bro-20120201景気よく本年のスタートを宣言したとたんに放置で申し訳ないっす。w
あっという間に一ヶ月過ぎてしまいましたね。
先月は例によって原稿に追われて酷い目に遭ってました。^^;
時間と気持ちに余裕を持ってスルッと原稿を完成させられるのはいつの日か。

さて。
原稿に追われて心の余裕が無かった割に、珍しく新規スタートのアニメをいくつかチェックしてみましたよ。ちょっと期待したのは『輪廻のラグランジェ』と『モーレツ宇宙海賊』。
ラグランジェはネットで評判が異常に高いみたいだったし、モーパイは私世代には馴染みのある原作者による作品。
しかしいずれも3話目でギブアップです。^^;
前者は、命がけのバトルのはずなのにあまりにも緊張感が無いノリに付いて行けません。キャラの思考パターンもとても共感できない。あとロボットカッコ悪いし。w
後者は、展開が遅過ぎるというかストーリーの主題が見えないというか。ズバリ言って退屈です。^^;
ガッカリしつつ、盛り上がってた様子のネットの評価もさぞ急降下しているだろうと思いきや、依然として高評価っぽいですね!?
『タイガー&バニー』に続いて、世間の大人気作品と自分の感性全く合わないパターンキタコレって感じですが。

しかし一方で『ガンダムUC』がヒットしましたよ!
「ファースト」と注釈を加えるのも気に食わない、ガンダムと言えるのは『機動戦士ガンダム』のみ! という超原理主義な自分にとって、ガンダム以外のガンダム作品に素直にときめく事ができるなんて奇跡的です!w
これまでの唯一の例外は『ポケットの中の戦争』だったんですが、アレはストーリーは良かったけどキャラデザがどうしてもガンダムにマッチしてると思えなくて未だにそこだけが気に食わないんですよ。^^; でもUCではキャラデザも安彦テイストが漂いつつ新鮮な空気もちょっとあって、全く自然に受け入れることが出来ました。
んで、特筆すべきはMSの戦闘シーンですよね。ご多分に漏れず、1話冒頭のクシャトリヤに一瞬でハートをキャッチされましたよ。やられ役が必ずしもデクの棒じゃないところもいい。結構反撃して「おっ!?」と思わせておいて、でもやっぱりマリーダは涼しい顔で撃退する。熱いっすよねー!^^
全天球コックピット内の表示とか、所謂ファーストの世界とは異質ですが、現代のリアル世界での驚くべきデジタル技術の発展のお陰で、素直にリアリティを感じたりしました。ア・バオア・クーから20年とか経てば、普通にそういう進化をするだろうな、と。
デストロイモードへの変身が見た目だけでなくストーリーに大きく影響を与えているのも好印象。サイコミュ乗っ取りとかに驚愕。ブライトさんの違和感の無さにさらに驚愕。w
ただ、イデオロギー問答というか、あーだこーだの言い合いや悩みが若干ウザいですね。^^; あれをもうちょっとだけ控えめにしてくれると文句無しなんだけど。
引き続き5話にも期待です!


↓拍手コメントありがとうございます!
>> 01/03 07:22
燃えよドラゴンwww今年もありがとうございます!!
今でも毎年友香姉さんの姿を拝めるのが凄く嬉しいです~!!!
辰年も宜しくお願いします・GBL

信じられない亀レスでマジごめんなさい!^^;

友香絵を喜んでもらえて嬉しいです!
未だにMJキャラを描いて喜んでもらえるなんて幸せな事ですね。
ではまた来年!w