2017年05月18日

Hパートと通常パートの狭間で葛藤しております、boumenです。
そして3日程、モデルデータの修正を行っておりました。以前にも書きましたけども殆どのパーツが連動している上に色々な動きができるため調整が地獄らしいです。取り敢えず直しましたが、まだ修正する箇所は絶対出てくるんだろうなあ。というか動画を撮った時点ですでにあった('д` ;)ぜえぜえ
服を半脱ぎにしたりするサンプル動画をアップさせて頂きました。下着もずらしたりできるんですがアップ先が天下のYouTube様なので自粛しております。
なお今作はおさわりの当たり判定が、かなーり正確になっております。これでストレスがなくなるぜ!

服のタイプはワンピース系、Tシャツ系、Yシャツ系、肩出し系、着物系など色々ございます。服のタイプによって脱がせ(ずらし)方に違いがありまして、動画にはありませんがずり下げる方法もあります。

(00:30)

2017年05月12日

どうも、boumenです。
前回のブログでの葛藤がようやく解決しまして、それなりに形になってきましたので動画をアップさせて頂きました。ほんの少しですが、これでやっとメインであるおさわりっぽい要素もお見せすることができたかなあと。
今作では2D視点で、女の子をマウスで掴んで動かして、座らせたり寝かせたりして、好きな場所でイチャコラ楽しめる仕様となります。関係ない話ですが今回はAfterEffectsで編集しました。ただ繋げただけなので編集でも何でもありませんけどもお。この作業で何故か1時間以上掛かってしまいました。動画編集能力がとても乏しいのでございます。過去作「真夏のひめごと」が全てAfterEffectsで作られているのが自分でも信じられんレベルです。動画編集って大変ですよねえ。ユーチューバーさんはすごいなあ、毎日動画を編集しているんだ、ぼくにはとてもできない。

引き続き猛スピードで製作進めさせて頂きます。

(16:57)

2017年05月01日

なんてこった、今日で4月が終わる・・・どうも、boumenです。
4月中、というかゴールデンウィーク狙って体験版出せたらなあと思っていたんですが、普通に無理でした。全然間に合わなくてごめんなさい ('д` ;)はあはあ
これは4月中に情報だけでもと思い慌ててブログ書いております。
実はおさわり、というかおさわりに至るまでの設定で悩んでおります。どれくらい悩んでいるかといいますと悩みすぎて一睡もできないくらい悩んでおります。

今作は、ともかくシンプルにしたんです。おさわり自体の自由度は、前作よりかなり高くなります。問題はそれに至るまでなんです。所謂えっちするロケーションというやつです。
以前から「今作では2.5Dの限界に挑戦する(キリっ」と豪語しておりましたが、モデリングの時点でMASABOの限界がきてしまいおさわりに需要のない横向きはナシになりました。実はこれには他の理由もありまして・・・
ぶっちゃけた話、どんなに頑張っても、3Dには勝てないんですよ。
今の3Dはどんどんレベル上がってますし、2Dの絵をどんなに頑張って見せても、勝てへんとです。ペーパーマンはペーパーマンなんです。なんか中途半端なんですよね。これを自分の中で悟ってしまいまして、2.5Dで頑張ることに疑問が生じてしまったんです。だったら、2Dの限界に挑戦したほうがいいんじゃないかと。それなら中途半端になりませんし、2Dだからできることってあると思うんです。
そして、2Dのキャラを3D空間で自由に動かそうとすると、どうしても違和感が生じてしまいます。だから自由に歩き回るというのは、今作ではナシの方向に持っていこうと思っています。そういうのは、いずれ3Dモデルでおさわりゲームを作りますので、その時にまた挑戦します。
ゲーム中の移動は基本コマンドで選ぶだけになりますが、えっち中もそれでは、折角3Dマップ使ってるのに勿体ないと感じるわけでして。それなら3Dじゃなくてマップも2Dで十分じゃないか、と。マップが2Dになると劇的に動作も軽くなるでしょうし、今作は女の子のモデル自体がおね夏〜と比べて全然軽くなっているので、物凄い動作の軽いゲームがでますし。作業量も減っていいことずくめな訳です・・・が、やっぱり3Dマップは惜しい。ゲームとして動かしているとどうしてもそう思えてしまいます。
3D空間使うけど2Dの絵の雰囲気を一切壊すことなく(非ペーパーマン化)、とても動作の軽いものを作れればなと。
今のところ考えているのが、ドロップアンドドラッグで女の子を簡単に移動させるというもの。これなら座らせたり寝かせたりもこの動作でシンプルに行えそうですし。問題は3Dマップですねえ。
メインのおさわりシステムのほうを進めつつ、思案していこうと思います。

実は結構作っているんですがあまりお見せできるようなものがございません・・・なので今回は動画はありませぬ。進展しているのかしていないのか判らないスクショだけになりますけど勘弁してやってください ('д` ;)はあはあ
なんかスクショすると凄い粗くなるのはなんでだろう。そしてブログ書いている間に5月になっちまった!
otogisample000
otogisample001

(00:29)

2017年04月15日

気がつけば4月半ばです、boumenです。
また間が空いてしまいました。時間経つの早いっす('д` ;)はあはあ

今回も動画を用意させて頂きました。
お見苦しい点がありますけどもよろしかったら見てやってください。



まだおさわりはお見せできませんが、一連のゲームの流れとなる部分は大分出来上がってまいりました。
内容はこんな感じです↓
通常パート:移動して冒険したりイベントをこなしたりモンスターと戦ったりアイテム集めたりする
休憩パート:スタミナがなくなる、なくならなくてもいつでも当パートへ入れる。ここで料理したり錬成したり色々作ったりできる。町や村にいると宿、フィールドではキャンプでBBQ(基本的に野宿であり豪華なキャンプセットはない)。えっちもこのパートで行う。ここで食べるご飯によって、休憩後のステータスに影響が出たり、休憩中のココリにえっちな影響がでたりする。ごはん以外にもおやつをたべる、作ることができる。これも休憩中のココリに影響がでる。

今作では料理、ポーション、武具、媚薬や大人のおもちゃを作成できます。食材や材料は色々なところをしらべたり、お店で買うことでゲット可能。
媚薬も強力なものを作ったり、色々な作用のあるものを調合できます。大人のおもちゃもそんな感じです。
前作までは、大人のおもちゃや衣類は、一度入手してしまえばそれきりでしたが、今作では個別に扱われます。
作った料理や薬等は、ショップで販売することが可能です。同じように衣類も売ることができます。つまりココリが穿いていたパンツとかを売ることができます。言うまでもなく穿いていてなんかこう匂いとか付いてるやつのほうが高く売れたりします。逆に精子とかぶっかけられているとry
なお、服は洗濯することで綺麗にすることができます。これは休憩パートに行えます。

目的は魔王を倒す〜ですが、基本的に自由に行動できます。
フィールドを移動して町やダンジョン、アイテム集めなどをして進んでいきます。船で移動もできるようになります。高級車はでてきません。
最初は限定されますが、進んで行く順路などは特に決まっていない感じです。

また、ココリと主人公(プレイヤー)以外にも仲間キャラが何人か登場します。

体験版今月中に出せる・・・のか?
ちょっときびしいっすねえ('д` ;)はあはあ

(01:43)