今年の父の日CGはCGSS「パパはセックスがやめられない」から娘聖美が登場
2018父の日

「どおパパ?ママのおっぱいじゃこんな事できないでしょ?私の方がずっとパパを気持ちよくできると思わない?」
「た、確かに気持ちいいけどそういう事は言わない約束・・・」

「えぇ?何?聞こえないよ?私のおっぱいが気持ち良すぎて我慢できない?」
「うあああっそんな動いたらたまらん!で、出ちまうぞ!」

「いいじゃないたっぷり出しちゃえば?ママに出す分なんて残らない位全部私に出しちゃっていいからねぇ」
「そ、そういう訳には・・・あああ!聖美やばい出る出る!」

「いいわよ、このままイって、ほらほら娘のパイズリでドビュドビュ出しちゃえ!」
「ああ!限界!」

「ちょっとアナタ!何やってんの!」
「ぎゃああああ!礼子ごめんなさい!」

・・・
・・


「アナタ、ちょっとアナタ、日曜だからって寝すぎですよ?もうそろそろお昼になっちゃうわよ?」
「うーん・・・うーん・・・」

「何かうなされてるわね・・・アナタ?」
ガバ!
「礼子ごめん!俺が悪かった!だから捨てないで!離婚はやめて!」

「・・・」
「・・・あ?・・・あ?・・・あー・・・夢・・・か、ハハハ、おはよう礼子、俺何か言った?」

「その様子・・・アナタ、また私に隠れて聖美に手を出しているんじゃ・・・」
「ち、違う違う!誤解だ!誤解!」

「じゃあ正直に言いなさい、夢の内容を、嘘偽りなく正直に!全部!」
「聖美にパイズリしてもらってました」

スパァン!(ビンタ)

・・・
・・


「おはよーパパ、ずいぶんぐっすり寝てたわね、てか何その顔、ほっぺに赤い手形がついてるよ?」
「聞くな・・・これはママの愛の証だ・・・」
「よく言うわ、夢の中で私に隠れて聖美とイチャイチャイチャイチャ・・・」

「ん?どういう事?」
「聞くな」
「どうせ夢の中じゃ私なんか私なんか・・・」

「ママ、またパパと喧嘩したんだ?」
「違う!なぁ礼子機嫌なおしてくれ、愛してるから」
「本当?」

「・・・(察するにママったら夢の中までパパに容赦ないのね・・・)」
「本当本当、愛してる愛してる、すっげー愛してる!」
「・・・じゃあ今夜ちゃんと証拠見せてくれたら許してあげます」

「えー!今日は父の日だから私がパパとエッチする番でしょー!」
「こ、こら聖美、でかい声でそういう事を・・・」
「ダーメ!二人っきりなんて絶対ダメ!ママが許しません!」

「ケチ!」
「あの・・・二人とも落ち着い・・・」
「ケチで結構、ワガママ言うとパパ貸してあげないわよ!」

「パパはママのモノじゃないでしょ!」
「落ち着こう?な?な?」
「パパはママのモノなの!夫婦なんだから!」

「パパは私のパパだし!じゃあ今夜どっちがパパを喜ばせられるか競争ね!」
「俺の話を・・・」
「いいわよ、聖美よりママの方が好きって言わせてみせるから覚悟するのね!」

こうして父の日は妻礼子と娘聖美がパパにたっぷり奉仕してくれる愛欲に満ちた一日となりましたとさ
おしまい

パパ「二人とも仲良くやろーよ!」