楠木あくとの製作と趣味の日記

楠木あくとのブログ。製作物の話とか趣味の話とか。

カテゴリ: 玩具・カード

擬人化ACのキャンペーン品が当たりました。
・・・クリスマスフレーム七駆掘りお疲れ様キャンペーンかな?

今回の景品はカード用のクリアフレーム。
売ろうかとも思ったけど、今回はダミーカードも無かったし、
モノ自体も香取先行のときと同じだろうから大した値はつかなそうかな。
ということで、自分で使うことに。

toy275
とりあえず余っていた漣中破をセット。
カードをはめ込む枠があるので、カードがナナメになるようなことはないです。
でもかなりカッチリとした枠なので、カタチの違うカードはセット不可能かな。
多分、エンスカイのクリアカードは角が直角なので無理。
サイズの小さいなか卯のカードとかは大丈夫かな。スカスカになりそうだけど。

注文していたシングルカードが到着。
これにて流星の皇子4弾はフルコンプ。

card116
フェイク主人公だったギンガと、姉から嫁になったミホシ。
ミホシはミニスカートで飛行能力を使うことに戸惑っていたようだけど、
これは履いてないようにしか・・・
2人で踊るように戦うらしいけど、
マンガ版今川Gロボのアルベルトと樊瑞みたいな感じだろうか。

card117
ユノアナザー(右)。

今回のアナザーでは唯一、色違いだけでなくイラスト自体に手が加えられてます。
まあ、あんまりありがたみのない変更点ではあるけど。

顔つきはそのままだけど、色やデザインが悪の女幹部っぽく。
全体的に色が黒っぽく、翼が骨に、後ろには構造がよくわからない変な頭蓋骨が。
一応ラスボスの龍形態の頭部を模した何かっぽいけどよく分からない。
武器の刀身はラスボスの骨から削りだしたらしいけど、
別に武器と頭蓋骨が一体化してるわけでもないみたいだし・・・
まあ、細かいことはいっか。雰囲気、雰囲気。


この章もこれで終了。
でもまだ神羅は続くみたい。うおぉぉ・・・
早く円満終了してくれっていうのは買い続けてる客の総意じゃなかろうか。
まあ次は半年ほど空くようなので、ちょっと負担は減るかな。
客的にも、絵師さん的にも。

バトスピは一時期イラスト目当てにちょこちょこ摘んでいたのだけど、
そのポイントが少しだけど溜まっていたので、
ちょっと前に全部消費してプレゼント応募していたのですが・・・
すっかり忘れていました。
それが当選してて今日届いたようです。

card113
5口でまゐ様イラストのカードが当選。
バトスピ部の懸賞は初めて当選しましたね。
特にタバック加工などがしてあるわけでなく、ノーマル仕様。
まゐ様ならブレイブ版のまゐ様のほうが嬉しいものの、
毎月景品は変わって先も見えないので、ポイント消費するならここかな、と。
バトスピのアニメはダンさんのシリーズと烈火魂しか見てないし。

card114
ついでに余った端数のポイントで1口応募したプロモも当選。
両方当たるとは思わなかった。
いや、片方でも当たるとは思ってなかったけど。応募してたこと忘れてたし。
カードの仕様は地味だけど、イラストは可愛いのでよし。


で、カードはスリーブに入った状態で送られてきたのだけど・・・
card115
スリーブの柄。
う、うん・・・

通販で2BOXと、スーパーのバラ売りから23個購入。
もう近所のコンビニにも置かなくなったなぁ。
今後はネット買い安定か。

以下、女性キャラ中心に。

card109
悪の女幹部二人。
息子に敗れ、母としての愛情に気付いたイルミナ。初めて知った人の愛~
実に美味しい役所。そして相変わらずエロい。ダメージ絵なのもエロい。
ユノはこう見えて敵のナンバー2。ぽっと出の幹部だけど普通に可愛い。
ホロ仕様のアナザー版があるけど引けなかった。これがちょっと痛い。
シングルで買うか。

card110
今回の箔、シグマ。
いつもなら最終形態は全身金鎧で、鎧部分が箔になることが多いけど、
シグマの最終形態の鎧は仙力と妖力の混合だからか金と銀のツートンで、
箔版は金部分は透過、銀部分を金ホロ箔にして全身金ピカになるという仕様。
普段の金箔とどっちがいいかはわからないけど、キラキラして綺麗。
タウはホロになれなかったか・・・
でも初登場時の地味な絵柄からよくここまで可愛くなったものです。

card111
今回の青肌枠はラヴィーナさん。アナザーは色違いのみ。
初登場時のカードは絵が小さいのが残念だったけど、
今回はカードのスペースをいっぱいに使ったバランスのいい構図。
エロさも増し増し。アナザー引けてよかった。
パッケージイラスト(の1種)もラヴィーナさんが担当したけど、
そっちもかなりエロくてレジに持って行くのがちょっと恥ずかしい・・・

card112
そしてエピローグカードは人間の子供に転生したイルミナ。
これは予想外のオチ・・・神羅らしいっちゃらしいけど。
敵のボスが死ねば配下も全部死ぬという鬱設定からの逆転ハッピーエンド。
箔ホロ版も無事に引けて一安心。エピローグはホロのほうが見栄えイイしね。
しかし、こうなると『流星の皇子』はイルミナの物語だったなぁと思う。
ギンガが主人公だと思ったらシグマが主人公と思ったらイルミナが主人公だった。
さすが神羅の狐は扱いがいい。

ロボが3枚ダブったときはちょっとヤバいって感じだったけど。
最終的に箔2種を引けたので、引きは良かったかな。
特に幼女イルミナの箔ホロはありがたい。


残るカードはギンガ&ミホシとユノアナザー。
どちらも微妙に値が張りそうだけど、これ以上はバラで引けるとも思えないし、
ネットでシングル買いしよう。

card108
サクラ大戦クルセイドの檄帝パラレルを購入。1.5k。
12kとかしてた頃が懐かしい。
これにてサクラ大戦クルセイドはプロモ含めてフルコンプ。
まあエキスパンションが1弾とプレミアムセットのみだけだけど。
Ⅴが出なかったのは個人的に残念でしたが、
クルセイドTCGの末期に出たことを考えれば十分な内容でしょう。

クルセイドTCGも来月で完全終了。
価格も下がってるけど、市場に出回る量も減ってるし、
カードショップが取り扱いをやめる前に、欲しいカードは確保しておこうか。
これまでもチマチマ集めてたから、欲しいカードもかなり少なくなってるけど。

このページのトップヘ