「トランス・フィメール・ファンタジー ネクサス」、メニュー周りの画像などを。

image_20170908_210503image_20170908_210525image_20170908_210556

ステータス画面は、立ち絵付き。
主人公のみ、「魔法の鏡」入手後はメニューに項目が加わって、

image_20170908_210617

こんな女性化進行度が表示されるのは、前作までを踏襲しています。

なお、ステータス・装備品等は暫定データですのでご了承ください。

ちなみに、ウィンドウ枠画像には、
栗下 義孝さん(http://kurige.net/)の「王冠とリンゴウィンドウ」を、
表示には、
SumRndmDdeさん(http://sumrndm.site/)の「Window Frame Anti-Stretch」プラグインを使用させていただいています。

メインメニューに「旅のノート」なる項目がありますが、これは新要素。
主人公は、ストーリー上の都合&割とこまめに記録を取る性格で、
同項目から、常時過去シーンの回想に加えて、心理の女性化を、主人公主観「旅の日誌」から振り返ることができます。

まあ、「ヘラクレスの栄光3」仕様と申しますか。(古い)


map_sample

こちらはワールドマップの一部。
今回は内海があるので、船も登場します。

また、画像に写っていませんが、砂漠や雪山もあります。

戦闘は、100%逃亡可に加え、オート戦闘も搭載。
もっとも、「魔法を使って女性化」の仕様はそのままなので、
「成長」させるためには、ある程度考えて戦闘しないといけないのはシリーズ共通です。

「難しい」と言われることが多い当サークル作。
レトロな雰囲気は残しつつ、良いバランスを模索しながら制作しています。

戦闘回りや敵キャラのCGなどは、また、次の機会に。

今年は秋が過ごしやすそうで、ありがたいなぁと思いつつの制作の日々です。