普通の女の子「美穂」は新体操部の部員である。 ある日、調教師に捕われて、マゾ奴隷としての、教育を進められてしまう。 次第に美穂はマゾ奴隷に憧れを抱くようになっていく・・
同人成人向け 成人向けデジタルコミックHTML(+画像)
価格(税込み):840円

「私をマゾとよんで」
これは、東京三世社から2004年9月に、
「私をマゾと呼んで」として発売された単行本です。
鬼薔薇名義にて販売されました。

モノクロ160ページ

普通の女の子「美穂」は新体操部の部員である。
ある日、調教師に捕われてしまう。
気が付くと裸にされ、オナニーをさせられてしまう。
そして浣腸されたまま衆人環視の中、排泄させられる。

美穂は調教師の女にマゾ奴隷としての教育を進められ、
クリトリスの包皮を剥いたままでレオタードを着けさせられ、
新体操の部活に出されたり、
あるいは体操服、ブルマーの下に縄がけされた姿で、
体育の授業に出されたりするのであった。
知り合いの子のたかし君の手伝いもあり、
次第に美穂はマゾ奴隷に憧れを抱いていく。

しかし、その一方で美穂の母親や美穂の新体操部の先輩達も、
調教師の拷問のような苛酷な調教でマゾ奴隷にされていた。
誰かが彼女達をマゾ奴隷にする事を調教師達に依頼したのだった。

新体操の大会の日、皆の見ている前で、
マゾ奴隷達は自分が変態である事を告白する・・

・衆人環視の中、浣腸されて排泄。
・衆人環視の中、全裸で新体操、ラバーペイントをして新体操。