大きなカブ

畑に、カブが出来ました。
今まで見たこともない、めちゃくちゃ大きなカブです。

「これは、たまげた。規格外で出荷できないけど、折角だから早速引き抜いてみよう」


カブ農家のおじいさんは、ムキムキマッチョなその腕で、カブを引っ張りました。
でも、カブはビクともしません。


「1人じゃダメか」


おじいさんは助っ人を呼ぼうと、持っている携帯電話で近所の人たちに電話をかけました。
でも、ここは過疎の村で限界集落。


『診療所で定期健診中』
『今日はデイケアセンターの日』
『人工透析中につき電話に出られません(留守電メッセージ)』


返ってくる答えは、こんなのばかりでした。


仕方がないので、カブに縄をかけて、トラクターで引っ張ることにしました。
茎の根元をロープで固定して、いざ牽引!
唸りを上げるトラクター。
その駆動輪が空転して、畑を掘りながら砂煙を上げます。
縄には頑丈なワイヤーロープを使いましたが、それが今にも千切れそうです。
でも、カブはビクともしません。


そして、



ぶちっ!!



カブの茎が取れてしまいました。


「やっちゃった」


もう、カブに縄をかける場所はありません。
でも、おじいさんは諦めません。


「よし、引っ張るのが無理なら、掘り出してみよう」


おじいさんは、雪かき用のスコップで、カブを掘り出す作業を始めました。
カブを傷つけないように、丁寧に掘っていきます。
毎年大量の雪を1人で取り除いているおじいさん。
これくらい、屁でもありませんでした。


そうしておじいさんは、カブを掘り出すことに成功しました。


「こりゃ、たまげたな」


穴の底で、カブを見上げるおじいさん。

なんとそのカブは、おじいさんよりもずっと巨大で、アフリカゾウの大人のオスほどもありました。


「これはギネス級の大きさだ。デジカメで撮って、ブログに上げてやろう」


おじいさんがカブをブログに載せてしばらくすると、観光客が村にやってきました。


「どうじゃ、これがわしの自慢のカブじゃ」


おじいさんが得意げに指差すその先には、確かに大きいけれど、水分が抜けて干からびてしまった、残念なカブがあるだけでした。



おしまい。

コミケ81の設営に参加してきました。

午前中の測量と、午後の設営、両方に参加しました。



・測量

広くてたくさん動けそうで、形が単純で難易度が低そうな、東1~3ホールの測量に参加しました。
開始時刻は10時過ぎ。
測量の基準点となる『0点』をメジャーで割り出してから、まず両端の基準になるバミ(赤いL字型の印)を貼っていきました。
2人でチームを組み、1人がバミを作成し、もう1人がそれを受け取って、決められた位置に貼っていきます。
しかしメジャーの文字が小さいので、指示された場所を見つけるのが少々難儀でした。
その後、今度はホールの幅いっぱいに張られたメジャーが、ホールの長手方向に動くので、それに合わせて、やっぱりそのメジャーの所定の位置にバミを貼っていきます。
今度は自分の担当する目盛りの場所が変わらないので、先ほどより楽でした。
それでも自分の担当する場所を忘れる人がいるので、小さくちぎったガムテープを印代わりにメジャーに貼って対処しました。

測量は11時20分頃に終わりました。

sokuryou
↑基準点を測量しているところ



・設営

12時から、設営作業が始まりました。
やっぱり東1~3ホールのに参加しました。
まずスタッフがラジカセでラジオ体操を流し、準備運動。
それから机運びが始まりました。
今回も、トラックの荷台上で作業をする可能性のある人は、全員ヘルメットをかぶって作業する決まりになっています。
なので私も、ヘルメットを準備会から借りて作業に当たりました。
トラックの荷台上から見る景色は、格別でした。

行列の本数を多くしたためか、机はすぐに並べ終わり、イスも同じような理由であっという間に並べ終わってしまいました。
東1~2ホールは13時3分に、東3ホールはその約20分後くらいに、設営作業が終わりました。
設営棟梁(設営責任者)は、私たちが設営作業をしている間にいろいろやることがあるでしょうに、こんなに早く設営作業が終わってしまっては、棟梁の仕事時間もあまり取れなかったのではないでしょうか?
設営棟梁が、
『設営は速さを競うゲームではない。おまえら、もっと設営作業を楽しめ!!』
と、泣きながら言っていた理由が(事故を起こされては困る、ということ以外でも)なんとなく分かったような気がしました。

setsuei

続きを読む

お鉄な1日だった。

今日はスカ色113系を使った団体列車が運転され、しかも大宮ではJRの大宮工場が一般公開されるので、両方に行ってきました。

まず113系の臨時団体列車の撮影から。
千葉県内で活躍していた113系は、長野へ続々と廃車回送されています。
上越線・信越本線経由で回送されているらしいのですが、今回、JR東日本の千葉支社は、それをツアー列車として仕立ててしまったのです。
廃車回送に旅客を乗せて金儲けとは、さすがJR東。やることがキタナイ、、、。

津田沼を出発して、越後湯沢へ帰らぬ旅に出る113系。
それを、船橋駅で撮影します。

通過予定時刻は10時17分頃。
9時40分頃に快速線のホームに行くと、撮影ポイントの千葉寄りのホーム先端部分には先客が2名いました。
緩行線のホームには、もっとたくさんいました。
東京方面からやって来た通りすがりの人が、他の駅のホームにもたくさん人が集まっていた、と言っていました。

10時前から雨が降り始めたので、皆屋根の下に退避。
しかし風が強いので、雨が当たります。

列車が来る直前にそれぞれ撮影場所に戻り、いっせいにカメラを構えます。
そして大雨の中、ついに113系が姿を現しました。
厚い雲のせいで暗く、シャッター速度を上げられないので、ズームレンズを伸ばして撮影。こうすると相対速度が下がるので、遅いシャッター速度でもぶれずに撮ることができます。
他の人も、望遠レンズを使って対応していました。
撮影の工夫が功を奏し、ぶれずに撮影できました。


113系を撮り終えた後は、大宮へ移動。
11時30分頃に大宮工場に到着しましたが、入場行列などはなく、253系日光きぬがわ仕様車の体験乗車のチケットなどもすぐに手に入りました。

会場内は親子連れがたくさん。
今流行の(?)『ママ鉄』『子鉄』も大勢いて、この中から未来の鉄道ファンが生まれることにちょっと期待。
しかし子供が、きちんと並んで車輌を撮影している人たちの前に出たり、混雑した会場内を走ったりしても、注意しない親がいたのは残念です。

会場入り口でもらったパンフレットを見せると、通常よりも安い料金で鉄道博物館に入場できるので、そちらも行ってみました。
鉄道博物館に行くのは、今回で二度目。
博物館の中は、やっぱり親子連れが多くいました。
カップルもいましたが、周りが見えていないようでした。リア充爆発しろ。

博物館内には実際の車輌が多数展示されていますが、場内が暗くてよく見えません。
塗装保護のために暗くしているのかもしれませんが、せめて現行の倍くらいの明るさは欲しいと思いました。


そして16時過ぎに博物館を後にし、家に戻りました。
今日は、とても、鉄分の濃い日になりました。


写真
1枚目:大雨の中、帰らぬ旅に出るスカ色の113系。
2枚目:車輌工場敷地内に展示された機関車たち。

20111015_01

20111015_02


作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog