20190602




今更前回のような日和ったのを描いても、魅力がないと思うのだった。