CabeY5oUYAAjNxT韮沢靖さんが亡くなられたという。享年52歳。

正直、そんな猛烈なファンだった訳ではないはずですが、妙にショックを受けています。

私が韮澤さんを知ったのは、まだサラリーマンだった20代前半。その頃は会社帰りに本屋へ寄ってオタク情報やエキスを吸収するのが日課でした。ある日目に止まったムック本を立ち読みして衝撃を受け、普段はまず買わないであろう3800円もするそのハードカバーの本を衝動買いしました。『クリーチャー・コア』です。
その日から毎日その本を眺めることになりました。とにかく衝撃的。オリジナリティ、アレンジ能力、日本人離れした雰囲気、漲る禍々しいオーラ、信じられない造形技術、溢れるイマジネーション・・・。全てに憧れましたね。
萩原一至、寺田克也、竹谷隆之といった、私が影響を受けた他の複数の作家とも繋がっているのも、何だか神々が天上界で仲良くやってるような感じでひたすら凄いなーと。

何かしらをクリエイトして世間に発表するクリエイターとして、もし自分が死んだ時、何を望むか。
私であれば、私が残した作品を、少しでも多くの人の記憶に残して欲しいという事かも。

韮澤さんの存在を、今後私が忘れることはきっと無いのではないかと思います。
今までと同じように、常に頭の片隅で禍々しい輝きを灯し続けるでしょう。

やりたいこと、作りたいものはまだまだ頭の中にドッサリ山積みだった事でしょうね。
ただただ、残念です。

どうぞ、安らかに。
ご冥福をお祈りします。