読切 『聖美NTR輪姦・後編』

読切 『聖美NTR輪姦・後編』(11話目SPC)

前編までのあらすじ
聖美は変態教師に脅されレイプされ、その身体を弄ばれ続けていた
しかし悲劇はそれで終わらず、変態教師のたくらみにより聖美は校長と理事長にその身を売り渡されてしまっていた



そして今日も聖美はホテルの最上階で犯されていた

高級ホテルの最上階
その一室の豪華なベットの上で聖美は理事長に犯されていた
老体だが性欲絶倫である理事長は聖美を腰の上に乗せ、ベットのスプリングを効かせて下から突き上げている

聖美はこんがりと日焼けした肌をさらけ出し騎乗位の形で重なって理事長の太い肉棒を自身の肉壷にくわえ込んでいた
しかしその表情には嫌悪の色が濃く表れている

そのベットの脇のテーブルでは校長が太った裸体を高級ソファに預け、二人の様子を楽しむように酒を味わっていた

「クックック、この小麦色に日焼けした肌がまたたまらんな、いかにも若い女といった感じが実にイイ」
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正01
「く・・・この変態ジジイめッアンタみたいなのが理事長なんて信じられないわっ」
「可愛い顔して口が悪いのはいただけないな、お仕置きだ!」

理事長は聖美の白い尻を遠慮なく手の平で叩いていく
パンッパンッと乾いた音と共に聖美が背をのけぞらせ小さくうめき声を漏らした

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正02
「あッくッいッ痛いじゃないのよ!気安く叩くんじゃないわよ!この変態!」

「フフフ、私を変態呼ばわりしておきながら君は尻を叩かれる度に膣が具合良く締まってくるぞ?
ひょっとしてお仕置きされたいがためにそんな口調を気取ってるのではないか?ん?どうなんだ聖美君?」
「うるさいッこの変態ジジイッ」

「その変態ジジイに弄ばれ濡らすんだから君もずいぶんな変態だよ聖美君」
「くッ・・・」

「ほら自分でも濡れているのが分かるだろ?
君はこうしておまんこにチンポをブッ刺された上で尻を叩かれるのが気持ちイイ変態って事だ」

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正03
「そ・・・そんな事嘘よっ私はアンタなんかに犯されて感じてなんか・・・ないっ」

「そう思うならそれで結構、君はいじめればいじめる程いい反応をしてくれる
本当にいじりがいのある女だよ聖美君」
「う・・・っくっ・・・」

「理事長、そろそろ私も混ぜてもらえませんかな」

酒を飲んでいた校長は顔を少し紅く染めてベットによじ登ってきた

「いいだろう、校長はこっちの穴の方が好みだったよな?」

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正04
「あっなっ!やめてよっ!そんな所指いれ・・・あっぁあああ!!」
「おぉ、いい具合に締め付けてくる、聖美君は本当根っからの淫乱だな、本当はコッチの方が好きなんじゃないのか?」

「勝手な事を・・・」
「はぁはぁ、もう待ちきれん!早速ためさせてもらうぞ聖美君!」

校長は聖美の事などお構いなしに自身の肉棒を無理矢理聖美のアナルにねじ込んだ

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正05
「んぐあああああああ!!」

「おおぉ!これはいい!素晴らしいぞ聖美君!」
「あぁいやっ苦しい!抜いて!抜いてよぉ!!」

「何苦しいのは最初だけだ、すぐ具合もよくなるから我慢しなさい!ほれ!ほれぇ!」
「何馬鹿な事言って・・・ぐっぐぁ!!」

「ケツにチンポが来た途端また締りがよくなったな、腹の皮を隔てて校長のチンポで犯されているのが私にも良く分かるぞ
こんなにでかいチンポを二つも咥えているのに感じるとはあさましい娘だ!」

性欲の塊である男二人に犯され聖美はこの悪夢が早く終わる事だけを望みながら声を漏らし、苦しみに喘ぎ続けた

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正06
「んはっはぁっあぁっ」
「ヒッヒッヒっ、あれほど嫌がっていたのにもう自分から腰をふるようになったか
日焼けした太ももと白い尻を揺らしながらケツにチンポくわえ込んでいるのを見るのはたまらんな、スグイキそうになってしまう!」


