ラッキーアースラボラトリブログ

★辰波要徳とサークル「リファイア」情報★

フツーに日記とか

【つれづれ日記_001】

SS 罰ゲーマー沙弥☆2
毎度大変長らくご無沙汰しております。
もう残骸と化している僕のサイトとこのブログですが、昨日思い立ってci-enとFANBOXで日記的な投稿を始めてみたので、そういう無料テキスト系はこちらにも同じ内容を転載していこうと思います。
という訳で以下転載。
* * * * *


すっかり更新が滞っていてごめんなさい。
でも、残念ながらこれが僕です。
「どんどんガンガン更新したいな」と思ってはいても実際にはなかなかそれができない。
「毎日少しずつでもしっかり原稿を進めれば余裕をもって〆切に合わせられる」と思ってい(以下略

とはいえこんなに放置が続くとさすがに非常に申し訳ないので、ブログ的というか日記的というか、適当に投稿する癖をつけるチャレンジをしてみますね。

さて。
最近のトピックとしては、僕の誕生日がありました。
…って、もう20日以上前の話だけど!
で、去年Amazonのほしいものリストを公開して一定額以上のプレゼントを贈ってくださった人には色紙リクエストを受け付けることにしてみたところ、思いがけずたくさんの方から(12名様ほどだったかな?)プレゼントを頂いて感激しました。
でも、この通りちょっとした更新もまともにできない性分故、リクエストされた色紙を描くのが非常にキツかったので、今年はミニ色紙などを何枚か予め用意しつつ、さらにペンやシャーペンで紙に絵を描いていた時代の原稿を小分けにしてプレゼントすることにしました。
実はまだ集計してないんですが、これまた思いがけずたくさんのプレゼントを頂いてしまって驚きです。というかシャレと下心でリストに加えたいくつかの高額商品もまんまと頂いてしまって、海より深く感謝しております。本当にどうもありがとうございました!

現在僕は例によって〆切が間近に迫った漫画原稿に向かって鬱々としているところです。進捗が悪いと自己嫌悪が半端なく高まってヤバいです。でもこの最終話を描き終えれば、長く続いた苦しみとオサラバできる予定なので最後の一頑張りでガッツを振り絞りたい所存です。
作画作業中はpixiv Sketchで作業配信することが多いので、もしよければ覗いてみてください。話しかけられてもお応えできませんが。でも誰かに監視されるとサボらず作業が続けられるんです。

今回はこんなところで。
ではまた!

あけおめ2019

あけおめ2019あけましておめでとうございます!!

まさかの丸々一年振りの御無沙汰でございます。(・∀・;)
毎度繰り返しになりますが、今年も去年より向上すべく頑張りたいです。焦らず少しずつでも、しかし確実に前へ上へ歩を進める所存です。

でもこのブログはさすがにもう諦めてもらった方が良さそうですね…。
もしよければ、今後は以下のサイトをチェックして欲しいと思います。

FANBOX(pixiv運営)
Ci-en(DLsite運営)

これらは所謂パトロン系のサイトでして、クリエイターが現金による支援を募集するサービスではありますが、僕的には普通のブログ的に使っていきたいと思っています。もちろん有料のコンテンツも増やしていきたいと思ってますが、同時に無料のラクガキや駄話も気軽に増やしていきたいな、と。
現在は二つのサイトで僕のページを開設してますが、どちらも内容は全く同じです。

以上、今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。

手馴らし 20180101あけましておめでとうございます!
今年も、去年より頑張りたいと思っております。よろしくお願いします!

それにしても、このすっかり役割を終えてしまったように思えるホームページをどうしたものでしょうかね。^^;
去年の春にプロバイダがレンタルサーバーの業務を終了するというメールが届いたのを機に、このサイトはいっそ終了にして新規に同名のブログを始めようかと思っていたんですが、なぜか問題なくサーバーは継続されたのでこうして昔ながらの状態で残っております。
でも早いうちにブログに切り替えた方がいいですよねやっぱり。それを決行する気力が出せればいいんですが。(・∀・;)

あまり加齢のせいにはしたくないものの、ここ数年で仕事以外の事にエネルギーを出すことがすっかりできなくなってしまったように感じます。このホームページを開設した頃は仕事なんて無かったのでひたすらサイトを弄る事に情熱を燃やしていたし、その姿勢はエロゲ原画の仕事をするようになっても結構長い間続いたものですがねー。

加齢もさることながら、世相の変化も大きいですよね。今や絵描きの絵を見る場はツイッターとpixivなど…要するにSNSですね。作家の個人サイトに絵を観に行くという人はもしかすると絶滅危惧種ではないでしょうか。
こういう前時代的「ホームページ」を構えていると、むしろマイナスイメージを生む要因になっちゃったりして!?
現代に生きる作家としては、サイトを現代にマッチした状態にリファインするか、ブログに完全移行するか、どちらかを選んで実行する必要があるかもしれません。

2017年もお世話になりました

ギャル姉単行本 表紙A-2案こちらのブログでは安定のご無沙汰です。( ˘ω˘ ;)

応援してくださる皆さま、今年も大変お世話になりました。ありがとうございました。

僕が創作を続けられるのは、それが生活費を稼ぐ手段だからというだけではなく、僕の作品に興味を示してくれる方々の存在あればこそだと思います。
基本的には好きなことを好きなようにやってるだけなので、一人きりでもそれなりに何か作るのかもしれませんが…発表した作品に対して誰一人興味を示してくれなかったなら、今の自分は無かったのは確実だと思います。

自分で自分に期待するほどはガンガン作品を量産できなくて歯痒いのですが、来年も今年より活発に活動したいとは思っています故、よろしければ引き続きお付き合い願えれば幸いです。

