将門つかさ先生の新作が販売されました。


犯された妊婦アリシア

-作品内容紹介から-

辺境の村で評判の村娘だったアリシアは幼なじみと結婚し、
幸せの中で妊娠して初めての出産を控えていた。
そんなアリシアを見た一人の男が、欲望むき出しで美しい妊婦に襲い掛かる。
アリシアを気絶させた男は夫婦のベッドにボテ腹の体を縛りつけ、思う存分に犯していく。
それまで夫しか知らなかったアリシアの豊かな乳房が、
大きな乳輪が、濃い腋毛と陰毛が、熱い締りの膣穴が、
暴漢によって汚されていく…。

CG+ノベルの凌辱劇です。
CGは基本CG10枚、差分25枚の計35枚。
ほとんどが凌辱される場面のCGになっています。
スカトロ描写もあり。

ノベルは犯す側の男からの視点のものと、犯される側の妊婦の視点による2種類を収録。
簡単な選択肢もあります。
スカトロ描写は選択肢によって回避することもできます。