「綾羅木の巫女~寄生蟲に蝕まれ肉体改造の危機~」ホルモン分泌をお送りします。
「ホルモン分泌」の続きです……


綾羅木の巫女~寄生蟲に蝕まれ肉体改造の危機~DLsiteで買う 綾羅木の巫女~寄生蟲に蝕まれ肉体改造の危機~DMMで買う
「綾羅木の巫女~寄生蟲に蝕まれ肉体改造の危機~」ついに発売しました。全エピソードを読みたい場合は、製品版をぜひお読みください。

 「……おい、あっちを見てみろよ。綾羅木のおっぱい、何かすごいことになっちゃってるぞ?」
「一体どうしたんだよ……うわっ! 綾羅木のおっぱいって、あんなに膨らんじゃってたっけ?」
「もしかしたら綾羅木の奴、ノーブラなんじゃないのか……?」

 教室で過ごしているうちに、おかしな噂話が繰り広げられる。
 苺香の胸元が、普段にも増して膨らみ切っていたのだ……ものの見事に突き出している乳房に、つい注目せずにいられない。
 乳房の丸みを目で追っているうちに、とんでもない事実に気づかされる。
 制服の上から、尖った乳首がしっかり目立っていたのだ。

モジモジモジッ、ヒクヒクヒクッ……
(男子達ってば、そんないやらしい目で見なくったっていいじゃない。こっちだって、好きでこんな身体になっちゃったわけじゃないんだから……!)

 男子達の話し声に気づいて、苺香は思わずひるんでしまう。
 授業中にもかかわらず、膨張した胸元に注目させられるなど思いもしなかった……とっさに縮み上がった後も、あまりに気恥ずかしくてたまらない。
 どんなに嫌でたまらなくても、放課後までは我慢し続けなければいけなかった。
 ノーブラのまま学校で過ごす羽目になってしまったのを、今になって悔やんでしまうのだ……

    *     *     *     *     *     *

グニュルグニュルグニュルッ……!
「……ひんっ! 何なのよ、あの薄気味悪いの!?」
「地面からどんどん生えてきちゃって、このままじゃ部活どころじゃなくなっちゃうかも……」
「やだぁ! もしかして、こっちに近づいてきちゃってる!?」

 帰り支度を整えようとした矢先、校庭が騒がしくなってくる。
 放課後になった途端、物の怪が出現したのだ……地面から触手が次々と生え伸びてくる様子に、つい戸惑わずにいられない。
 触手が次々と群がってきて、気づいたら学校から出られなくなってしまった。
 全体を怪しくくねらせながら、今にもこっちに襲い掛かろうとしてくる。

「ご神木よ、我に加護をもたらしたまえ……綾羅木の巫女、ただいま見参!」
シュイイイィィィンッ……!

 物の怪の気配に気づいて、苺香は慌てて校庭に向かう。
 生徒達が襲われる前に、すぐにでも物の怪を退治するつもりでいたのだ。
 物陰に身を潜めた後、そそくさと変身し始める……制服を瞬時にして脱ぎ去る代わりに、巫女装束を一気に身に着ける。
 校庭に到着すると、物の怪の前へ立ちはだかっていく。

プルンッ……
(ただでさえ、胸が重たくてたまらないのに……こんな面倒な時に、学校まで現れてきちゃうなんて!?)

 相手の動向を窺っている間も、苺香はすぐに肩を張り詰めてしまう。
 ただでさえ体調が異変をきたしているのに、まさか物の怪まで襲ってくるなど思いもしなかった。
 地面に脚を踏み込んだ途端、膨張した乳房が大袈裟なほど揺れ動く……胸元の重さに、つい翻弄せずにいられない。
 物の怪に立ち向かうどころか、隙を狙われないよう気を配っているだけで精一杯だった……

「綾羅木の巫女よ、随分と胸が成長してしまってるみたいだな……分かったぞ。もう蟲が悪さをし始めたか。折角の機会だ、変わり果てた身体でもたっぷり拝ませてもらうとするか……!」
ニュルニュルニュルッ……

 苺香の素振りをじっくりと見据えながら、物の怪はすぐに言葉を浴びせる。
 どうやら胸元に気を取られているようなので、早速責め立てることにしたのだ。
 動きが鈍っている隙など、どうしても見逃せそうになかった。
 合図を送ると、触手の束を次々と繰り出していく。

「こんな時にまで、おかしなことなんて言ってこないでよ……しまった!」
キュルキュルキュルッ、ガシィッ!

