流通さんにお願いされたこと

落ち着いたといいつつ全然落ち着いてねえや! って感じでした。ええ。

というか公式サイトの方がやたらと落ちたりするのでとりあえず上位プランに変えてみたりとか。共同サーバーなのでウチの負荷だけじゃないと思うのですが。


そんで。前回の続き。

流通さんにお願いされたことです。

1. 紙箱にできないか
2. フライヤーの制作
3. 広告を打つ

概ねこんなところです。

ざっくり言いまして、初期投資してね、というところです。

1のまず紙箱ですが、店頭で目立つようにするには紙箱が望ましいらしく。
ただ今回は低価格タイトルですのでコストがちょっときつく。デカくなったら置く場所もない。ということでDVDパッケージになってます。

2のフライヤー。これは店頭などで配布しているものです。
流通さんがお店さんに渡すものとして案内になるというのがあります。

f02

悩んだ末にポスターとして使えるような形状を作ってみました。
A4が立てで二つ折りになっており、2枚あわせるとポスターっぽい大きさになります。

……が、これは若干失敗だったかもしれません。現在、店舗ではフライヤーの配布がとても限られているのです。せっかく「みんなが欲しがるような」ものを作ったものの、「どこにいけばもらえるかわからない」みたいな状況だったのですね。

 かといって、作らないわけにもいかない。このあたりなかなかオトナの事情な感じです。

3の広告ですが、これもいろいろと提案されます。

ちょっと面白い試みとして、原画さんがマンガ連載をしているコミック快楽天に打ってみてはどうか、というような話を。



……さて、もちろんこれらは絶対にやらなければならない、ということではないにしろ。そこの自由はあまりないかな。。という感じがしました。

 同人の場合、これらの初期投資、宣伝行為は基本的にはやりません。だからこそ、敷居が低い。その気になれば制作者の身一つでやれるのが同人です。

 しかし初期投資がかかるとなれば結構大変です。上に書いたことは、それなりの金額になるのです。

「どうしようねえ」

 こういう話になってちょい悩みました。

 こちらの当初の目的はAmazonにおいてみようぜ! という軽い気持ちだったわけで、追加要素を付ける、他にもいろいろやるとなると結構しんどいのは間違いない。

 同人の発想では「売れるかどうかは作って出してみないと分からない」 特にオリジナルは、前まで売れてたけどパタリと全く売れないとかいうことも、結構あることなのです。

 だからこそ初期投資はなるべくしない、という考え方が普通。

 条件面も含め「こりゃちょっと無理かもしれない」ということをホビボックスさんに伝えたところで、また意外な答えが返ってきました。

 つづく。


 ……と、忘れるところでしたが、くだんの「やりすぎいたずら~」はダウンロード販売が開始してます。



DLsiteさん以外にもいろんなサイトに登録しておりますので、探してみてください。
割引やポイント還元率などサイトによっていろいろ違います。

アマゾンを含むパソコンショップの各店でも8/12に買えます。

あと、コミケのホビボックスさんのブースでも購入できます。こちらはちょっとしたオマケつきですのでそちらもどうぞ。


そんなわけで「同人作品を既存流通にのってけみる」つづき

ご無沙汰です。

ぼちぼちと一段落し始めましたので「同人作品を既存流通にのってけみる」続きをかいていきますです。

現在DLsiteさんを含む多くのダウンロード系サイトさんのほうでやりすぎ~といたずら~が販売停止になっておりますが、これは流通に乗っけるということで単体作品も流通さん(ホビボックスさん)の取り扱いにさせてほしいということでそうしました。

さて、まずホビボックスさんに相談したときに言われたのは「なにか追加要素つけられないか」ということでした。

なるほど追加要素があった方が売りやすいのは間違いない。このあたりから企画というかモノの方向性自体に意見が加わるのかと感心したりして。

そこでせっかくなので軽く遊べるミニゲームでも作ってみようということを提案。ちょっと変わったことをやってみたかったという感じでもあります。

そこでできたのが「さいころ! スイミングスクール」という双六ゲーでした。もともと作りたかったんですよねこういうの。

sai01sai03


プログラムさえ頑張れば関わる人数は最小限ですむ、という目論見だったわけですが、そこ自体は狙い通りだったものの、なんだか意外とがんばりすぎてしまい、結局これ一本分手間かかっちゃったんじゃ……というのは本題とはあまり関係のない余談。

とまれ、流通さんと組むというのは「利益の共同体になる」ということであり、こういうところの一つ一つが交渉になってくるんだなと今になったら思います。

次回、「流通さんのお願いなど」について。
ー  さいころ! スイミングスクー



同人作品をAmazonを含む、流通にのっけるには

ご無沙汰ですがいろいろやっておりました。

Amazon関係とかの続報です。

ずっと前の記事では「倫理団体に加盟しなきゃいけない」→「それには法人を作らなきゃいけない」というコンボでうーむと思っていたのですが、まあなにはともあれやってみようということで動いてみました。

そうしたら前よりもいくつハードルが下がっていることが分かりました。

・法人登記

今は電子定款のオカゲで自分でやるよりも行政書士に頼む方が安い、という塩梅になっています。また、合同会社ですとさらにお安いことが分かりました。

このあたり詳しくは専門のページに譲りますが、例えば知合いに会社を持ってる人がいるとかでしたら合同会社にすると10万円はかかりません。株式会社ですと20万ちょいです。

・倫理団体

いろいろと統合され、去年より入会金、年会費、シール料と安くなっていました。HPに値段が書いていないので一応伏せますが、電話なりで問い合わせれば丁寧に教えてもらえます。

http://www.nichieishin.com/index.html

・規定が変わった

倫理団体の規定が変わり、パッケージに住所と電話番号を載せなくてもよくなりました。事務所などを借りなくてもいいわけですから、かなりメリットです。

・どうせならということで流通さんにもいってみた

ホビボックスさんは普通に窓口があるのでメールを投げたら話をきいてもらえました。

http://www.hobibox.co.jp/

 

所感ですが、今はかなりこういう細かいことをやるには簡単になってるなあ。。という感じです。

昔は法人化というと自己資金がたくさんあるか、もしくは大借金をして、みたいなイメージでしたが、かなり変わっていますね。流通なんて紹介がないと相手にしてもらえないのかと思ってましたし。

そんなわけで「アマチュア作品を店に置く」というのを実際にやってみるレポを逐次ご報告していきたいと思います。

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog