BlogPaint私が最も入れ込んでいるメタルバンド、サーベル・タイガーが復活する!
嬉しい!
しかもメンバーが凄い。木下御大以下、田中マシン康治アニキ下山三瓶水野の、ほぼスーパー・タイガー・プロジェクトなのだ。

サーベル・タイガーが最後にアルバムを出したのは2005年のことで、以降は主に地元札幌で精力的にイベント出演などをコンスタントに行うもののメンバーが安定せず、ヘルプのボーカル時代が2年以上も続いたり、その間ドラムも脱退し、代わりに加入した新ドラムが一瞬でラウドネスに引き抜かれたり、仕舞いにゃあ三瓶の思いやり提案(?)によりバンドが一時解体、リセットされたりとファンにはなんともヤキモキさせられる状態が続いていた訳ですが。
しかし2008年、リセットによって身軽になった木下御大とその仲間たちは、ファンが最も求めているであろう面子を集めてスーパー・タイガー・プロジェクトを立ち上げて我々を驚かせ、慎重にライブと話し合いを重ねた結果、この度ドラムだけを代えて正式に新生サーベル・タイガーとなったのですよ。(解説終わり)

アニキこと下山は、サーベル・タイガー脱退後はシックス・ライドやらダブル・ディーラーやら梶山とのプロジェクトやらと頑張ってきたものの大きなブレイクには至らず燻っていた感がありますが、このサーベル・タイガー復活に至る運命だったと考えれば下手に売れてくれなくて良かったかも。w
梶山とのプロジェクトは私もかなり気に入ってましたが。でももう一つアグレッションが欲しかったんですよねー。

私がメタルに求める主な要素を全て持っているサーベル・タイガー。
アグレッシブでメロディアス、そしてインテレクチュアルでガッツィー。さらに切ない曲はとことん切なく、全体的にドラマチック。そんな要素に興味のあるメタル好きには、寅年の今年、是非とも彼らに注目して欲しい!

そーいえば日本のメタルバンドとしてもう一つ私的に思い入れが大きいアウトレイジも、ファンが夢に見た橋本の復活によって瀕死だったバンドが(失礼)すっかり息を吹き返し、最近最高に素晴らしいアルバムを出してくれたばかり。

そのアウトレイジが4月に札幌に来てくれることになっており、サーベル・タイガーも復活、当然ライブをやるとなると、いよいよ自分もメタボ腹をなんとかして会場へ突入するしかないか!?
最後にライブに行ったのは市民会館のインペリテリだったか琴似でやったレイジだったかよく覚えてないけど、どちらにしても10年以上も昔だ。w
気恥ずかしさや家庭の事情やらで二の足を踏み続けていた自分だけど、なんとか見に行きたいぜ!

ちなみにこの度サーベル・タイガーに復帰したマシンこと田中と水野はI'veとの繋がりが結構強いみたいで、MELLKOTOKOのライブやCDでバックバンドに参加してます。
メタルに興味ないエロゲユーザーの皆さんにとってはそっちのラインからマシンが最も知られているかも。
いっそ、その繋がりでサーベル・タイガーにも興味を持ってくれると嬉しいな!