き刺さった部分が一気に脈打ってきて、先端から熱い液体が続々と飛び出してきたのだ……



ヴィランズ・バトルアリーナ~悪女達の決闘場~
「ヴィランズ・バトルアリーナ~悪女達の決闘場~」ついに発売しました。全エピソード読みたい方は是非製品版をご入手ください。