オモシューSOS

オモシューSOS『人質』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【美弥子】
題名:人質

まったく最悪だ・・・悪友に唆され銀行強盗を手伝う羽目に・・・
人質の女がトイレに行きたいと言い出した為
俺が見張りとして人質の女をトイレに連れて行くことに・・・
俺はいつだってこんな役ばかりだ・・・しかし今回ばかりは
あの悪友に感謝するべきだろう・・・なにせ俺にとって
最大の幸運が訪れたのだから・・・・・・

俺は堂々と女子トイレに一緒に入り個室のドアを
開けっぱなしにして人質の女を見張る・・・

「あの~出て行ってもらえませんか?」

人質の女を見張るのが俺の役割だから出て行くワケにはいかない・・・・・・

「そ…そんな…手も縛られていたら逃げられるワケありませんよ」

そんなことはもちろん解っている・・・本当なら
ここまでする必要などまったくないのだから・・・
ただ、眼鏡をかけ胸も大きくなにより制服姿・・・俺好みの
女のおしっこをしている姿を見たいだけなのだから・・・
アダルトゲームでしか見たことの無い
シチュエーションなのだから出て行くワケにはいかない・・・・・・

「キャッ!!お願いですから銃なんか向けないで下さい。」

それとこの脅えている表情もたまらない・・・だが生意気なことに
その脅しに逆らうかのように脚を・・・太股をしっかり閉じ
おしっこを出している所を見せないようにしてしまっていた
もちろんそんなことを許すワケは無い・・・こっちは
好みの女が放尿しているところをじっくりと鑑賞したいのだから・・・

「え?…おしっこしているかどうか脚を開いて見せろなんて…」

まったくトロくさい女だ・・・しかたないからまた人質の女の頭に
銃口を向けてやった・・・すると女の顔が青ざめ今にも
恐怖失禁してしまいそうなほどだった・・・・・・

「ヒッ!言う通りしますから撃たないでェ!!!」

渋々と女は股を開き泣きそうな顔で俺から顔を背けた・・・
女はマ○コをヒクヒクさせていた・・・もうおしっこが
我慢出来ないのだろう・・・なにせほんの少しではあるものの
もうおしっこがちょろちょろと尿道口から漏れ出しているのだから

「あっダメ!もうおしっこ我慢でき…」

そう言うと同時に一気に尿道口からおしっこが噴出してきた

「イヤッ!おしっこが!おしっこが!」

おしっこは勢いよく放たれトイレに響くほど大きな音を立てていた・・・
女のおしっこをしている姿を生でこんなにじっくりと
鑑賞出来るなんて思ってもいなかった・・・
そして女は見ず知らずの男の前でおしっこをしてしまっているという
恥辱・・・屈辱的な表情と我慢していたおしっこを出せた開放感・・・スッキリした
表情が入り混じった何ともいえない表情は実にそそるものがあった・・・

「…わ…私知らない男の人の前で…おしっこしちゃってる…もうイヤッ!」

あれだけ勢いよく放たれたおしっこもようやく勢いをなくし
雫のみが垂れ出しているだけになった・・・

「…もう、おしっこ終わりましたから…」

こんなたまらなく興奮するものを見てしまったのだから
もう収まりなどつくはずもない・・・それにこの
人質の女は縛られて抵抗することが出来ない・・・

「えっ?あのどうしてズボンなんか下ろして…」

まずはたっぷりしゃぶってもらおう・・・
おしっこで濡れ濡れのマ○コで童貞が捨てられるなんて
おしっこ好きの俺にとっては、まるで夢みたいだ・・・

「イ…イヤァァァッ!」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『ごめんなさい。おじさま』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
頻繁にお漏らしをしてしまう女の子は嫌いですか?
おむつをしている女の子は嫌いですか?おじさま?

