MoonRevenge(未由間すばる 真木みゅお 弓十刃)のBlog

このブログはサークル「MoonRevenge」の成年向けブログです。 新作の告知、気になった作品の紹介、同人誌関係の告知等を行っています。 ペンネームは未由間すばる(みゅま すばる Myuma Subaru)、真木みゅお、弓十刃(ゆみと やいば)、鬼薔薇(おにばら)で制作しています。 十五歳の女子高生のマゾ奴隷、斎藤麻紀ちゃんの「マゾ奴隷麻紀」が主なシリーズとして続けています。

ゆらぎさん

[新作]ゆらぎさんとかおるくん

少女「ゆらぎさん」とマゾ少年「かおるくん」の学校での一日 絵物語 CG16枚
同人成人向け 成人向けイラスト(CG)+ノベルHTML(+画像)
価格(税込み):840円


作品内容紹介

「ゆらぎさんとかおるくん」
絵物語
CG16枚

ボクの名前はかおると言います。
マゾの少年です。
ボクはおとなしかったので、以前いた学校では、よくからかわれていました。
ある日、ゆらぎさんが転校してきました。
ゆらぎさんはボクにやさしく接してくれました。
「かおるくんの望みを叶えてあげる」 
そういって、ボクの心の中の望みを叶えてくれました。
そして、今、ボクはゆらぎさんと一緒に暮らしています。
学校にも通学しています。女子校です。
ボクは女の子としてゆらぎさんと通学しています。
今日はボクとゆらぎさんの1日を告白させてもらいます。

1.ゆらぎさんとかおるくん
2.着替え
3.レオタードでの授業
4.レオタードでの授業2
5.レオタードでの授業3
6.おしりたたき
7.ゆらぎさんのあそこ
8.オナニー
9.乳首舐め
10.アナル舐め
11.顔面騎乗
12.裸で校内散歩
13.裸で校内散歩2
14.裸で校内散歩3
15.ゆらぎさんとお風呂
16.登校

ゆらぎさんとかおるくん

yuragi01

制作中のDL作品です。
ゆらぎさんとかおるくんの日常生活を描いたものです。

[新作]エロティックな ゆらぎさん-牝になる少年-

エロティックな ゆらぎさん-牝になる少年-

バージョンアップしました。2012/09/09
絵物語
CG元絵17枚
総数46枚

 少年サトシは不思議な少女ゆらぎさんに出会い、
心の奥の願望を実現してしまう。
「あなたの望みをかなえてあげる」
サトシの望みは、
「いやらしい体になって、
いやらしい快楽を一生味わいたい」
「エロティックな女の体になって、
軽蔑され、嘲笑されながら、
男や女に犯されたい」
「恥ずかしい姿になって、
裸を晒して辱められたい」だった。

 サトシはゆらぎさんの調教で、
女体化していく。
乳房の巨乳化、男性器の矮小化。
乳首にはニップルストレッチャー、
小さくなった男性器にはクリトリスストレッチャーを装着し、
そのいやらしい姿をクラスメイトに晒し犯されるのだった。
同人成人向け 成人向けイラスト(CG)+ノベルHTML(+画像)
価格(税込み):840円

[新作]-インモラルなゆらぎさん-ボクは肉マネキン

少年の望みは肉マネキンになる事だった。 剃髪され剃毛された少年は、人としての気位、尊厳も剃り落とされたように、 自分の内に秘めた性欲だけの存在になっていく
同人成人向け 成人向けイラスト(CG)+ノベルHTML(+画像)
価格(税込み):840円

-インモラルなゆらぎさん-ボクは肉マネキン

DLsite.comにて販売予定の作品です。

デジぱれ様でも販売中です。


14

女子生徒A「どう?このかつら、
       マネキンに似合う?」
女子生徒B「こいつには上等よ」

 今日は学校のプールに、
出される事に決まりました。
普段、ボクは教室の清掃器具入れの中に、
収納されています。
ホームルームで元クラスメイト達が、
ボクの使用方法を決めるんです。
決められた事には逆らいません。
ボクは肉のマネキンですから・・

 プールに出すにあたって、
カツラと水着を着けさせてもらえる事に、
なりました。
ボクは教室で女子生徒達に囲まれて、
着せ替え人形のように弄ばれました。
着せられる競泳水着は女の子用でした。
男性器のあるボクにその水着を着せて、
女子達は笑いました。
また、男性器をおもちゃに、
されて遊ばれました。
嘲笑され、バカにされました。
そんなみじめな自分にボクは興奮して、
更に勃起して、
女子達に大爆笑されました。
恥ずかしくて屈辱ですが、
マネキンのボクは抵抗できません。
されるがままです・・


-インモラルなゆらぎさん-ボクは肉マネキン

DLsite.comにて販売予定の作品です。

デジぱれ様でも販売中です。


13


女子生徒1「ほらっ!!
       変態マゾ!!」

ビシィィィーーン!!

ボク「んんんっんっーっ!!」

女子生徒2「こんなのと、
    クラスメイトだったなんて、
    気持ち悪ー」

ビチィィィーーン!!

