「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」第一階層-02をお送りします。
「奇襲する」の続きです……

人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン
「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」ついに発売しました。もし続きが気になったら是非製品版をご入手ください。

 「先手必勝、さっさと片づけさせてもらうわよ……えいっ!」
ビュンッ!

 剣を握り締めると、カルミアは一気に駆け出す。
 相手がまだこちらの存在に気づいてないうちに、真っ先に奇襲を仕掛けることにしたのだ。
 通路から飛び出すと、ゴブリンとの距離を一気に詰めていく……相手が振り向かないうちに、一気に勝負を決めなければいけなかった。
 しっかりと狙いを澄ました後、思いっ切り剣を振り下ろす。

ザシュッ!
「グアァッ……!」

 カルミアの剣が突き刺さった途端、ゴブリンは断末魔を撒き散らす。
 相手の存在に少しも気づかないまま、まんまと攻撃を食らってしまったのだ……思わぬ相手の奇襲に、さすがに驚かずにいられない。
 一匹、また一匹と女戦士の餌食になっていく。
 息の根を絶たれた後、その場に倒れたまま二度と立ち上がることはなかった。

コツッ、コツッ、コツッ……
(どうやら、腕はまだ鈍ってないみたいね。この階にはもう誰もいないみたいだから……さっさと上に昇らなくっちゃ!)

 ゴブリンの群れを退治した後、カルミアはほっと一息つく。
 数年のブランクがあったはずなのに、何とか無事に魔物を退治することが出来たのだ……どうやら、まだ剣の腕は鈍ってなかったらしい。
 しばらく通路を歩き回っていると、階段を発見することが出来た。
 一段ずつ昇っていく間も、ガジュマルの様子を気にせずにいられない……



人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン
「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」ついに発売しました。もし続きが気になったら是非製品版をご入手ください。