【ナツミ】
題名:ごめんなさい。おじさま


すごく恥しいけど私はまた、いつものようにお洋服を脱ぎ仰向けになり
両足を開きおじさまにオムツを替えてもらっている

「ごめんなさい、おじさま。また、お漏らししちゃって…」

おじさまにオムツを穿くように薦められ毎日オムツを穿くようにしている
最近よくお漏らしをするようになってしまい、ぱんつをいつも汚すようになってしまったから・・・
そんな粗相をしてしまうダメな私をおじさまは怒ったり叱ることはしないばかりか、
こうしていつも粗相をしてしまった私のオムツのお取り替えをしてくださるのです・・・でも・・・

「あっ、おしっこは自分で拭き…イヤン!!」

綺麗にしていないと病気になると言い、おじさまはおしっこの雫が残っている
ところをワレメに沿わせティッシュで優しく丁寧に拭いて下さるから私・・・

「そ…そんな拭きかたしたら また、おしっこが…」

さっきお漏らししたばかりなのに、おじさまがとても優しい拭き方をするから
お股がキュンキュンと気持ちよくなって私また・・・・・・・・・

「ヒヤッ!!もうダメです!!おじさま!!おしっこが…おしっこが出ちゃいます」

どうしよう・・・ダメ止まって・・・おしっこ止まって・・・

「イヤァァン!!おしっこが!!!」

お願いおじさま見ないで!!私のおしっこを出している姿を・・・

「……」

またおじさまの目の前でおしっこしちゃった・・・
オムツのお取り替えをする度に私いつもいつもおしっこしちゃうから
きっとおじさまは私のこと、はしたない女の子だって思っているに違いない・・・

「…ごめんなさい、おじさま…」

おじさまの顔をまともに見れないよぉ~

「いつもお漏らししてしまう私のオムツを替えてくださったり…」

そんな優しいおじさまに私いつも迷惑かけてる・・・

「ですから、おじさまのくださるお薬でオムツを
 しなくてもよくなるように早くお漏らしを治しますね。」


本当はお薬が嫌いなんだけどお漏らしを治さないと私おじさまに嫌われちゃうから・・・

「そういえば、このお薬って"利尿剤”と言うんですね。
 お漏らしに効きそうな名前ですよね、おじさま。」


おじさまが下さるお薬ですもの絶対治るに決まってるわ
この利尿剤てお薬を飲んで一日も早くお漏らしを治さなくちゃ

でもお漏らしが治ったらおじさまにもうオムツのお取り替え
してもらえなくなっちゃうのかな・・・・・・?やだっ!!私なに考えてるんだろ・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.04」にカラーとモノクロが収録されています。
牡丹桜のBlog 内のおむつ関連の記事
オススメ同人作品【夜毎、少女は公園で。】
同人気まぐれチョイス「わたしたちのよごしかた -DLEditon-」(2011年2月26日)
同人気まぐれチョイス「あまえんぼ姉妹のおむつ部屋」(2011年1月15日)
同人気まぐれチョイス「OM2娘 3(Third)」(2010年10月16日)
オススメ同人作品【ミモピーチ~少女のための紙オムツ~】
オススメ同人作品【おむおん!(前編)】
おしっこ人形マリアさんの育成日記(マリアさんおゆうぎ会の最中にオムツお漏らしする)
おしっこ人形マリアさんの育成日記(マリアさんオムツでお漏らしをする)
■おむつ関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『ボクッ娘』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【ヒカリ】
題名:ボクッ娘

ボクはいつものように今日もにぃーにの前でショーツを下ろし
よ~く見てもらえるように足を開き、いままで我慢していた
おしっこを勢いよく噴出させた・・・

「どう?にぃーに、こんなに高くおしっこ飛んだよ!!」

にぃーにはおしっこが引っ掛かってしまうほどに顔を近づけ
食い入るようにボクのおしっこをしている所を見つめていた

「えへへへっ、にぃーに興奮した?」

にぃーには何も言ってこなかったけど、
ボクにはちゃんと分ってるんだから・・・

「本当にぃーには変態だよね女の子のおしっこが大好きなんて」

ボクは知ってるよ・・・・・・にぃーには女の子のおしっこが大好きなこと・・・・・・

ボクが小さな頃、おしっこをする時はいつもにぃーにに抱えてもらって
おしっこをしていた・・・にぃーにに「し~し~」と言ってもらって
おしっこをするのが大好きだった・・・一人でおしっこが出来るようになっても
にぃーにはボクのおしっこを手伝うと言ってくる・・・本当はおしっこを手伝って
欲しかったけど、ママにおしっこは一人で出来るようになりなさいと
言われたことと、やっぱり恥しいからというのもあり、断るようになってしまった・・・

それから数年後・・・たまたま、にぃーにの部屋であるモノを見つけてしまった・・・
それはHな本、DVD、アニメ、同人誌の数々だった・・・にぃーにがこんなものを持っていたことに
ちょっとショックだったけど、男の人はみんなこういうものに興味があるって知ってたから・・・

でも、にぃーにの持っていたHなモノはすべて小さな女の子がおしっこをしているものばかりだった
そのHなモノを発見していたところをにぃーにに見つかってしまった・・・その時たまたまおしっこを
我慢していたこともありビックリしてその場でおしっこを漏らしてしまった・・・
にぃーにがお漏らしのことを誰にも言われたくなかったらなんでも言うことを聞けと言い出してきた・・・
それから毎日のようににぃーにの前でおしっこを見せなきゃならないことに・・・
また、にぃーにはマンガのプリントが入っているぱんつや幼稚園児が穿くようなぱんつとかも
大好きでそんな女児ぱんつをボクに穿かせてお漏らしを強要したりも・・・

「わかってるよね?にぃーに、こんなことしてあげれる女の子なんて世界でボクだけだよ!!」

初めはにぃーにの前でおしっこやお漏らしをするのが恥しくて嫌だったけど
大好きなにぃーにに見られながらおしっこをするとすごくドキドキしちゃうの
だっておしっこをしている時はボクの事だけ見ていてくれるから・・・
それにこんな変なことしてあげれる女の子なんて絶対!!ぜ~ったい!!居ないもん!!
大好きなにぃーにはボクだけ見てくれればいいんだよ・・・
大好きなにぃーにの為ならボクどんなことでもしてあげられるよ
だから・・・・・・・・・

「だからボク以外の女の子に興味なんか持っちゃダメなんだからね!!」

大好きなにぃーにの為なら、いつでもどこでもおしっこやお漏らし見せてあげるから
ぜ~ったい!!他の女の子のことなんか見ちゃダメなんだからね!!

「もちろん、ボクがおしっこする時はにぃーにの目の前でしてあげるから…」

今ではおしっこが出そうになるとボクの方からにぃーにを呼び出し
ボクのおしっこを見せて上げてるの・・・もちろんおしっこはいつも
ギリギリまで我慢するようにしている・・・その方がい~っぱいい~っぱい
にぃーににおしっこを見せてあげられるから・・・・・・い~っぱいおしっこを
出しているところを見せてあげるとにぃーにはいつも・・・・・・

「あーっにぃーに また興奮しちゃったんだ?どれだけおしっこ好きなのよ、もぉー」

もぉー!いつもボクのおしっこを見る度にオチ○チンを大きくしちゃうんだから・・・
あ~~~~っまた我慢出来なくなってボクの前でにぃーにがズボンを脱ぎだして
大きくなったむき出しのオチ○チンをボクの目の前に突き出してきた・・・

「えっ…?ふふふふっそれはまだダメだからね、にぃーに」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ボクッ娘関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『縄張りでおしっこ』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【タマ】
題名:縄張りでおしっこ


