髪の毛を紫色に染めたおばあさんを見かけたことはありませんか?
私の身近にもいて、近所の人たちは『紫のおばあちゃん』と呼んで親しんでいます。
とても派手な紫色なので、
「それ、なんのコスですか?」
と、思わず聞きそうになったこともありますw
なぜ紫色に染めるのか、不思議で仕方ありませんでした。
本人に聞けば手っ取り早いのですが、ちょっと憚られます。

しかし、その謎が、ようやく解けました。
紫に染める理由が書かれたサイトを見つけたのです。
そのサイトがこちらです。
http://www.tokiomonsta.tv/news/article/598-hitomebo-Grandmas-hair.html


要約すると、


日本人は少し黄ばんだ白髪になるので、きれいな白髪に見せるために、黄色の反対色の紫で染める。

髪の毛が伸びるたびに染め直すので、紫色が髪に蓄積し、濃く、派手になっていく。

「紫の髪もいいじゃない。気に入った」

白髪を美しく見せるためではなく、紫色にするために紫色に染めるようになる。


サイトでは、

女性は何歳になってもお洒落を楽しみたいという気持ちが強いのかもしれない


と書かれていますが、


一昔前のヤンキー宜しく、ど派手な姿のおばあさんたちが徒党を組んで、バイクか何かでブイブイ言わせながら市街地を走り回るようになる未来を、私は想像してしまうのであります。
(そんなことは実際には起こらないだろうけどね)