ベルゼブブのBlog

std1706-03
「真・痴漢の極み」情報です。
まずはお詫びでございます。やはり9月上旬は製作的に厳しかったようで、配信予定日を10月下旬から11月上旬を変更したいと思います。お待ちいただいております、皆様には大変ご不便をおかけ致します。配信が延びた分、完成度を上げれればと思います。宜しくお願い致します。

さて、本日の画像は、エキストラキャラクターの「HYPNOS FUCK-ヒュプノスファック」の「泉尾優希」ポニテバージョンになります。エキストラキャラクターはメインストーリーにはかからわず、攻略できるキャラクターで、主に旧作のキャラクターで構成されております。泉尾優希は、初期状態は「威嚇」で、難易度はBクラス。厨王線を主に利用しています。周囲に仲間のドキュングループが少ないと、初期状態が「我慢」に低下しますので、最初はその状態を狙ってみてもらえれば、攻略が楽になるかと思います。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。


blogimg
「真・痴漢の極み」情報です。
ご無沙汰ぶりの更新です。今年も例年通り、お盆の先祖返りにまぎれて、ビグザムサイトを漂っておりました。今年は比較的涼しくてなによりでした。さて本日は「播磨エリ」の登場イベントシーンのご紹介です。場所はホームでしょう。読書中のようです。最近はスマホの普及により、読書や新聞を読む人の姿も、随分と減ったような気がします。「ちょっと、お父さん、食事中に新聞はやめてくださいな」とか「ちょ…、駄目……、今、読書ちゅ……」などという光景も日常から消え失せたのでしょうか。それはそうと、断面図に関して多数のご意見ご感想ありがとうございました。やはり色々なご意見があり、大変参考になりました。また、本編アンケートでもお伺いすることもあるかと思います。その際は宜しくお願い致します。あ、ヒロインの紹介があまり出来ませんでした…。では、そちらはまたの機会ということで。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

blogimg
「真・痴漢の極み」情報です。
本日は「筒井未架」の登場イベントシーンのご紹介です。場所は駅改札でしょうか。彼氏と思しき人影が見えます。彼は基本ヘタレなので、気づいてくれません。気づいても、気づかないフリをします。それでも最後には彼がなんとかしてくれると信じている、彼女の希望を全力で打ち砕いていただければと思います。少し前になるのですが、前作で導入しました断面図のアニメのご質問をいただきました。前作配信の際に、反響が見事にありませんでしたので、需要がないのかなと思い、今回は設計から見送っておりました。どうなのでしょう、やはりあったほうが臨場感があるものでしょうか。今後の参考も踏まえご池などいただければ幸いでございます。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

blogimg

「アニメ版 自宅警備員」情報です。
今月7月28日(金)にOVAの第3巻が発売となります。第3巻では、満を持して人妻翔子の登場となります。ゲーム版とは違った昼下がりの熟した翔子をお楽しみください。

blogimg
「真・痴漢の極み」情報です。
電車内での、シミュレーション部分のインターフェイス配置が、出来てきました。ここからブラッシュアップしていくことになりそうです。本作では、電車内の揺れに合わせて、ターンコマンド式で痴漢を行っていきます。臨場感のあるリアルタイム式と悩んだのですが、慌ただしいと痴漢に集中出来ないと考え、ターンコマンド式を採用しました。電車の揺れは画面右上にある、ピッチングと書かれているものが、それに該当します。揺れはピッチング・ローリング・ヨーイングとあり、後者になるほど揺れが激しくなり派手な痴漢をしても、不審に見られなくなります。また、仮に不審に思われそうな状況でも、フォロワーたちを上手くコントロールして正義の味方たちを寄せ付けなければ、やはりやりたい放題です。「皆は一人のために、一人は皆のために」。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

blogimg「真・痴漢の極み」情報です。
彼氏と付き合い始めのJK「筒井未架」の立ち絵線画が出来てきました。「筒井未架」こちらの立ち絵では物思いにふける表情をしれりますが、基本は全身全霊で前向きな性格です。我慢していれば、痴漢もすぐに飽きて去ってくれる、もしくは彼氏が気づいてくれるはずだと信じています。利用路線は「厨王線」。成績は優秀、運動は中の下の優等生です。彼氏は成績は中の下、運動は下、性格は優柔不断ですが、「筒井未架」は優しい性格だからだと思っています。そんな二人の登校を見守りながら痴漢を行います。車外連れ出しはチームごとに特色が出ます。集団プレイを主とするチームもありますので、お試しいただければと思います。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

このページのトップヘ