オモシューSOS(ショート・おしっこ、お漏らし・ストーリー)」は
HPに掲載していた「オモシュー」に、テキストを追加した、
さらにシチュエーションが詳しく書かれた文章のみのものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【ローラ】
題名:オネショ娘

私が朝起きるとまたいつものようにベットをビショビショにしていた。
そこに御主人様が私の部屋に入ってきました・・・

「グスン…ごめんなさい…また今日もオネショをしちゃいました…」

私はここのところ毎日のようにオネショしてしまっているのです。
その度に御主人様が私に・・・

「また、いつものように私にお仕置きを…あっ…イヤッ!!」

オネショをしてしまったというのに私はあろうことか
御主人様の目の前でさらにおしっこを漏らしてしまっているのです。

「…お…おしっこが止まらないよっ~…」

おしっこを止めようと頑張ったのですがなかなか止まりません。
おしっこが止まらないのはあの事を考えているからなのかしら・・・

「グスン…ごめんなさい…お仕置きをされちゃうと思っただけで私…」

私達のような使用人は粗相をしてしまうと
御主人様にお仕置きをされるのです。
私が初めてこの御主人様にお仕置きをされたのは、
こちらに使用人として初めて来た日の夜
ここで上手くやっていけるかという不安と緊張で
オネショをしてしまったのです。

その御主人様のお仕置き以来、
私は毎日のようにオネショをしてしますようになったのです。

御主人様はオネショの事を問いただしてきました。そして私は・・・

「えっ?…お仕置きされたいからオネショをしているだなんて
…そ…そんなことは決して…」

もちろん本当のことは言えません
・・・また、あのようなお仕置きを受けたいから
オネショが癖になってしまったなんて・・・
ああっ・・・またこれで今日も御主人様にお仕置きして頂ける・・・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵は「オモシュー NO.01」にモノクロで収録。

■おしおきされている娘関連同人作品■
新しいの「オモシュー」とかいろいろあるHPは