「学校で時間を停めてムカつく女子にお漏らしさせたったwwwww」一時間目をお送りします…

学校で時間を停めてムカつく女子にお漏らしさせたったwwwwwDLsiteで買う 学校で時間を停めてムカつく女子にお漏らしさせたったwwwwwDMMで買う
「学校で時間を停めてムカつく女子にお漏らしさせたったwwwww」ついに完成しました。全パターンが見られるので、ぜひお買い上げください。
「それじゃ全員、ちゃんと材料は持ってきた? 各自ちゃんと役割分担して、しっかり豚汁を作ってちょうだいね?」

 ついに一時間目がやってきた。
 クラス全員で家庭科室に入っていつもどおりに挨拶を交わすと、教師の合図とともに調理実習が始まる。
 教室の席が近いせいか、愛恵里と同じ班になった。ちなみにどんな見た目かと言うと、左右に結んでいる茶色い髪や、他の女子と比べてもむっちりしている身体が特徴だ。別に胸も大きいわけでもないし、どちらかと言えば『デブ』の部類に入るだろう。
 愛恵里の様子を間近でいつでも見張れるのは好都合なんだけど、ちょっと先が思いやられる……

「ちょっと男子達、まだ出来てないの? ちゃんと手を動かしって、さっきも注意したばかりじゃない!」

 持ち込んだ材料を洗っている途中なのに、いきなり愛恵里が文句をぶつけてくる。
 どうやら自分達の手際が悪いのが気に入らないらしい……料理なんてあまりやったこともないんだから、そんなに怒らなくってもいいじゃないか。
 調理実習の間も、やれ包丁の捌き方がおかしいとか、下処理がなってないとか何かにつけて口を挟んでくる。そんなに気に入らないなら、どうして手を貸そうとしないんだ?

「あっ、もしかしておかわりするつもりなの? 独り占めばかりしてズルいじゃない。私にも分けてよ?」

 慣れない調理に苦戦させられながら、ようやく出来上がった豚汁をおかわりしようとしたら、いきなり愛恵里が話しかけてくる。
 どうやら余った豚汁を欲しがっているらしい。
 残りものを全部飲み干すつもりだったのに、どう返事をすればいいだろう……?

「断る」
「譲る」
「よそってやる」

学校で時間を停めてムカつく女子にお漏らしさせたったwwwwwDLsiteで買う 学校で時間を停めてムカつく女子にお漏らしさせたったwwwwwDMMで買う
「学校で時間を停めてムカつく女子にお漏らしさせたったwwwww」ついに完成しました。全パターンが見られるので、ぜひお買い上げください。