「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」第一階層-01をお送りします……

人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン
「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」ついに発売しました。もし続きが気になったら是非製品版をご入手ください。

 カツッ、カツッ、カツッ、カツッッ……
(これからガジュマルがどんな目に遭わされちゃうかも分かんないのに、まさか中がこんなに入り組んじゃってるなんて! ……あいつら、一体あの子をどこに連れ去ってしまったって言うのよ!?)

 塔の内部へ潜り込んだ後、カルミアはこっそりと通路を歩き回っていく。
 周囲を振り返っている間も、ずっと身構えてばかりいる……中にどんな魔物が潜んでいるのか、まだ何も掴めそうになかった。
 自分の足音だけが部屋全体に響き渡ってきて、とにかく不気味でたまらない。
 内部が迷宮のように入り組んでいるせいか、なかなか目的地まで辿り着けそうにないのだ。

ゴソゴソゴソッ……
(……やだ、ゴブリンじゃない! さっさと先に進まなきゃいけないのに、このままじゃ奴らに見つかってしまうかも……!?)

 しばらく内部を歩き回っていると、カルミアはすぐに立ち止まる。
 不意に物音が聞こえてきたかと思えば、魔物の集団が視界に飛び込んできたのだ……小柄な体型から、どうやら相手はゴブリンのようだった。
 慌てて物陰に隠れた後も、つい背筋をこわばらせずにいられない。
 数年前と同じようにちゃんと動けるか未だに不安な中、これからゴブリンの群れと対峙しなければいけないのは確かだった……



人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン
「人妻戦士カルミアvsエロトラップダンジョン」ついに発売しました。もし続きが気になったら是非製品版をご入手ください。