私は『タマ』ご主人たまに飼われている猫だニャン
正確には『じんこーてき』に創られた猫だってご主人たまは
言っているけど私にはよくわかんないニャ~

そんなことよりぽっかぽっかの家の中でゴロゴロと
まったりしているのもいいけど、お外で散歩をするのもいいニャ~
・・・だって

「はぅ~っやっぱりおしっこはお外でするにかぎるニャ~」

私はあのトイレというところでおしっこをするのがどうも嫌いなんだニャン
あのトイレでおしっこをすると付けた匂いが消えてしまうからイヤだニャ~
動物にとっておしっこはただの排泄行為だけではないってどうして
うちのご主人たまは解ってくれないのかニャン
ご主人たまと一緒にお外で散歩の時おしっこをしようとする度
いつもご主人たまは怒るニャ~!!!

「ご主人たまはいつもお家のトイレでしろってうるさいニャン」

私は他の猫達と違い外見がご主人たまと同じような人間みたいだから
よく人間からよくジロジロと変な目で見られることがよくあるニャ~
それに今だって・・・

「ところでさっきっからず~っとこっちを見ているおまえは誰ニャ~」

私のことをじ~っと見ている人間のオスはご主人たまが持っている
『け~たい』というものを私に向けカシャカシャと音を鳴らしているニャン
人間のオスはなにやら私のおしっこを見ているようだニャ・・・

「はっ…まさか!!!!」

この世の中におしっこを見るのが好きだったり喜ぶ生き物が居る訳が無いニャン
私のおしっこを見ている理由はやっぱりアレしかないニャ・・・

「おまえもここの縄張りを狙っているのかニャ!?」

だからあんなに一生懸命に私のおしっこを見ていた・・・
絶対そうに違いないニャン!!

「ここは私が目をつけた場所だから誰にも譲らない…ニャ?違う…??」

人間のオスはどうやらここの縄張りが欲しいわけではないようだ・・・
それじゃどうしてあんなに一生懸命に私のおしっこを見ていたのかニャ?

「……」

人間のオスはまだおしっこをしている私にいろいろと質問してきたニャ
名前?とか今1人なの?とか、どこに住んでいるのか?それと・・・

「そりゃまたおしっこしたくなったらここで…」

私がそう言うと人間のオスはかなり喜んではしゃいでいたニャ・・・

「…て、ガッツポーズでどこかに行ってしまって変な奴ニャ~」

本当に人間という生き物はいまだに理解できないニャ~

「はぅ~っおしっこ終わったし早くご主人たまの所に帰るかニャン」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ネコミミ関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『お姫さまの秘事』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【ローズマリアン】
題名:お姫さまの秘事

わたくしは王様のある特殊な性癖を持っていることを知った
皆に優しく国民に慕われ幾つもの武勇伝を持つ
りっぱな王様がまさか、あんな方だとは・・・

「まったく王様は本当に変態ですわね」

スカートを持ち上げ王様の目の前に下半身を晒す
身に着けているぱんつは、まるで少女・・・いや幼女が穿くような
大きなぱんつ・・・もちろんこれはわたくしの趣味ではない

「お漏らししている姿を見ないと興奮できないなんて…」

そう王様は少女のお漏らし(おしっこ)で興奮してしまう
そんな変態的な性癖をもっていた

「…ええ、分かってますわ。王様が少女の下着を穿いたままでの
 お漏らし姿が大好きなんて変態なんて誰にも言ったりしませんわ…」

こんなことは誰にも言えるワケがない・・・わたくしだけが知っている王様の秘密

「あら、なにか間違っていますか?」

一瞬ムスッとした顔をしたがよほどわたくしのお漏らし姿を見たいのか
りっぱな王様が情けない顔をしておねだりをしてきた・・・
それを見てなんとも言えない優越感と快感を感じていた・・・