「くっうっうぅっ!」
「フフフ、こんな素晴らしい身体をしている聖美君が水泳の授業を受けている時を想像すると面白いな、きっと男子生徒は君の身体を見て興奮している事だろう、こんなに立派な胸と尻を薄布に包んで授業を受けるなんて思春期の男にはいい目の保養となろうよ!」

「ハハハハハ、全く理事長のおっしゃる通りですな、そう思うとますます興奮してきますぞ!そらそら!」

校長は聖美の赤く紅のさした尻肉を掴んで勢い良く腰を叩きつけていく
尻肉を腰でパンパンと叩きつけられながら聖美のアナルは校長の太い肉棒で無残に形を変えながら卑猥な音を鳴らして肉棒をくわえ込んだ

「ひぎぃいいい!あっあぁ!こ、壊れちゃうっお尻壊れちゃうううう!!」
「ハハハハっ!壊れるどころか私をイカせようと吸い付いてくるぞ?本当はイイんじゃないのかね?そらそら!!」

「んぐっはぁっあぁっあぁっくっはっあっあぁ!!!」
「いい声でなくようになったじゃないか、そろそろコッチもイクぞ!」
「おぉっ私ももう限界だ!その体にたっぷりぶっかけてやろう!」

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正07
「んはっはぁはぁ・・・くっ・・・お・・・覚えてなさいよアンタ達・・・」
「いいぞ聖美、その睨みつけてくる顔にたっぷりぶっかけてやる」
「私はその無駄にでかい胸と尻だ!」

ドビュドビュッ
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正08
「あぁ・・・く・・・絶対・・・絶対アンタ達許さないから・・・うっく・・・ひっく・・・」
「くっくっく、我々を相手に小娘が何をできる、お前は我々のオモチャとして弄ばれるしかないんだよ」

「理事長のおっしゃる通り、馬鹿な事は考えぬ事だ、それに君も楽しんでるじゃないかハッハッハッハッ」
「校長の言う通りだハァーッハッハハハハハハッ!!」

その後も聖美をいいように弄ぶ理事長と校長、そしてエロ教師だったが数日後、週刊誌にホテルに入る所を撮られ、翌日この3馬鹿は新聞の一面を飾ることとなったのであった

その後聖美がどうなったかというと・・・

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正09
「あぁパパァいいのぉ!気持ちいいのぉ!もっとおまんこじゅぶじゅぶしてぇ!お尻もいっぱい指でヌポヌポほじくってぇ!」
「こうか?こされるのがいいのか聖美!?」

「あぁいい!いいですぅ!もっともっとしてパパァ!汚れた私の体をいっぱい犯してぇ!」
「馬鹿言え、どんな男に抱かれようともお前が汚れたりするもんか、お前はパパの大事な一人娘だからな、これからはずっと俺が可愛がってやる」
「あぁ嬉しい、嬉しいですパパァ!」

こうしてパラレルワールドの聖美もまた父親と交わる運命をたどるのであった

「あぁパパァ!私幸せぇ!パパとセックスできて私幸せですぅ!あっあぁ!!」

END


パパはセックスがやめられないCG担当 黒木 一朗 (敬称略)
HPアドレス http://kurokikazuaki.web.fc2.com/index.html

読切 『聖美NTR輪姦・後編』CG(11話目SPCG)

絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正01
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正02
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正03
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正04
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正05
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正06
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正07
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正08
絶倫パパ イベント11-1 SPCGモザイク修正09

パパはセックスがやめられないCG担当 黒木 一朗 (敬称略)
HPアドレス http://kurokikazuaki.web.fc2.com/index.html
作品一覧
お世話になっている販売サイト様

裏橋製作の作品は
こちらの販売サイト様でも
お世話になっております


☆ただ今20%割引中!☆


☆ただ今ポイント還元中!☆

絵付きSS一覧
姉妹サイト裏橋製作プラス

クリックで裏橋製作プラスへ
別窓で開きますヨ
メルアド確認

裏橋のメルアド(画像)です
アドレス確認用に見て下さい
ピクシブからもメールOKです
リンクについて
リンクフリーです
自由にどうぞ~

↓現在のバーナー
ピクシブについて
裏橋のピクシブはコチラ
製作が忙しい時は放置気味です

掲載してる絵は
ブログにあるものと一緒ですヨ

  • RSS
  • Dlsite blog