「瑠美子のおもらしサーガ~聖塊の乙女~」STAGE 1(07)をお送りします。
「もがき続ける」の続きです…

瑠美子のおもらしサーガ~聖塊の乙女~DLsiteで買う 瑠美子のおもらしサーガ~聖塊の乙女~DMMで買う
「瑠美子のおもらしサーガ~聖塊の乙女~」発売しました。全部読みたい方は、是非お買い上げ下さい。
 「ぐうぅっ……!」
プルプルプルッ……

 全身に食い込む触手に苦しめられる中、瑠美子はひたすら尿意を堪え続ける。
 いくら窮地に陥ってしまったとしても、まさかトイレ以外の場所でオシッコを垂れ流すような真似など冒せそうになかったのだ。
 ひとりでに震え上がる下半身を堪えている間も、つい弱音を洩らさずにいられない。
 どんなに踏ん張っても、両脚を重ね合わせる程度では下半身の欲求など抑え切れそうになかったのだ。

「ひぃっ、ひぃっ、ひぃっ……や、やだっ!?」
ニュルンニュルンニュルンッ……ミシミシミシィッ!



 下半身の欲求を堪え続けるうちに、瑠美子はさらなる窮地へと追いやられてしまう。
 触手の先端が続々と迫ってきて、さらに全身へと絡みついてきたのだ。
 しつこく全身を縛りつけてくる触手の様子に、つい焦らずにいられない。
 ただでさえ不安定な体勢にさせられて大変なのに、気づいたら大量の触手に全身が沈み込んでいたのだ。

「お、おぐっ……がはぁっ!?」
ズップ、ズププッ、ニュブニュブッ。

 まともな身動きすら取れないうちに、瑠美子の状況はますます逼迫してしまう。
 次々と触手の束が群がってきて、ついには全身を飲み込んできたのだ。
 どんなに力を込めても抜け出せないどころか、顔の方にも触手が迫ってくる。
 このままだと触手に引きずり込まれるまま地面へ埋められてしまうのを分かっているはずなのに、喉元まで縛られたせいか、悲鳴を上げることすら出来そうになかった。
 今にも押しつぶされそうなほど大量の触手によって全身を覆い尽くされるうちに、ついには視界まで塞がれてしまい、段々と意識が薄れてくる……
「ゲームオーバー」

瑠美子のおもらしサーガ~聖塊の乙女~DLsiteで買う 瑠美子のおもらしサーガ~聖塊の乙女~DMMで買う
「瑠美子のおもらしサーガ~聖塊の乙女~」発売しました。全部読みたい方は、是非お買い上げ下さい。