「ふふふ、ちゃんと素直に認めてくれればいいんですのよ、変態な王様。」

誰もが尊敬するりっぱな王様が少女一人にいい様に弄ばれている
こんな情けない変態な王様は他には居ないだろう・・・

「あっ…そろそろおしっこが出そうですわ。さぁ王様近づいてよくご覧下さい。」

その言葉でいそいそと股間に顔を近づけてきた変態な王様が
あまりにも気持ち悪くてつい変態な王様の粗末なモノを踏みつけてやった
わたくしのぱんつにおしっこでシミができた途端、変態な王様の粗末なモノが
踏みつけられているにも拘らず怒張しだした・・・

「…ああっっ出ちゃう!おしっこがおしっこが出ちゃいますわ!!」

ぱんつではもう受け止めきれないおしっこがぱんつから垂れだしてきた・・・
おしっこは大きな音を立て、王様は視覚と聴覚から得たもので
さらに粗末なモノを怒張させていた

「…はぁっ…はぁっ…アンッッ……どうですか、わたくしのお漏らし姿は?」

そのおしっこはようやく止まり周りにはおしっこの臭いが充満していた
また同時に生臭い匂いも発していた・・・どうやらいつの間にか
王様は射精していたらしい・・・しかもわたくしの足に踏みつけられながら・・・

「王様に喜んで頂けてわたくしも嬉しいですわ」

お漏らしを見ながら射精したのだから喜んでいない訳が無い

「ふふふ、下着がびちょびちょで汚れてしまいましたわ、さぁ
 いつものようにペロペロと舐めてきれいにして下さいね変態な王様」

変態な王様はおしっこでシミになったぱんつにしゃぶり付き
おしっこをペロペロと舌で味わうように舐めていた

もう王様はわたくし無しでは生きていけない程
わたくしのおしっこに夢中になっている・・・
だからこそわたくしの言う事はなんでも聞いてくれる
この国を手に入れることも・・・でも取り合えず
変態な王様の生臭い精液で汚れた靴を取り替えるのが先だわ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.03」にカラーとモノクロが収録されています。

■プリンセス関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『入院中にて』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【加奈】
題名:入院中にて

おしっこやうんちがしたくなればすぐおトイレに行けばいい
でも・・・おトイレに行くだけなのにこんなに大変だなんて
いままでそんなこと思ったことなかった

「…早くしないと漏れちゃう~」

右足を怪我してしまい今病院に入院している・・・
今は歩くのは無理だからと看護婦さんが尿瓶を用意してくれた
でもベットの上で尿瓶におしっこするなんて・・・それにこんなのに
おしっこしたら音を周りの人に聞かれちゃう・・・怪我をしたのは
右足だけだから松葉杖を使えばおトイレに行くだけなら・・・

「やっぱりこれじゃ歩きづらいよ…」

右足が動かないだけでこんなに歩くのが大変だとは思わなかった
おトイレなんてすぐ行けると思ってたのに・・・

(どうしよう……もうガマンできないし足も痛いし………)

頑張ってなんとかおトイレの近くに来れた・・・でも
ちっちゃな私には松葉杖を使っていない左手だけじゃ
おトイレのドアを上手く開けることが出来ない・・・

「…えっ!!」

おトイレに入れないと思ったとき我慢していたおしっこが
徐々に漏れ出しぱんつに沢山染みが浮かび上がりそして・・・

「いやっヤダッ!!おしっこが…
     おしっこが…おしっこが…」

おしっこはもうぱんつでは受け止められなくなり
ぱんつから足に伝いジョボジョボと音を立て
おしっこが溢れ出して来た・・・

「…ウえっぐ…ウえっぐ…どうしよう私、ちっちゃな子供みたいに
 おしっこガマンできなくてお漏らししちゃったよぉ~」

おしっこが中々止まらない・・・ず~っとおしっこ我慢してきたから
いっぱいいっぱい我慢していた分のおしっこが出て止まらない・・・

「びぇ~ん!!びぇ~ん!!
        パパ~ママ~ッ

どうしよう・・・おしっこをこんなにお漏らししちゃったから
きっとパパやママにいっぱい怒られちゃうよぉ~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.03」にモノクロが収録されています。

■病院系同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『ゲーム』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【美緒】
題名:ゲーム

私はあんまりゲームがうまくない・・・だからいつも
お兄ちゃんがゲームをしているところを見ているだけだった
本当は私もお兄ちゃんとゲームがやりたいのに
私がゲーム下手だからゲームをやらしてくれないの・・・
でも、急にお兄ちゃんがゲームのコントローラーを私に渡し
どこかに行ってしまった・・・

「これ、どうやったら止められるのかな…」

私はゲームの操作がよく分からないからゲームを止められなかった
て、いうかどうしてお兄ちゃんは私にゲームのコントローラーを
渡すのよぁ~・・・とりあえずしょうがないから頑張って
ゲームを進めたら・・・そうしたらビックリするぐらい
ゲームがいいところまで進ませることができた・・・しかし・・・

「せっかく、いいところまで行ったのにお兄ちゃんは
  居なくなっちゃうし私もうガマンできないよ…」

もう限界だった・・・でもこのままゲーム放り出したらきっと
ゲームオーバーになっちゃう・・・でも私このゲームの止めかたが・・・
だから足をバタつかせたり、周りをクルクル回ったりしたけど・・・

「……」

やはり限界だった・・・

「やっぱりダメっ!!出ちゃう!出ちゃう!出ちゃう!
                      おしっこ出ちゃうよぉ~!!」

そう・・・おしっこが出そうなんです・・・本当はちょっと
おしっこ出ちゃってるんですかど、まだぱんつにシミが
ついてしまった程度だから大丈夫・・・そう思っていたら

「あっお兄ちゃ…いやっダメェ!!おしっこが!おしっこが出ちゃう!!!」

突然お兄ちゃんが戻ってきたからビックリして
いままで我慢していたおしっこが急に勢いよく溢れ出してきた・・・

「…ううっ…」

ぱんつはもちろん周りの床一面私のおしっこでビシャビシャになっちゃった・・・

「…全部お兄ちゃんのせいだからね…」

も~ぉお兄ちゃんのバカ!バカ!バカ!バカ!バカァ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.03」にカラーとモノクロが収録されています。

■ツインテールでロリな少女関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『知らない男の人』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【ななみ】
題名:知らない男の人

街頭がつき始め空はもう暗くなりだした頃友達と遊びに行った帰り道一人で
家路に急いでいた中、たまたま運悪くこんな現場を見てしまったばっかりに・・・

「…うぇっっ…エぐっ…イヤッ!!」
(私は今、知らない男の人にぱんつを脱がされてしまってます
 …すごく嫌なのに…でも逆らったりしたら私も…)

いまここに居るのは私とその知らない男の人・・・
そして血まみれで倒れている人だけだった・・・

「…お…お願いです…誰にも言いませんから、その…人を殺したなんてこと…だから」

知らない男の人は私の穿いていたぱんつをクンクンと嗅ぎながら
いやらしい眼つきで私の下半身を食い入るように観ていた・・・すると

「…あっ!イヤッ!!」
(知らない男の人はいきなり私のアソコを触りだしてきました…そうしたら急に…)
「…あっ…あの…おトイレに……えっ?」

おしっこをず~っと我慢していたことを知らない男の人に捕まってしまって恐怖で
すっかり忘れていたけれどアソコを触りだした時に急に意識してしまい
おしっこをしたくなってしまった・・・だからおトイレに行かせてもらえるように
お願いしようとしたら・・・知らない男の人がとんでもないことを言い出してきました。

(私は耳を疑いました…だって目の前でおしっこをしろだなんて)

おしっこを我慢しようと抵抗するも知らない男の人は執拗に私のアソコ・・・
特に尿道を指で責めてきた・・・いや・・・ダメ!もう我慢できない・・・

「…イヤッ!!そんなところを触ったりなんかしたら本当におしっこが…」

人前でしかも知らない男の人におしっこをしているところを見せるなんて
死んでも絶対嫌!!

