「弟がメス堕ちするまでフタナリチンポで犯すのを止めない!」第5話をお送りします…

弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!DLsiteで買う 弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!DMMで買う
「弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!」発売しました。全18話ありますので、全話読みたい場合はぜひお買い上げください。
「ん、んくぅっ……」
ピチャッ、クチュッ、ヌチュヌチュッ。

 瞬華が射精し終えた後も、綾人は逸物を咥えさせられていた。
 自分から下半身に顔を埋めたまま、丹念に先端を舐め回す。
 精液のほとんどを飲み干した後、段々と物寂しく感じ始めていたのだ。
 先端から垂れ落ちる液体を舌先で受け取ると、じっくりと味わうように噛み締めていく。

トロトロトロォッ、ヌチョヌチョッ。
(瞬華お姉ちゃんのオチンチンから、まだ精液が出てきちゃってる……このままじゃ口の中がいっぱいになっちゃうし、ちゃんと飲み込まなくっちゃ?)

 瞬華に頭を引き寄せられるまま、綾人はひたむきに舌を動かしていく。
 延々と拘引させられるうちに大量の精液を飲み干したせいか、口の中で粘ついた液体がしつこく纏わりついてくる。
 息をするたびに鼻から湧き上がってくる後味や風味を、つい意識せずにいられない……自分でも口にしたこともないような代物を、姉の逸物からたっぷり飲まされてしまったのだ。
 唾液を何度も飲み下しているはずなのに、未だに精液が口内にこびりついてくる……

「あふぅっ……綾人の口、とっても気持ち良かったよ?」
チュルンッ。

 綾人の顔を掴んだまま、瞬華はそっと言葉を投げ掛ける。
 口淫をやり遂げた感想を、綾人へこっそりと明かしていく……初めてにもかかわらず、ここまで満足させてくれるなどさすがに思いもしなかった。
 柔らかくなった部分を舌先に撫で回されるたびに、つい腰をくねらせずにいられない。
 興奮が静まった後、綾人の口元から腰を遠ざけていく。

「あ、あうぅんっ……きゃんっ!?」
ドサッ。

 やっと口元から逸物を引き抜かれた後、綾人は思わず悲鳴を洩らしてしまう。
 口淫をやり遂げたばかりなのに、またしても瞬華が覆い被さってきたのだ。
 いきなり抱きつかれるまま突然ベッドの上に押し倒された後も、つい悲鳴を洩らさずにいられない。
 瞬華の手を振り払うどころか、どうしても上半身を起こせそうになかったのだ。

グイッ。
「や、やだっ! 瞬華お姉ちゃんってば、お願いだからもう離れてってば……はうぅっ!?」

 いきなり絡んでくる瞬華の様子に、綾人はすっかり慌ててしまう。
 突然ベッドに寝かされたまま、いきなり下半身を探られていたのだ。
 とっさに腰を引っ込めている間も、つい戸惑わずにいられない。
 はしたなく盛り上がった部分を何とかして取り繕わなければいけないのに、なかなか思うように瞬華の手を少しも振り解けそうになかったのだ。

「もう、綾人ってば。今さら恥ずかしがらなくったっていいじゃない。もっと気持ち良いことしてあげるつもりなんだから……えいっ!」
ズルズルズルッ、プルンッ!

 もがき続けてばかりいる綾人をしっかり取り押さえたまま、瞬華はとんでもない行為を仕向けていく。
 腰を強引に引き寄せて、ズボンとブリーフを一気に下ろしていたのだ。
 白い下着の内側から現れた下半身の状態に、つい感心せずにいられない。
 しっかりと勃起した部分が、おへそまで届きそうな勢いで突然跳ね上がってきたのだ。

「や、やだっ! 瞬華お姉ちゃんってば、どうして勝手にお股なんて覗いてきちゃうのさ……あうぅっ!?」
ギュムッ。

 はしたない格好を瞬華に暴かれて、綾人はさらに縮み上がってしまう。
 パジャマや下着まで剥ぎ取られるまま、強引に下半身を晒されるなど考えられない事態だった。
 とっさに瞬華へ文句をぶつけようとした矢先、すぐに言葉を詰まらせてしまう。
 瞬華に絡まれるうちに、敏感な部分を根元から握り締められてしまったのだ。

「ふふっ、もうこんなに大きくしちゃってたんだね……ねぇ、綾人。どうしてこんなに興奮しちゃってるのか、教えてもらえないかな?」
クリュクリュクリュッ。

 身悶えを続ける綾人を相手に、瞬華は平然と悪戯を仕向けていく。
 口淫をしている間も腰をくねらせながら、股間部分が段々と膨らんでいく様子など決して見過ごせそうになかった。
 しっかりと熱を帯びた部分を掴んだまま、さりげなく質問をぶつける。
 どんな理由でオチンチンを勃起させてしまったのか、綾人自身の口からちゃんと聞かせてもらうつもりでいたのだ。

「そ、そんなこと言われたって困っちゃうのに……はうぅっ!?」
モジモジモジッ。

 不意に瞬華から突きつけられた質問に、綾人はすっかり困り果ててしまう。
 下半身の状態を探られるだけでも恥ずかしくてたまらないのに、いやらしい気分に駆られた理由まで問い詰められていたのだ。
 慌てて視線を逸らした後も、あまりに気まずくてたまらない。
 どう返事を返せば良いかも分からない中、あっけなく悲鳴を洩らしてしまうのだ。

クニュクニュクニュッ。
「もう、本当に綾人ってば素直じゃないんだから……もし離してくれないなら、こっちの方も悪戯しちゃおうかなぁ?」

 なかなか白状しようとしない綾人を相手に、瞬華はさらに言葉を続ける。
 しっかりと起き上がった部分を根元から掴んだまま、さらに丸出しの肛門を指で弄り始めていたのだ。
 ほんの少し指先を押し込むだけで、尻穴が飲み込んでいく様子が面白くてたまらない。
 どんなに返事を誤魔化そうとしても、綾人がどんな本心を抱いているのかすでに丸分かりだったのだ。

グリュグリュグリュッ、ジュププッ。
「ほらほら、早く言わないと綾人のお尻に、どんどん指が入ってきちゃうわよ……?」

 身悶える綾人の様子をじっくりと見据えながら、瞬華はそっと耳元で言葉を囁く。
 今さら誤魔化しても無駄だと言い張りながら、さらに指先を肛門の奥底へ押し込む。
 ついには腸内をかき回しながら、身体の内側から尻穴をこじ開けていく。
 ひとりでに揺れ動くオチンチンの様子や、頬を赤らめてばかりいる綾人の表情から当分は目が離せそうになかった。

「ちゃ、ちゃんと言うから許してぇ!? 瞬華お姉ちゃんの……オチンチンを咥えてる時から、ずっと胸がドキドキしてたまらなくなっちゃって……はうぅっ!?」
クネクネクネッ……

 瞬華から仕向けられた悪戯に、綾人はすっかり観念させられる。
 オチンチンを勃起させてしまった理由を、ついに瞬華の前で明かしていく……瞬華の逸物を頬張ったまま精液を飲み干すうちに、自分でも良く分からないうちに興奮してしまったと告げていたのだ。
 はしたない告白をやり遂げた後も、つい喘がずにいられない。
 指先を肛門に押し込まれたまま腸内をかき回されるたびに、切ない感覚が下半身を走り抜けてくるのだ。

グイッ。
「その調子よ、綾人。オチンチンもこんなに大きくなっちゃってるみたいだし、今さら誤魔化そうとしたって無駄なんだから?」

 綾人の告白に耳を傾けたまま、瞬華はなる行為を迫っていく。
 しっかりと腰を引き寄せながら、指先をさらに肛門の奥へと潜り込ませる……身体の内側から指先で腸壁を擦るたびに、オチンチンが揺れ動く様子につい興味をそそられずにいられない。
 どれだけ肛門で感じているのか、口元から洩れ出る吐息からありありと伝わってくる。
 忙しなく腰をくねらせる可愛らしい仕草を見ているうちに、ますます興奮を煽られてしまうのだ。

コリュコリュコリュッ、グニィッ……
「ほら見て、綾人。私の指がこんなに入っちゃってるんだよ。もしかして、お尻を悪戯させられて、嬉しくてたまんなくなっちゃった……?」

 綾人の尻穴を指先で捏ね回しながら、瞬華はさらに言葉を続ける。
 そこまで肛門を弄られるのが嬉しくてたまらないのか、本人の口から白状させるつもりでいたのだ。
 どんな返事を返してくれるのか待っている間も、つい胸を弾ませずにいられない。
 指を根元まで埋め込んだまま締め上げてくるほど、どうやら尻穴を弄られるのを嬉しがっているようなのだ。

「ま、瞬華お姉ちゃん……はうぅんっ! だ、だって先生に、お尻なんて舐めてもらえるなんて思わなかったから……くひいぃんっ!?」
モゾモゾモゾッ。

 瞬華から尋ねられた質問に、綾人は恐る恐る答えていく。
 浴室で瑞穂に押し倒されたまま、尻穴を舐め回してもらった行為が頭から離れなくなってしまったと明かしていたのだ。
 はしたない事実を告白する間も、腸内を捻じ曲げられるたびに喘がずにいられない。
 尻穴をおかしな方向に押し広げられるたびに、たまらない感覚が下半身を走り抜けてくるのだ。

「は、はひぃいっ……きゃんっ!?」
ズルズルズルッ、チュポンッ。

 息を切らしていた矢先、綾人はあっけなく身を捩らせてしまう。
 瞬華の指先によって尻穴を穿り回される中、いきなり指を引っこ抜かれてしまったのだ。
 過敏になっている部分を刺激させられて、つい悲鳴を洩らさずにいられない。
 やっと下半身から手を離してもらった後も、尻穴の辺りに刺激が響いてくるのだ。

「ま、瞬華お姉ちゃん……ひんっ!?」
ギュッ。

 恐る恐る背後を振り返ろうとした途端、綾人はすぐに言葉を詰まらせてしまう。
 またしても瞬華がのし掛かってきて、とんでもない行為を迫られてしまったのだ。
 いきなり抱きついてくる瞬華の様子に、つい翻弄せずにいられない。
 両側から腰を掴まれたまま、少しも下半身を引っ込められそうになかったのだ。

グリュグリュグリュッ。
(やだ、さっきまで指を入れられたばかりなのに……どうして今度はオチンチンなんて当ててきちゃうの!?)

 お尻の辺りに押し当てられる堅い感触に、綾人は段々と意識を奪われてしまう。
 やっと下半身から手を離してもらえたかと思えば、今度は勃起した逸物まで突きつけられていたのだ。
 指先とは比べ物にならない太さを否応なく思い知らされて、つい焦らずにいられない……しっかりと張り詰めている器官の形状を、ありありと意識させられる。
 嫌な予感に苛まれるあまり、なかなか思うように背後を振り返れそうになかったのだ……

ギュムッ。
「ふふっ、だいぶ綾人のお尻も解れてきたみたいだね……さすがに指だけじゃ物足りないみたいだし、今度は私のオチンチンでも入れてみちゃおっか?」

 戸惑っている綾人を相手に、瞬華はとんでもない申し出を始める。
 だいぶ肛門も解れてきたようなので、尻穴を使った性交を繰り広げようと持ち掛けていたのだ。
 お尻の谷間に逸物を擦りつけている間も、つい興奮せずにいられない。
 怯え切っている本人の表情とは裏腹に、窄んだ部分が物欲しそうに蠢いてくるのだ。

「そ、そんな……指を入れられるだけで身体がおかしくなりそうだったのに、本気でそんなこと考えてたの……あうぅんっ!?」
グニュッ!

 あまりに考えられない瞬華の振る舞いに、綾人は思わず耳を疑ってしまう。
 指先を潜り込ませるだけでも耐えられそうになかったのに、まさか尻穴に逸物まで押し込められるなど考えられない事態だった。
 瞬華にどう返事を返せば良いかも分からない中、つい縮み上がらずにいられない。
 しっかりと堅くなった部分を下半身に突きつけられるたびに、言い表しようのない不安へと苛まれてしまうのだ。

ドクンッ、ドクンッ、ドクンッ……
「私のオチンチン、もうこんなに大きくなってるんだ……お姉ちゃんの舌や指なんかより、よっぽど気持ち良いんだから。折角だから試してみようよ?」

 怯え切っている綾人の様子をよそに、瞬華はさらに話を続ける。
 瑞穂を相手に抱き合った出来事を振り返りながら、細い指とは比べ物にならないほど大きな逸物を入れられると気持ち良くなれるはずだと教え込む。
 すでに口淫もやり遂げたばかりなので、このまま尻穴での性交を果たすよう平然と押し迫ってくる。
 どんなに嫌がっても、物寂しそうな反応を見せる下半身の様子につい注目せずにいられない。

