今年最後のブログの更新になります。

基本、Ci-enの方に投稿した内容と同じものになりますので、ご了承いただければ、と思います。


まずは、本年いただきましたご愛顧とご支援について、改めてみなさまに深く御礼申し上げます。

日頃からのお力添えのおかげで、6colorsは2019年も元気に活動をしていけそうです。
昨今のさまざま厳しい社会情勢の中、これは本当に尊くありがたいことだと思っています。

これからも、「明るく楽しく、そしてちょっと切ない物語を」をモットーに、性にボーダーレスなエロ+ひと時の癒しになるソフトウェアを提供していく所存です。

さて、そんな来年度の予定ですが、まずは1月・2月と新作を公開する予定です。
どちらも、プレイ時間3~4時間程度の短~中編RPG/ADVになります。

まず1月、男の娘/性転換モノ「ボクな僕はキミに連れ往き恋を想う」をリリースします。

現代風ファンタジー世界で、魔導学院の「卒業試練」に臨むオレ様系男子と、彼をこっそり慕う真面目で可愛いオトコの娘。
RPGモードでの二人の冒険と合わせ、ADVパートではもどかしくて青い、男子×オトコの娘の「恋」の進展を描きます。

ここまで読まれて「おや?」と思った方は、当サークルの古参ファンかも。

はい。
このタイトル、2011年に公開したADV、「ボクな僕がオレな君に」のリメイク作になります。

「ヒロイン」のシイタは、当サークルの「3大可愛いオトコの娘」の一人。
ずぅっと「もう一度」と思っていたこの作品に、ようやく光を当てられる時が来ました。

新たに追加したRPG部分も手応えありなこのタイトル、オトコの娘/性転換っ娘、どちらからでも愛好いただけるような(少し無茶な)仕様でお送りします。

スペックは、立ち絵を除く基本HCG16枚・差分100枚超、Hシーンは12~3。
価格は800~900円での販売です。


続いて2月。
脱出系も隠し味な自由移動型ADV、「オトメス☆ケープ ~ボク?ボクッ!ボクゥ?!の三重奏~」がリリースです。

折に触れて制作をお知らせしてきたこのタイトル。
お待たせしてしまいましたが、なんとか完成できそうです。

題名からもわかる通り、描かれるのは全編「可愛いオトコの娘との/オトコの娘同士」のカラミ。
女子は一切出てきません!

ここまでがっちり男の娘×男の娘を書いたのは初めて?
(現在、制作者自ら堪能中...)
エロ可愛いオトコの娘がお好みの方は、ぜひプレイしてやってください。
CGはトランス・フィメール・ファンタジーシリーズと同じく、ユウサギさんにお願いしました。

そしてラストには、ちょっと面白い展開も。

スペックは、「それぞれ可愛い」オトコの娘の立ち絵十数人、イベントHCGは20枚超、シーンも20超と、当初の予定よりボリュームアップしました。

価格はやはり800~900円になるでしょうか。


――と、以上2作から2019年はスタートします。
来年初めにはCGも公開していきますので、今しばらくお待ちいただけると幸いです。


ちなみに、どちらも開発ツールはツクールMVになります。


そして、続いて控えるのが「トランス・フィメール・ファンタジー レガシー」。
夏にリリースを予定の、当サークル2019年のメインタイトルです。

現在、仕様書をほぼ書き終わり、絵師のユウサギさんにCGを依頼する直前まで。

年末から始めたクリエイター支援サイト「Ci-en」での記事は、この「TFFレガシー」の進捗が柱になっていくと思います。
まずは、CGラフなどを公開しつつ、になるでしょうか。

気になる方は、こちらからチェックをお願いします。

さて、ゲーム内容は、「トランス・フィメール・ファンタジー ネクサス」同様、魔法を使えば使うほど女性化していく」ファンタジー性転換RPG。
システム周りもよりプレイしやすく強化します。

さらに、新機軸はカスミ・リート・エリイカ、3人からお気に入りを選べる、マルチ主人公プレイ。

メインとなるパーティメンバーも10数人、Hシーンも70を超え、主要シーンではボイスも。
間違いなく、当サークル史上一番の大作になると思います。

みなさんの期待を裏切らないものに仕上げていくつもりですので、なにとぞ応援の方、よろしくお願いいたします。

オフイベントとして、5月にコミティア128に参加しますが、ここで体験版を頒布できるといいな、と思ってスケジュールを組んでいます。


――というわけで、夏が終わるころには、この「レガシー」を完成させて、そして、秋からは……
今からいろいろ考えていますが、話し過ぎるのも鬼に笑われそうなので、またの機会に。


ではでは、本年の活動はここまでに。


みなさま、良いお年をお迎えください。
そして、来るべき年も、6colorsをどうぞよろしくお願いします!