「…あっ…ヤッ!出ちゃう!おしっこが出ちゃ…うっっ!!!」

とうとう私はおしっこを漏らしてしまった・・・しかも知らない男の人の見ている前で・・・

「…ああぁぁっ…おしっこが…おしっこが…」

おしっこを我慢していたせいで大きな音を立てて勢いよくおしっこを放っていた
その上なかなかおしっこは止まってくれない・・・そんな私を知らない男の人はニタニタと
気持ち悪い顔でねっとりと観ていた・・・ようやくおしっこが止まった頃知らない男の人は
”なぁ~に、ここら辺は人は滅多に来ないんだ、騒いでも誰も助けに
来てくれやしないぜ、存分にお嬢ちゃんで楽しませてもらうか・・・”
と言って知らない男の人はズボンを脱ぎだし私に迫ってきた・・・。

(そして私はこの後、知らない男の人にオモチャのように…)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.03」にモノクロが収録されています。

■三つ網で眼鏡ッ娘系関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『敗者の掟』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【メイリン】
題名:敗者の掟

まさかこんなデブでメガネでどう見ても
オタクにしか見えないこんなキモい奴に私は・・・

「…う~っもう死んじゃいたいよぉ~」

私には油断もミスも無かった、しかも
いつも以上に本気を出していたにも関わらず

(どんな強い奴にだって負けたことないのに、
 この無敵の私があっさり負けちゃうなんて~っ!!)

「………」

しかし、今現状の大きな問題は
最強を誇った私が負けるはずが無いと自負して
ある、とんでもない賭けをしてしまったことだった

「…わ…わかってるわよ!!おしっこすればいいんでしょ!!この変態!!」

私が負けたらこのキモいオタク野郎の目の前でおしっこをすることだった

「…う~っ負けたらどんな恥ずかしいことでもやるなんて言わなきゃよかった…」

私は今穿いているショーツをオタク野郎の目の前で降ろし大切な秘部を
晒しているというだけでも死ぬほどの屈辱なのに、その上おしっこをするなんて
しかし闘いの緊張感がなくなって気が緩んだのか、下半身を丸出しにしたせいなのか
私は本当にその場で・・・

「…あっ…いやっ!うそ本当にお…おしっこが出ちゃうよぉ~」

おしっこは大きな音を立てて勢い良く放たれた・・・

「イヤァァッッ!!!!」

おしっこを見られているだけでも死ぬほど恥かしいのに
こんな周りに響くほど大きな音を立てておしっこをしているなんて
しかも・・・

「…ど…どうしよう!おしっこ、ず~っとガマンしてたから
 なかなかおしっこが止まらないよぉ~お願いおしっこ止まって~!!!」

おしっこが止まったのは床一面に大量のおしっこが広がり
アンモニアの臭いが周囲に充満しきっている頃だった・・・

それをキモいオタク野郎はニヤニヤしながら食入る様に近づいて
私のおしっこをしている姿を見ていた・・・これほどの屈辱は生まれて初めてだ!!!

「………」

どうしてもこのキモいオタク野郎に一泡吹かせないと気が済まない!!

「うぐぐっ…次はボコボコにしてやる!!新作の対戦格闘ゲームで!!」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.03」にカラーとモノクロが収録されています。

■チャイナ服少女関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは

オモシューSOS『プライド』

オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【姫歌】
題名:プライド

どうしよう・・・こんなときにかぎって・・・

「…そうよ、もうすぐで授業が終わるんだからガマンしなくちゃ…」

さっきまでなんともなかったのに突然、尿意を催してしまった・・・
私は誰にも気付かれないように足踏みしておしっこを
なんとか我慢することにした・・・別に我慢しないで
おトイレに行けば済むことなんだけれど・・・