「ま、瞬華お姉ちゃん……これでいい、はうぅっ!?」
グイッ。

 瞬華に言われるまま、綾人は恐る恐る下半身を捧げていく。
 未だに気懸かりでたまらない中、瞬華の逸物を受け入れることにしたのだ。
 四つん這いになったままお尻を差し出した矢先に、思いっ切り腰を掴まれてしまう。
 まともに返事を返す間もなく、とんでもない行為を迫られてしまったのだ。

グニュッ、ズブズブズブッ……!
(やだ、お尻がどんどん広がってきちゃって……瞬華お姉ちゃんってば、ホントにオチンチンなんて入れてきちゃってるんだ!?)

 下半身から一気に押し寄せてくる圧迫感に、綾人はすっかり意識を奪われてしまう。
 尻穴に巨大な逸物を突きつけられたまま、続々と体内に潜り込んできたのだ……腸内をおかしな方向にこじ開けられるたびに、つい呻かずにいられない。
 想像していた以上の巨大さを、嫌と言うほど思い知らされる。
 大事な部分が今にも裂けてしまいそうな錯覚に陥る中、どんなに頑張っても瞬華から腰を遠ざけられそうになかったのだ……

「そ、それ以上はもう駄目ぇっ! もしかしたらお尻が壊れちゃうかもしれないのにぃ、うぐぅっ!?」
メリメリメリィッ、ジュブブッ!

 尻穴へ逸物を埋め込まれるたびに、綾人は身悶えを引き起こしてしまう。
 猛烈な圧迫感に襲われる中、両側から腰を掴まれたまま決して瞬華の元から逃げられそうになかったのだ。
 耐え難い苦しさに苛まれるあまり、つい呻かずにいられない。
 堅く張り詰めた部分を腸内の奥深くまで押し込められるうちに、ついに互いに下半身を密着させてしまったのだ。
 根本まで埋め込まれた部分の巨大さに、思わず言葉を失ってしまう。

ギュッ。
「んふぅっ……これが綾人の中なんだ。さすがに窮屈かもしれないけど、私のオチンチンを咥えてきちゃってたまんない。このままたっぷり、綾人のお尻を可愛がってあげちゃうからね?」

 身を捩らせてばかりいる綾人をしっかりと取り押さえたまま、瞬華はしっかりと覆い被さっていく。
 想像していた以上に窮屈な尻穴の感触に、すっかり夢中にさせられていたのだ……先端から根元までしっかりと締めつけてくる肛門の刺激に、つい興奮せずにいられない。
 綾人の下半身を引き寄せながら、そっと言葉を投げ掛ける。
 大事な部分を何とか飲み込むことも出来たようなので、たっぷりと綾人の下半身を弄り回すつもりでいたのだ。

「瞬華お姉ちゃん、ちょっと待ってってばぁ……はぐうぅっ!?」
パンッ、パンッ、パンッ、パンッ!

 瞬華に返事を返そうとした途端、綾人はすぐに悲鳴を撒き散らしてしまう。
 身体の奥深くまで逸物を潜り込ませたまま、思いっ切り腸内をかき回されていたのだ。
 おかしな方向に尻穴を捻じ曲げられるたびに、つい身悶えずにいられない。
 幾度となく腰をくねらせながら、段々と弱り果ててしまうのだ。

グリュッ、グリュッ、ゴリュッ!
(どうしよう、お姉ちゃんのオチンチンがどんどんお腹の中で擦れてきちゃって……このままお尻が破けちゃいそう!?)

 身体の内側から襲い掛かってくる刺激に、綾人はあっけなく意識を奪われてしまう。
 大事な器官を、しっかりと張り詰めた部分によって乱暴に擦りつけられていたのだ。
 巨大な部分が腸内から突き上げてくるたびに、とにかく辛くてたまらない。
 今にも尻穴が引き千切れそうな錯覚へと苛まれる中、段々と別の感触が押し寄せてくるのだ……

「も、もうそれ以上動かさないでぇ……きゃ、きゃはぁんっ!?」
ガクガクガクッ、ビクビクビュクンッ!

