オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【姫歌】
題名:車中にて…

今日はパパが休日なので自動車で一緒にお出かけをすることになったの
お洋服もバッチリ決めてステキな一日になるはずだったのに・・・

「パパ!パパ!おトイレまだなの!?姫歌オシッコ漏れちゃうよ~!!」

自動車がまったく進まず、さっきからおしっこをず~っと我慢してるのよ!!
だって、ちょっと・・・ちょっとだけどおしっこ漏れちゃっているんだもの・・・
まだパンツにシミが出来ているくらいだけど・・・だから、もう
これ以上おしっこ我慢できないよぉ~!!

「渋滞だから無理って言っても…パパ…これって…?」

パパが飲んでいたジュースのペットボトルを私に渡してきた・・・
おしっこしたいのにジュースなんて飲めないよ!!そう思っていたら
中身はカラッポだった・・・もしかしてこのペットボトルで・・・

「…本当に、これにオシッコしなきゃダメ?」

絶対出来ないよ!!女の子の私がこんなモノにおしっこするなんて!!!
それにペットボトルにおしっこなんてしたことないから
どうすればいいか解らないし・・・でもこのままじゃ本当におしっこ漏れちゃう・・・

「お漏らしなんかしちゃって大事なお洋服を汚したりできないわよね…」

私は仕方なくおしっこのシミが付いてしまったパンツを降ろし
ペットボトルの飲み口をお股に・・・おしっこが出るところに近づけて・・・

「パパ…絶対こっち見ちゃダメだからね!!」

ちょっとお股の力を緩めた途端おしっこが溢れ出してきた・・・

「…あっ………」

すごく恥かしいけど、これでお漏らしをしなくて済む・・・
大事なお洋服を汚したりしなくて済む・・・そう思っていたのに・・・

「イヤっ!ダメェ! オシッコが上手く入らないよ~!!」

上手く入らないどころか、おしっこはあっちこっちに飛んでしまい
パンツや大事なお洋服を汚してしまうことに・・・そんな慌ててしまって
おしっこまみれになった私を見ていたらしくパパは笑っていた・・・

「…って パパこっち見ちゃダメェ!!!」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.03」にモノクロが収録されています。

■ペットボトルでおしっこや拡張な少女関連同人作品■
新しい「オモシュー」とかいろいろあるHPは