「みんなのお手本にならなきゃいけない
 クラス委員長なのに授業中におトイレなんて
    行けないよぉ…それに恥ずかしいし…」

それにあと少し我慢すれば堂々とおトイレにだって行けるんだから
でも、この足踏みを止めてしまったらきっとおしっこを
漏らしてしまうぐらい今、窮地に追いやられている・・・
そんな私の状況など知る由もない先生が急に私の名前を呼び
問題を解くように言い出した。

「…えっ?うそ!!こんなときに私が当てられるなんて…」

問題自体はいつもの私なら難無く答えられるものだけれども
ただ今は、おしっこを我慢することで頭がいっぱいだった
突然「おしっこ」と口から出てしまうくらいに・・・

「…先生…あの…その」

私が中々、立って問題を答えなかったせいで周りがざわつき出した

「ヤダどうしよう…みんながこっち見てるよ…」

こんな状況になってしまうともう、いくら足踏みしても
おしっこを我慢することが出来なくなってきた・・・

「…あっダメ!!おしっこが…おっしっこが出ちゃ……」

おしっこがぱんつにジワッと染み出したかと思うとすぐに
おしっこが勢い良く溢れ出して来た・・・
やっぱり恥を忍んであのときおトイレに行っておくべき
だったと後悔していた・・・

「…うぐっ…ひぐっ…えぐっ………」

その状況に先生も困りだし周りの男の子が騒ぎ出していた

「…私、クラス委員長なのに授業中
  みんなの見ている前でお漏らししたった…
   もう、明日から学校に来れないよぉ……」

ようやくおしっこが止まったものの
私はただその場で泣き尽くすことしか出来なかった・・・

「…うぐっ…ひぐっ…えぐっ………」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.03」にカラーとモノクロが収録されています。
■委員長系関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
Ci-enで支援者大募集
Ci-en / サークル『牡丹桜』 / ヤソン社員 支援して頂けるとHPやブログなどで
載せた絵の大き目サイズのモノや
おまけ的なモノなどが見れます。
らくがきコーナーのギャラリー
  • HPのらくがきコーナー更新(今回は亜人奴隷少女のおねしょ&お漏らしとか)
  • HPのらくがきコーナー更新(今回は不思議の国(仮想世界)のお漏らしアリスとか)
  • HPのらくがきコーナー更新(今回は女児な弟子のお漏らしとか)
  • HPのらくがきコーナー更新(今回は新妻のイチャラブな水着お漏らしとか)
  • HPのらくがきコーナー更新(今回はニキビ鍛冶屋娘の副業で水着わざとお漏らしとか)
  • HPのらくがきコーナー更新(今回はペットな妹系ツインテール少女の水着お漏らしとか)
ものくろ・ぷにモレりすと
ものくろ・ぷにモレりすと
サークル『牡丹桜』の新作CG集
『牡丹桜』CG集(ランダム表示)
サークル『牡丹桜』の作品を販売しているダウンロード販売サイト
DLsite.com サークル 『牡丹桜』
FANZA同人【サークル 『牡丹桜』】
DiGiket.com 牡丹桜の作品一覧
Gyutto(ギュッと!) |牡丹桜
DL.Getchu.com【牡丹桜】
Melonbooks DL【牡丹桜】
▼海外版 DL販売サイト▼
Doujin manga and game download shop - DLsite English
DLsite.com台灣版 【牡丹桜】
電子書籍FANZA立ち読み
Re:レムプラス
IS<インフィニット・ストラトス> アーキタイプ・ブレイカー
IS<インフィニット・ストラトス> アーキタイプ・ブレイカー
オススメ定期購読販売雑誌
COMIC LO(エルオー)dengeki HIME (デンゲキヒメ)
Megami Magazine(メガミマガジン)娘TYPE (にゃんタイプ)
Newtype (ニュータイプ)Megami Magazine(メガミマガジン)
アニメディアアニメージュ
「牡丹桜のBlog」画像RSS
DMM.R18 期間限定セール    (毎週作品更新)
期間限定セール(毎週作品更新)
  • RSS
  • Dlsite blog