 瞬華と下半身を重ね合わせるうちに、綾人はとんでもない状態に陥ってしまう。
 身体の内側を逸物によって穿り回されるうちに、ついに絶頂へと達してしまったのだ。
 思いっ切り背筋を仰け反らせたまま、つい悲鳴を撒き散らさずにいられない。
 身体の内側からおかしな衝動が湧き上がってきて、全身が一気に痺れてくるのだ。

ブビューッ! ビチビチビチィッ!
(どうしよう、瞬華お姉ちゃんのオチンチンでお尻の中をかき回されちゃって……オチンチンの先っぽから、どんどん精液が出てきちゃってる!?)

 下半身に引き起こされた現象に、綾人は呆気に取られてしまう。
 膨らみ切っていたオチンチンがひとりでに揺れ動いてきて、先端から熱い液体を一気に噴き出していたのだ。
 少しも触ってない部分が突然射精する様子に、つい言葉を失わずにいられない。
 言い表しようのない感覚の波に襲われるまま、シーツの上に白く濁った液体を続々と撒き散らしてしまっていたのだ……

ジュポッ、ジュッポ、グニュグニュッ!
「もう、綾人ってば。もう気持ち良くなっちゃったの? こうなったら私だって……あふぅうんっ!?」

 悶絶を繰り返す綾人の様子をじっくりと眺めながら、瞬華はさらに腰を突き出していく。
 どうやら絶頂へ達してしまったようなので、尻穴をさらに弄繰り回すつもりでいたのだ。
 逸物を思いっ切り体内へと押し込んだまま、つい喘がずにいられない。
 ずっと刺激を与えていた部分が一気に痺れてきて、ひとりでに腰をくねらせてしまうのだ。

ドクドクドクッ、ブビュルビュルッ!
(やだ、瞬華お姉ちゃんのオチンチンが跳ねてきちゃって……お尻の中に、どんどん精液が溢れてきちゃってる!?)

 身体の内側に繰り広げられる状況を、綾人はありありと意識させられる。
 腸内の奥深くまで潜り込んだ逸物が激しく震え出して、先端から熱い液体が飛び出してきたのだ。
 体内へ続々と溜まっていく精液の感触を意識させられるうちに、つい胸を弾ませずにいられない。
 激しい快感の余韻が押し寄せる中、さらに感情が昂ぶってくるのだ……

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……ご、ごめんね。瞬華お姉ちゃんのベッド、こんなに汚しちゃって」
モジモジモジッ……

 射精の勢いが収まった後も快感の余韻に浸りながら、綾人はすぐに息を切らしてしまう。
 恐る恐る瞬華の様子を振り返りながら、つい縮み上がらずにいられない……尻穴での性交を繰り広げるうちに、おかしな代物などをシーツの上に撒き散らしてしまったのだ。
 ベッドを台無しにしてしまったのを恐る恐る謝っている間も、ひとりでに顔を火照らせてしまう。
 オチンチンが段々と垂れ下がってくる中、未だに先端から精液が垂れ落ちてくるのだ。

「ふふっ、綾人ってば。まだこんなに精液が残ってたなんて。そんなにオチンチンをお尻に入れてもらうの、気持ち良かったの?」

 戸惑ってばかりいる綾人へ、瞬華はそっと言葉を投げ掛ける。
 初めてにもかかわらず、尻穴での性交を見事に果たしたのが嬉しくてたまらなかった。
 追い縋るような視線まで向けてくる可愛い弟の様子に、つい胸を躍らせずにいられない。
 互いに下半身を重ね合わせたまま、このまま一緒に一晩を過ごそうと誘ってくるのだ。

「そ、そんな恥ずかしいことなんていちいち言わなくったって……はうぅっ」
ヒクヒクヒクッ……

 瞬華の思わぬ誘いに照れながら、綾人は恐る恐る頷いてしまう。
 いやらしい行為を迫られるうちに、ここまで気持ち良くなれるなどさすがに想像すらつかなかった。
 自ら下半身を捧げたまま、瞬華に何を迫られてしまうかと期待せずにいられない。
 腰を振り回すたびに、腸内にたっぷり注がれた精液が何度も波打ってくるのだ……

弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!DLsiteで買う 弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!DMMで買う
「弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!」発売しました。全18話ありますので、全話読みたい場合はぜひお買い上げください。