「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」第一階層-04をお送りします。
「反撃する」の続きです……


人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン
「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」ついに発売しました。もし続きが気になったら是非製品版をご入手ください。

 「こんなはしたない悪戯なんか仕掛けてきて、絶対に只じゃ済まさないんだから……!」
ヴォンッ!

 ゴブリン達に文句をぶつけながら、カルミアは思いっ切り剣を振り回す。
 おかしな悪戯を仕掛けられないうちに、すぐ反撃することにしたのだ……乳房を強引に晒された報復を、何としても果たさなければいけなかった。
 しっかりと狙いを澄ませて、相手へと目掛けて剣を振り下ろす。
 相手と対峙するだけで精一杯なせいか、無防備な格好を取り繕う余裕すら抱けそうになかった。

ズシュッ!
「ウ、ウガアアアァァァ……!」

 カルミアの剣によって、ゴブリン達は次々と蹴散らされていく。
 身体を切り刻まれた途端、口々に悲鳴を撒き散らす。
 悪戯半分に胸鎧を奪った表紙に、まさか反撃させられるなどさすがに思いもしなかった。
 一気に距離を詰めてきて、見事な剣捌きの餌食になっていく。
 その場に倒れ込んだ後、二度と立ち上がることはなかった。

カツッ、カツッ、カツッ……
「はぁっ、はぁっ、はぁっ、何とか無事に乗り切ったみたいだけど、まだ本調子ってわけにはいかないか……どうやら、この先に行けばいいみたいね?」

 やっとの思いでゴブリンの群れを退治した後も、カルミアは溜め息を洩らしてしまう。
 まだ塔に入って間もないはずなのに、あっけなく胸鎧を取り上げられてしまった……ゴブリン程度の相手に後れを取ってしまった事実が、あまりに嘆かわしくてたまらない。
 丸出しになった乳房を取り繕いながら周囲を振り返ると、階段が視界に飛び込んでくる。
 ガジュマルの居所を探し出すため、一歩ずつ段差を昇っていく……



人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン
「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」ついに発売しました。もし続きが気になったら是非製品版をご入手ください。