それでは皆様、どうぞよいお年を!(´∀`)

2017年 明けましておめでとうございます

C1A144WVEAAshyY明けましておめでとうございます。
2016年中も皆様のお力添えのお陰でプロ作家人生を継続できました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!
先ほど始まった2017年も益々張り切って参りたい所存です。どうぞよろしくお願いします。

という訳で、なんと年が明けてしまいましたね。このブログを最後に書いてから放置する事7か月! 若い頃は「三ヵ月程も更新しないホームページは即刻存在を抹消するべきだ」などと思っていたものですが・・・まさか自分がこんなザマを晒す日が来ようとは驚きです。^^;

多くのクリエイターの情報発信の主役はSNSに取って代わられた昨今、従来のホームページの存在意義も随分薄れてしまった気がします。
そんな中、僕が利用しているレンタルサーバーもサービスを終了するという知らせが舞い込んでまいりました。
これを機にサイトの運営は終了も止む無しと考えますが、サイトとこのブログは運営会社が別でして、ブログを公式サイトとして継続する方向で考えています。
「ラッキーアースラボラトリー」というサイトは消え、このブログが「ラッキーアースラボラトリー」という名前になるということですね。

またキツキツに忙しい日々が続いてしまう予定ですが、ラッキーアースラボラトリー移行計画をちょこちょこ進めたいと思います。

そんなこんなで今後ともよろしくお願いします!(゚∀゚)

無念の極み

愛美1もう二月半ばというか、まだ二月半ばというか。
今年は冒頭から話題に事欠きませんねー。あんなに世間が怒りに怒ったベッキーとゲスななんちゃらとの不倫騒ぎも超人気アイドルグループの揉め事も、清原逮捕の大ネタで吹き飛ばされ、それも一息ついた今は何ちゃら議員の不倫騒ぎやら馬鹿な議員先生連中の馬鹿発言連発やらで、すっかり狩野英孝の女問題騒ぎも忘れちゃいましたねえ。他にも忘れたネタがありそうだけど、本当に忘れちゃいましたw
世の中の移り変わりは本当に速いと痛感する今日この頃です。

そんな中、私は、今月内の完成&ダウンロード発売開始を目指して作品制作に頑張ってましたが、ここへきて断念です。ただでさえ手が遅い自分が2週間ほどで一本完成させるのはやはり無理がありました。無念!>_<

それでも本当に無理矢理でっちあげることは可能だったかもしれませんが、間に合わせるためにだけあからさまにクオリティが低くてボリューム激薄の漫画を発売したところで誰も得をしないことになりそうですからね。
改めて、来月半ばの完成を目指して引き続き頑張ろうと思います。

という訳で、作っているのは漫画です。モノクロ29P+カラーカバー絵1枚の予定で進めてます。
社会人になって体もすっかり大きく育った20歳の息子と母親が甘々セクースするだけのシンプルな内容。
でもヤッてるシーンにこんなにページを割いて漫画を描くのは私としては初めてのことです。これまでの雑誌での漫画のエロシーンは若干のダイジェスト感が否めないかと思いますが、そのいつものパターンから脱却するチャレンジでもあります。その面で、これまでにない満足感を感じてもらえたら嬉しいですね!

52は早過ぎる

CabeY5oUYAAjNxT韮沢靖さんが亡くなられたという。享年52歳。

正直、そんな猛烈なファンだった訳ではないはずですが、妙にショックを受けています。

私が韮澤さんを知ったのは、まだサラリーマンだった20代前半。その頃は会社帰りに本屋へ寄ってオタク情報やエキスを吸収するのが日課でした。ある日目に止まったムック本を立ち読みして衝撃を受け、普段はまず買わないであろう3800円もするそのハードカバーの本を衝動買いしました。『クリーチャー・コア』です。
その日から毎日その本を眺めることになりました。とにかく衝撃的。オリジナリティ、アレンジ能力、日本人離れした雰囲気、漲る禍々しいオーラ、信じられない造形技術、溢れるイマジネーション・・・。全てに憧れましたね。
萩原一至、寺田克也、竹谷隆之といった、私が影響を受けた他の複数の作家とも繋がっているのも、何だか神々が天上界で仲良くやってるような感じでひたすら凄いなーと。

何かしらをクリエイトして世間に発表するクリエイターとして、もし自分が死んだ時、何を望むか。
私であれば、私が残した作品を、少しでも多くの人の記憶に残して欲しいという事かも。

韮澤さんの存在を、今後私が忘れることはきっと無いのではないかと思います。
今までと同じように、常に頭の片隅で禍々しい輝きを灯し続けるでしょう。

やりたいこと、作りたいものはまだまだ頭の中にドッサリ山積みだった事でしょうね。
ただただ、残念です。

どうぞ、安らかに。
ご冥福をお祈りします。

今年こそ変わりたいんだってば

blog_20160131今年もあっという間に一ヶ月過ぎようとしてますねこんにちは!

えー、毎度景気の良くない話が多くて恐縮ですが、今年も幸先が良くないです。(´Д`;)
去年は、ガリガリ作品を作らなくてはいけないと判っているつもりでいても、いざ着手しようとした時にあれこれ迷いが出てしまい結局何も出来ないまま時間を浪費してしまいました。
結果、現在はえらいことになってます。死ぬ気で金を稼がねばリアルなデスが待ってますですよ。
とりあえずこれから一ヶ月以内に売り物を一本仕上げる難題をクリアしなくてはなりません。「できなかった」は無い。やるしかない。頑張ります。




続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

作品一覧
最新コメント
サークルプロフィール
記事検索
タグクラウド
  • RSS
  • Dlsite blog