 一気に距離を詰めてくる触手に、苺香はすっかり翻弄させられる。
 まだ気持ちの準備も出来ていないのに、まんまと先制を取られてしまったのだ。
 相手の猛攻にひるんでいるうちに、すぐに悲鳴を洩らしてしまう……足元が盛り上がってきて、別の触手が一気に生え伸びてくる。
 触手が足首に巻きついてきて、あっけなく身動きを封じられてしまったのだ。

「い、いい加減離しなさいっ……きゃんっ!?」
ズルズルズルッ、プルンッ!

 ひたすら身を捩らせるうちに、苺香はさらなる事態に陥ってしまう。
 少しも身動きが取れない中、強引に衣服を脱がされてしまったのだ……裾を引っ張られた途端、豊満な乳房が一気に飛び出してくる。
 はしたない格好にさせられて、つい慌てずにいられない。
 外気に触れた途端、胸の辺りがひとりでに疼き出してくるのだ。

「やはり、思っていたとおりだな……綾羅木の巫女よ。どうして胸が膨らんでいるのか、これからたっぷり分からせてやるからな……!」

 戸惑ってばかりいる苺香をよそに、物の怪は平然と身を乗り出していく。
 膨らみ切った乳房を観察するうちに、ある事実に気づかされる……どうやら蟲の仕業で、胸元を作り替えられてしまったらしい。
 相手の表情をじっくりと見据えながら、おかしな言い分を浴びせる。
 身動きを封じているうちに、膨張した乳房を弄ぶことにしたのだ。

「そ、それって一体どう言う意味なの……はうぅっ!?」
ムニュッ。

 物の怪の言葉に驚く間もなく、苺香はすぐに喘いでしまう。
 不意に手を伸ばしてきて、丸出しになった乳房を揉んできたのだ……まさか戦闘の最中にもかかわらず、いやらしい目に遭わされてしまうなど思いもしなかった。
 敏感な部分を思いっ切り押し潰されて、つい身悶えずにいられない。
 どんなに身を捩らせても、相手の手を少しも振り払えそうにないのだ。

「も、もうそんな乱暴にしないで……きゃ、きゃはぁんっ!?」
ビクビクビクッ、ブシャーッ!

 乳房を鷲掴みにさせられるうちに、苺香はすぐに悲鳴を洩らしてしまう。
 物の怪の指が乳房に食い込んだ途端、上半身が激しく疼き出す……乳首がみるみるうちに尖ってきて、先端から勢い良く液体まで噴き出してくる。
 胸元に引き起こされた現象に、つい困惑せずにいられない。
 堪え難い刺激が一気に駆け巡ってきて、液体が飛び散るのを少しも止められそうになかった。

ビチビチビチィッ、ビチャビチャビチャッ!
(やだ、一体どうして……私の胸からおっぱいまで出てきちゃってるの……!?)

 胸元に引き起こされる現象に、苺香は思わず目を疑ってしまう。
 異様に膨らんだ乳房を揉まれただけで、何故か母乳まで噴き出してきたのだ……まるで乳牛のような体質を抱えてしまっているなど、あまりに考えられない事態だった。
 自分の身体にどんな風に変わり果ててしまったのか、とんでもない形で痛感させられる。
 痛いような感触とともに、母乳が続々と溢れ出してくるのだ。

「も、もうそれ以上は勘弁してってばぁ……は、はひぃいんっ!?」
クリュッ、ギュムッ、ビュルビュルビュルッ!

 母乳を撒き散らしながら、苺香はみるみるうちに弱り果ててしまう。
 過敏な部分を弄繰り回されるたびに、止め処なく液体が溢れ出してくる。
 おかしな真似などしないで欲しいと訴えている間も、すぐに言葉が途切れてしまう……乳首を刺激させられるうちに、猛烈な痛みが押し寄せてきてたまらない。
 膨らみ切った乳房に指先がしつこく食い込んできて、ひとりでに身を捩らせてしまうのだ……



綾羅木の巫女~寄生蟲に蝕まれ肉体改造の危機~DLsiteで買う 綾羅木の巫女~寄生蟲に蝕まれ肉体改造の危機~DMMで買う
「綾羅木の巫女~寄生蟲に蝕まれ肉体改造の危機~」ついに発売しました。全エピソードを読みたい場合は、製品版をぜひお読みください。