ベルゼブブのBlog

d_112988pr
「真・痴漢の極み」情報です。先日、DMMさんにて予告が開始されました。本日は、お問い合わせいただきました、PT攻略についてご紹介したいと思います。「真・痴漢の極み」では、Hプレイは基本プレイヤー×ヒロインのONE on ONEとなります。プレイヤーが、最初に属するチームのフォロワーは全てロム専になります。ただし、ゲーム進行の選択肢次第では別チームに所属することになり、それらのチームでは複数の痴漢プレイという選択肢も発生する形式となります。そのため、初回から集団プレイということはございませんので、ご安心いただければと思います。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

blogimg

「真・痴漢の極み」情報です。本日はヒロインドットのご紹介です。本作では通常のゲームよりもキャラチップを大きめに製作し、シミュレーション部分でも、より多くの臨場感を出せればと設計しております。また本作の痴漢はソロではなく、PTで攻略する痴漢になるため、フォロワーと呼ばれる仲間ユニットを存在します。それらを巧みに駆使し、ターゲットの逃亡や偽善者の妨害を行う、新たな痴漢ワールドをお楽しみいただければと思います。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

blogimg
「真・痴漢の極み」情報です。本日もヒロインのご紹介です。左のOLは、前作「痴漢の極み」で涙を飲んでお蔵入りとなった、緑こと灰原成実です。JKはすでに卒業しており、米国最大手保険会社の極東調査員となり、キートン先生みたいな生活を送っています。今回も「自宅警備員」と同じ要注意ヒロインとなります。「スポットライト☆シンデレラ」も動かしながらなので、配信は9月頃になるかと思います。宜しくお願い致します。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

blogimg
「真・痴漢の極み」情報です。本日もヒロインのご紹介です。右の制服のJKは、痴漢はATMとしか思っていない危険なギャルです。彼女の初期状態は「虎視」。虎視眈々の「虎視」です。ちょっとでも甘いタッチをしようものなら、即座に捕縛されてしまいます。逃亡成功率も低いですが、示談金には応じる用意がありますので、下手な言い訳や、土下座などせずに示談金を支払えば解放されます。その後、怖いお兄さんに囲まれて、ネチネチと脅迫されたり、消費者金融へ行かされることもありません。ご質問いただきました、「怯え」の更に進んだ状態ですが、散々車内で弄べるようになると、車外へ連れ出せるようになる予定です。その状態では、ターゲットもメロメロヌレヌレ状態ですので、存分に満員電車内では出来ないプレイをご用意出来ればと思っております。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。


blogimg
「真・痴漢の極み」情報です。そんな訳でコッソリ始まりました、「真・痴漢の極み」製作です。本日はキャラクターのイメージラフが出てきましたので、そちらのご紹介です。左の制服の娘は、幼馴染の彼氏と通学中のJKです。彼氏とは最近付き合いだして、先日キスをしたばかりだそうです。「真・痴漢の極み」では、ヒロイン毎に初期感情状態が「威嚇」「我慢」「諦め」などとと異なります。こちらのJKの初期状態は、幼馴染の彼氏がいるのもあって、「我慢」状態となっております。平均値である「我慢」状態のヒロインは、軽いボディタッチくらいは、文字通り「我慢」するので、その辺を中心に責めていってもらえればと思います。感情状態は、痴漢の度合いによって、「諦め」「怯え」などに変化し、やりたい放題度が上がります。お楽しみいただければ幸いでございます。
また、ご要望いただきました、旧・痴漢の極みの回想解放データですが、こちらもご用意を準備を予定しております。準備が整いましたら、発表いたします。宜しくお願い致します。

それでは、また次回もお付き合いくださいませ。

000_真極サンプル
「痴漢の醍醐味は、獲物が逃げられないことである」ある変態紳士の言葉です。「スポットライト☆シンデレラ」の追加シーン製作の待ち時間に、次回作の準備や実験をしています。次回作、いつくつか候補があるのですが、2年前に配信された「痴漢の極み」。本体とパッチで、システム内容が異なるという、苦悩と迷走の中で、一区切りを終えた作品でした。もっと痴漢の魅力を、ゲームとして掘り下げれたのではないかと、2年間考え続けておりました。そして、もう一度、痴漢の原点に立ち返り、痴漢とは何なのか、痴漢の興奮ポイントはどこか、触るというリビドーに囚われ見失っていた、追い詰めるというアプローチを探求し直し、新しい痴漢ゲームを考えてみたいと思っています。宜しければお付き合い願えれば幸いでございます。

春の日差しが、初夏の熱を帯びて参りました。女性の厚着が熱で溶かされ、痴漢欲求の倍増の季節になってまいります。皆様も健康と悪魔の囁きには十分お気をつけください。

このページのトップヘ