盛りづいた兎に救いを


だらしなく愛液を垂れ流しながら、疼きを沈めてくれる殿方を誘おうと必死で懇願してきます。