ボク「んぎゃぁ!!ごめんなさーい!!」

女子生徒3「気持ち悪いんだよ、
      変態っ!!
      マゾの肉マネキン!!」

バチィィィーーン!!

ボク「ひぃぃぃ!!お許しをーっ!!」


 ボクは女子生徒達に、
廊下に連れ出され、
吊るされました。
ゴムベルトがケツマ○コに食い込み、
睾丸を押しつぶしました。
乳首には洗濯バサミをつけられて、
重りを吊るされました。
そして容赦なく鞭打たれました。
鞭打たれるたびにツルツルした肌に、
鞭が食い込み、
灼熱の痛みが走りました。
重りのついた洗濯バサミが揺れて、
乳首にも激痛が走りました。
たまらず許しを請うと、
更に鞭で叩かれました。

 身もだえして、
嬌声を上げるボクは、
彼らにとって、
よりいじめたくなる存在のようです。
ボクに罵声を浴びせては、
鞭を打ち込みました。
当然人間扱いもしてくれません。
このまま殺してもいいとさえ、
思っているようでした。
睾丸に、性器に、ケツマ○コに、
乳首に鞭を打ち込まれ、
ボクは何度も気絶しました。
そのたびに起こされ、
責められ続けました。
気が遠くなり、反応できなくなると、
ようやく彼らは責めるのをやめ、
ボクを放置して帰って行きました。
鞭打たれながらも、
性器から精液出しているボクを、
鉄柱に吊るしたまま・・

-インモラルなゆらぎさん-ボクは肉マネキン

DLsite.comにて販売予定の作品です。

デジぱれ様でも販売中です。


06

ジョリ、ジョリ

 自分の肌に剃刀が当てられて、
剃られていくのが分かりました。
初めての感触でした。

 ゆらぎさんはボクの髪の毛を切った後、
体全体を洗ってくれました。
その時、ゆらぎさんの裸を見ました。
どこもツルツルしていて綺麗でした。
見とれてしまいました。
また、乳首とクリトリスにつけている、
ピアス兼ストレッチャーが、
エロチックに感じられました。
ゆらぎさんは、
その体に見とれながら、
勃起しているボクの体を泡で覆いました。
そして、剃刀をあてました。
すーっと引いていくと泡が消え、
肌が見えました。
その肌にゆらぎさんの指が触れると、
吸い付くように密着して、
感じてしまいました。
剃られることで、
より感じやすくなったようです。

 体中を剃られると、
次は剃髪でした。
頭をお湯で湿らせ、クリームを塗り、
蒸しタオルで覆いました。
しばらくするとボクの体を、
床に下ろしました。
ボクの肌が床に密着しました。
思わず声を上げてしまうほど、
感じてしまいました。
ゆらぎさんはボクの背中に、
馬乗りになりました。
ゆらぎさんのおしりの肌が、
ボクに密着しました。
体毛のない肌同士なので、
吸盤のように触れ合い、
ゆらぎさんの微妙な振動でさえ、
はっきりと伝わってきます。
性器を重ね合わせているようで、
快感でした。

 蒸しタオルを取り、
あらためてクリームを塗り、
頭の毛を剃られました。
ジョリジョリとした感触が、
剃髪されていると実感させてくれました。
剃髪された部分を、
ゆらぎさんの指先が撫でました。
自分の性器を撫でられているような、
快感がありました。
気持ちいいです・・ああ・・

-インモラルなゆらぎさん-ボクは肉マネキン

DLsite.comにて販売予定の作品です。

デジぱれ様でも販売中です。


05
ボク「あぁっ、だめ」
ゆらぎさん「うふふ、
      これがのぞみでしょう」

ジョギ、ジョギ

 ゆらぎさんは、
ボクの髪の毛を切り始めました。
髪の毛まで切られるとは、
思っていなかったので、
抵抗しましたが、
ゆらぎさんは遠慮なく、
切っていきました。
陰毛と違い、
通常、さらけ出しているところです。
また、自分の個性を、
見せているところでもあるんです。
切られるのには抵抗がありました。
たとえ妄想の中では剃髪していても、
実際にされるのは・・・

 しかし、ゆらぎさんは、
ボクの髪を切っていきました。
しばらくして、抵抗するのをやめました。
足元に落ちていく髪の毛を見て、
当分、外に出られないなとか、
親にどんな言い訳をしようとか、
ぼんやりと考えていました。
でも、足元を見ているうちに、
ツルツルの陰茎も視界に入ってきました。
陰茎はパンパンに膨らみ、
先からは透明な液体が溢れ、
ヌルヌルと光り、
ピクピクと動いていました。
ボクの体は無理やり髪の毛を、
切られていることに興奮していたのです・・
自分は変態だと思いました。

 いつの間にかゆらぎさんは、
水着を脱いでいました。
ボクの髪の毛を切る為に、
体をくっつけているゆらぎさん。
乳房も性器もツルツルしていました。
彼女のツルツルした肌を、
自分の肌で感じました。
ボクの憧れの肌・・・

自分もこういう肌になれたらと思いました。


作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog